霊獣を使い始めてそろそろ構築が決まってきたので晒そうと思います。
banner ことり

↓デッキレシピはこちら↓

聖獣(和睦搭載型)
※ADS否定派ですが、試験的にデッキレシピの画像の際にADSの画像を使用させていただいています。


<<解説>>

霊獣を使うにあたって、一番の負ける原因は手札事故にありました。

霊獣使いは1枚で墓地・除外・手札を使用し、展開を補佐する能力を持っていますが、この霊獣使いが手札にかぶることが非常に多いのです。

この辺はコンボデッキならではの特徴であると考えていますが、霊獣では、この状態になった場合、身動きがまったく取れないという点が辛い点でした。

というわけで、手札事故への対策としていくつか考えたことを書いていきます。

1・霊獣使いの枚数を考える。

長老・レラ・ウェンの3枚で、初手での重要さを表すと、長老>レラ=ウェンと言う順番になります。

長老+霊獣 のパターンが初手2枚のみで展開ができ、デッキが回転した場合でも、状況によっては手札を使用してNSする(ssでないところが大事)長老の効果を利用したい場合も多いです。

レラ、ウェンは、初手では事故要因であり、墓地リソース、除外リソースが増えている場合でない限り使えません。

初手では黄金櫃、おろ埋を含めた3枚消費になり、中盤にかけては、手札またはデッキに1枚、除外に1枚あれは十分まわるので、手札事故の回避という面では採用枚数はおさえることになります。

結果、長老:レラ:ウェン=3:2:2というバランスで落ち着きました。

今後のカードの内容次第では構築枚数が変わる可能性はありますが、現状こんな感じです。

まわしてみても、そこまで苦に思うことはありませんでした。

2・霊獣の枚数を考える

霊獣の初手での優先度はカンナホーク>アペライオ≧パトルフィンだと考えてますが、リソースが増えるごとに優先度はカンナ<アペラと近づいていきます。

連契で対処できず、打点でしか対応できない場合にはアペライオの効果をどう有効に使うかがカギになります。

また、序盤で無理にでも獣騎カンナへ持ち込む必要がある場面が予想以上に多く(というか、事故状態の脱却にはこの方法しかない場合が非常に多い。)墓地⇒除外のリソースを増やすために必要になるためです。

そのため、カンナ:アペラ:ペトル=3:3:2の枚数選択になりました。

3・そのほかのカードの枚数

・テンペスト

テンペストは入れない理由がありません。

これがあると無いではキル力がまったく違いますし、リソースがない場合からでも大量展開が可能になるためです。

・デブリドラゴン

テンペストとコンビで入っているような状態ですが、正直抜く可能性が高いです。

トリシューラルートがあるので入っていますが、決まる可能性は少ないですし、デブリ1枚からではCドラゴン程度しか使えないので、現状一番いらない子です。

それでも採用してしまうのはトリシュが強いからってのでもあるんですが・・・。

・増殖するG

相手の展開と手札を増強させるために採用した1枚です。

手札が増えることで事故が減るのはもう説明の必要もないですし、ミラーにも強いです。

ネクロスでは、逆に先行トリシュマンを許すハメになる可能性もあるので一長一短ですが。

4・魔法について考える

大嵐、愚かな埋葬、黄金櫃、死者蘇生、などは考えなしに突っ込んでいます。

ソウルチャージも入れていましたが、ssであることや、そこまで使う機会がなかったので採用を見送りました。

蘇生を投入するなら・・・・と考えましたが、バトルまで行けることも蘇生の利点ですので、現状こんな感じです。

またこの辺は変わるかもしれません。

・サイクロン2枚

奈落や強制脱出装置にはめっぽう強いけど、素材をssした時に激流を打たれるとめっぽう弱いのが霊獣です。

しかし、最近のデッキは罠の採用が減っている場合が多いため、この枚数になりました。

この辺も環境で変わると思います。

・緊急テレポート3枚

レラなどの枚数を減らしたので、デッキからssできる上に回数制限がないのは優秀です。

これがかぶると弱いんじゃ?と思われそうですが、それをカバーするのが後述の魔法になります。

・霊獣の相絆2枚

基本アド損カードなので使用は控えていましたが、事故回避に役立った一枚でもあります。

召喚条件を無視してssできるため、霊獣使い×2でも獣騎霊獣がssできるためです。

例えば、長老、緊急テレポート、相絆、と言う手札でも、

長老NS、緊急テレポでレラss、相絆発動で獣騎カンナss。獣騎カンナで霊獣サーチ。

まで行けます。

カンナホークを手札に早く入れたい場合に使いますが、実際、相絆がないと、ここまでたどり着くことすらできずにボコされるので、動きとしてはマシになっている程度です。

上記の手札に愚かな埋葬があると、また展開が変わります。

長老Ns、埋葬でカンナ墓地へ。緊急テレポでウェンss、相絆発動で獣騎カンナss。

獣騎カンナのサーチでレラサーチ。長老の効果が残っているのでレラNs、霊獣カンナss。

霊獣カンナ効果、アペライオ除外。レラとカンナで獣騎カンナss。

獣騎カンナのサーチ効果、さらにチェーンしてアペラと長老をss。1枚サーチ。除外⇒墓地に1枚。

アペラ効果で墓地のカード除外。

アペラ、レラで獣騎ペトルss。

場に獣騎ペトル、獣騎カンナ。サーチ未使用1枚。除外に1ペア+1体.実質消費は3枚になります。

相絆がないと完全な事故ハンドですが、そこからでも動けるようになるのが相絆のいいところだと思います。

もちろんバトルフェイズに使用で連撃を叩きこめるのもいいことで、キル力に貢献しています。

5・罠について

・霊獣の連契3枚

対象を取らない破壊は強い。2枚でもよかったのですが、割られることが多いことと、サーチ先がなくなることがあった(なお、現在は相絆のおかげで解消した模様。)ので3枚。

2~3枚でいいと思うし、モンスターしか破壊できないのは非常に辛い。

罠、魔法も破壊できたら逆に強すぎるのだけども。

・激流葬

激流葬の相性は非常にいいです。獣騎ペトル意外でも、召喚時に、C1獣騎効果でコストとしてエクストラに、C2で激流葬を使うことで相手のみモンスターを流すことができます。

ただ、デッキの内容的に破壊耐性持ちに弱いので、べエルゼとかで詰みかける。

ミドラーシュにも弱いので、強制脱出装置も入れておいてよいと思う。

対象に取れない牙王などは連契でなんとかなるし、一応ペトルフィンで破壊耐性持ちはなんとかなるので大丈夫といえば大丈夫だが・・・。

・和睦の使者

意外に霊獣と相性の良かったカードです。

霊獣は手札にレラ、ウェンなどがいて、リソースが整っている場合or長老と霊獣を手札に握っている場合、等以外では、0からの展開は非常に困難です。

獣騎ペトルの場持ちが良いとはいえ、戦闘破壊は難しくなく、なんやかんだで場を空にされることも少なくありません。

素材をssして回避した場合も、残すと厄介な霊獣を先に処理されることも多く、結果として、次のターンに展開しにくくなることも多いです。

そのため、ペトルの場持ちの強化と素材のみになった場合の霊獣たちを次のターンまで残す方法を考え、和睦を投入しました。

これが意外にマッチし、和睦+獣騎ペトルの突破が非常に困難になり、また、ペトルを処理するために使ったバウンスや除外をよけて素材がssされ、戦闘破壊しようとしたら和睦で防がれる、と言った動きも可能になりました。

先にも書いたように、前のターンに霊獣が場に残っていることで効果の発動回数を増やし、次のターンに強力な動きを発揮するので、これがあることで安定して次のターンに大量展開に持って行けたことが多くありました。

アペライオを残し、効果を使い、Ns、ss時に効果を使うことで、アペライオの効果×3で獣騎カンナが29打点になり、ウェンで3000ラインになります。

大体打点で困ったときや、キルに持って行けるときはアペライオでこのように突破したりします。

和睦は1キル防止にもなるので腐ることはほとんどなかった印象です。

悔しいのは、ネクロスに対してはトリシュマンを使わせる可能性があるということでしょうか。

どのデッキでもそうですが、フリーチェーンを一回でも使ったり、罠魔法を破壊され墓地に残っていることでトリシュマンの除外効果の発動を許す可能性があります。

この辺はメタで乗り切るしかないのでしょうが、難しいところです。

また、和睦で相手を残すようなら、罠で相手を減らすことを考えたほうが良いのではないか、という考えもあると思います。

和睦では基本自分―1、相手損害0になるので、汎用罠を入れたほうがいいという考えはもっともだと思います。

初手、ウェン・霊獣などの展開にひと手間かかる状況をできる札にするという意味合いと、場に残した後のアド稼ぎに重視した形としています。

6・不採用になったカードの理由など

・サモンプリースト

ヴェーラーに極端に弱いと言うところで採用を見送っていたカードです。

カンナホークを場に出すことでリソースの確保をし、サモプリとXYZしてチェインをss、効果でテンペストを落としてテンペストを絡めた動きを序盤から行うことができます。

テンペストを握っているだけで、除外リソースの確保が簡単になり、獣騎カンナホークの効果をより使いやすくできます。

採用に踏み切らなかったのは、このデッキがそこまで魔法が多くないことでしょうか。どのカードもそれ以上に使用したい場面が多いカードで、コストで捨てる必要があるかというと・・・と言う印象も受けました。黄金櫃や愚かな埋葬などはそれ以上に使う場面も多いですし。

・強欲で謙虚な壺

事故回避でつっこんでみたけども、ss不可が非常に厳しく、また初手でデッキバレすることも多かったため、不利になることが多いからです。

メタが分かり易いデッキなので、デッキバレすると途端に厳しくなります。

こちらが回転している最中に引くと非常に邪魔で、そのへんも不採用の原因だったりします。

・マクロコスモス

大会入賞者はこれをメインから3枚採用していましたが、中堅大目の近所の環境にはマッチしていないこともあり、不採用です。

マクロコスモスと霊獣の相性は悪くないのですが、ミラーに弱いことや、妖仙獣にまったく刺さらず、-1以上の状態で戦うには厳しい状態でした。

ネクロスが蔓延している環境ならメイン採用も考えられますが、なぜか相手がいつも大嵐、サイクを持っているため、大抵割られる+その後トリシュマン、とやってくることが多いんですよね。

とはいえ、ネクロスメタとしては十分に採用できるカードだと思うので悪くはないと思います。

シャドールとも相性は悪くないのでサイドには入っている状況です。

・簡易融合+ノーデン

なんでこれが入っていないの?ネタなの?

ノーデンが1枚しか持っていない上に、管理方法が悪くて紛失した。

本当に勘弁してほしい・・・・。どこかに積んである「よく使うEXモンスター達」に混ざっているだけだと思うのだけど・・。

しかし、採用するなら2枚は採用したいですね。ノーデン+蘇生の動きは強いですし、大量展開ができないと結局キルまで持って行けないので。

ただ、明らかに今後規制されるだろうカードをこれ以上買うのは嫌なんですよねぇ・・・。

まだまだ高レート維持しているし。

あっさり規制されそうで。(トライブを8箱買ったアホの言う事ではないと思うが。)

見つかり次第再検討といったところです。

プロキシで使用した感じでは明らかに強かったので採用すると思いますけどね。


・・・、というわけで、現在の構築はこんな感じですね。

霊獣は色々な人のデッキを見ると本当、構築が様々で面白いです。

まだまだ構築は変わると思うのですが、現在の自分の記録です。

参考にしてはいけません。

しばらくしたら大会に持ち込もうと思いますが、

・・・なんか来月も全部仕事になりそうなんだよなぁ(遠い目

ではではノシ