2015年02月

2015年02月26日

Pool Side

毎日更新するはずが滞ってしまった。

引き続きThe Culfansの2nd Demo「Bye Bye Hero」の解説でも。

2曲目は、ベースのぐわしおり作のプールサイド。これも結構前からやってる曲だなぁ。

確か初めて合わせたのは池袋のペンタだったなー。そんな気が。

土橋が抜けるって言い出した頃にAメロのドラムを変えたな。

僕はこの曲の想いとか知らないけど、まぁいい曲じゃないか?

ドラムはバイバイジプシーと同セット。ブレイクが割とある曲だから、キレキレな感じが気持ちいい。

ギターは粟原から借りたVOXのヘッドアンプをクランチで作ってレスポールで鳴らしてます。マイクは57とコンデンサーを立ててエアー感を重視。気持ちいい。

サビのオクターブのギターはストラトで、ドライブ気味にVOXで作ってます。このチープなシャリシャリ感がいいっすよね。

ベースはライン。

今回ベースの音に特に指示は出さず。しおりに考えがあんだろって意味でね。

たくさん聞いてね。

nyanzaburo at 13:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月24日

Thank You SHIMOKITA Boys&Girls!!!!!

この前の下北沢屋根裏でのThe Culfansと屋根裏共同企画、SHIMOKITA CULTURE SHOCK!!にお集まりいただいたみなさん、どうもありがとう。

どんな夜だったかはさっぱり忘れたけど、それなりの二日酔いだったから、多分楽しかったんだろう。

そうそう、結局CDがギリギリで間に合ってさ、関係各位(主にアワハラとオサムさん)には多大な迷惑をかけたました。本当にすみません。

買ってくれた方は聴いてくれたのかな?

細々と曲解説でも。

今回もいつもお世話になってるスタジオテレコムでレコーディングしたんだけども、劇的に変わったのはドラムの録り音。

コンデンサーマイクとバスドラ用のタマゴマイクを導入して、飛躍的に良くなりました。じゃあ今までは何でバスドラ録ってたんだ?って話になるんだけど、これは恥ずかしすぎてヤバイので、割愛します。

1曲目は「バイバイジプシー」
この曲は大学4年の時にバイト先にギター持っていって、その休憩中に作った曲。なんかリフが今までに無い感じだったんだよね。

テーマはロマニーがゴールジュに出会ってしまったお話。「ロマニー ゴールジュ」で検索すると某アニメが出てくるから、「あぁ確かに志田ってそんなん好きそうだな」って思うはず。まぁ曲自体はジプシーのお話。

話を戻します。

ドラムはマイクだけではなく機材も劇的に変わって、特に左のクラッシュもパイステオールドのシグネイチャーを使ってます。耳に痛くない綺麗なハイがとってもいいです。
スネアはキンちゃん持ち込みのYAMAHAの深胴。これはよくわかんない笑

ベースはリッケンバッカー4003。いつもと同じ音。特に何も加工せず、フラットで出してます。

ギターはレスポールをJCM900にアン直でドライブ気味に。間奏のオクターブはアワハラのストラトを借りて最後まで。

なるべくエフェクターは使わずに。

ストレート且つタイトに。
間奏の3/12になるとこのドラムが気持ちいいよね。レコーディング前にキンちゃんに「なんかこう…アヒトみたいなさぁ…キースムーンというか…」って頼んだ代物です。

キンちゃんフィルターを通すとあぁなりました。満足なフィル。

だからバンドは面白い。

続く…

(打ち上げ後のゴンベェズのたけるとキンちゃん)
2015-02-23-05-47-00


〜Next The Culfans Live!!〜
3/7(土)
渋谷Star Lounge

〜The Culfans 2nd Demo〜
「Bye Bye Hero」
1.バイバイジプシー
2.プールサイド
3.アパラチア
300円

nyanzaburo at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

さよならの代わりに

2月共同企画フライヤーその2

とうとう明日だ。

わくわくする。

その倍くらいドキドキする。

そんでもってやることは死ぬほどある。

ぶるぶるする。

ふわふわする。

明日もし会えるのなら、さよならを言わない代わりに乾杯をしよう。

そして夜を泳ごう。

よろしくね。

ケンヂシダ

2/22(日)
The Culfans×下北沢屋根裏共同企画
「SHIMOKITA CULTURE SHOCK!!」
The Culfans
ザ・ビンビンズ
SEVENDAYS WEEKEND
青き初期衝動
ななしのゴンベェズ
晴れてるのに傘
18:00/18:30
1,800YEN/2,000YEN

送付用簡易アーティスト写真

nyanzaburo at 04:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月19日

毎晩の粗相

ビールを美味しく飲める環境があれば、きっと平和になるんだろうな。

言うなれば安心して酒を飲める環境。

いつどこで撃たれるかわからん状況で、酒なんか飲めるはずもない。

仕事終わった瞬間からスイッチを切るんだけども、内戦地にいる人たちってのはいつ休息をするのか。睡眠って意味じゃないよ。

そんなことを考えつつ、埼京線に揺られることにするよ。

Good bye my love.Hello new world.Because i love you.


nyanzaburo at 21:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月17日

SHIMOKITA CULTURE SHOCK!!

2015-02-12-15-58-24

刻一刻と迫っているわけで。

ふむ。

ドキドキするねぇ。

nyanzaburo at 23:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月16日

某スタジオにて

もう一昨日か。

レコーディングしてました。

The Culfansで。

The Culfansの前回のレコーディングはいつだったか…

2012年の8月な気がする。

で言うと、3年ぶり。

ドラムも変わったし。

ここらでなんかやらないとね。

2015-02-14-18-08-03


ちょっとした事件が3件くらいあって、ヒヤヒヤしたけども無事にオケは録りが終わった。

あとは少しのコーラスとボーカルの録り直しくらい。

The Culfans、やったります。

2/22(日)
下北沢屋根裏
The Culfans×屋根裏 PRESENTS 【SHIMOKITA CULTURE SHOCK!!】
The Culfans
ザ・ビンビンズ
SEVENDAYS WEEKEND
青き初期衝動
ななしのゴンベェズ
晴れてるのに傘
18:00/18:30
1,800YEN/2,000YEN

The Culfansがお届けするパーティですよ。皆様来たれよ。

この日にいい音源発売するからさ。

2015-02-14-23-41-23



nyanzaburo at 01:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月12日

少しの旅路に火は要らぬ

そういうことなのさ。



nyanzaburo at 13:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月07日

ここ最近のアルコールの流れ-8

2015-01-31-20-13-59

下北沢屋根裏でThe Culfansの出番後にThe quilt見ながら飲み

2015-01-31-22-10-07

同様に、下北沢屋根裏でThe Culfansの出番後にカロランズ見ながら飲み

2015-02-01-21-46-20

仕事帰りに安定の立ち飲み屋でソロ飲み

2015-02-04-22-08-42

職場出た瞬間コンビニに駆け込み飲み

2015-02-05-23-13-12

居酒屋にて久々に人と飲み



nyanzaburo at 18:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月06日

バイバイジプシーNo,2

ダルい、寒い、眠い

今宵も三拍子揃ったケンヂシダのお出ましですよ。

こんばんわ諸君。

雪が降りしきる最中、僕は埼京線に揺られておる。

雪は積もらない方がいい。

最近YouTubeで動画ばかり見てる。そして寝てる。

なんて便利な世の中なんだろう。

でもドラマチックじゃないよね。

餅を食べたい。

ふむ。うむ。

あー、それと。

やっぱり今までどこつかず、瘋癲なご身分のはずれ者でございました自分、やはり世間様とのズレに痛恨の極み。

いやはや、なるほど貴殿はそう出るか。

なになに、それは荷物が重くなるから捨てちまえってんだ。

なんだと、いつかきっと役に立つ?今重たいんじゃ疲れちまう。使えないものは捨てるに限る。それか土の中に埋めて花が咲くのを待てば良い。

基地外地味た女が泣き叫ぶ。

「春はまだか?春はまだか?」

女が泣き叫ぶ。

俺はそれを見てる。タバコに火を付けて他人事だと割り切って見てる。

それが俺に降りかかることもないだろうと思いながら見てる。

だって俺と女は他人なのだから。

帰りしなに俺は女を見ながら胸糞が悪いと決まって思うのだろう。

酔い覚めにはいいかもしれぬが、いかんせんまだ酔っていたい。

そのまま何食わぬ顔で朝を迎えるのだろう。

きっと他人事だと思う。

人生は終わる。だがしかし、人生は続く。

難儀だ。大いに難儀だ。

どっかの偉い人が言っていた。

幸せの定義とは。

幸せとは。

そんなもの個人の裁量だ。

僕らはきっと幸せにはなれない。

nyanzaburo at 23:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)