頼むから、カービィ ディスカバリーだけはこの路線にならないでくれよと思うnyasiiです。
立体的な一本道、2.5D的な要素がPVの時点でそっくりなのが恐怖(´・ω・`)

 というわけで今回は、2021年の最大クソゲーと言われているバラン ワンダーワールドについての感想です。
2021年はクソゲーが少ない年だなといいつつ、結構な数がフルプライスで出ていて驚きですね。
安価なDLゲーのほうがクソだからあまり目立たなかったけれど、
牧場5、ルンファク5、アベンジャーズは去年か、これとバラン、
商法的には、
アイマス、鬼滅、ねぷカグラあたりが爆死していましたね(´・ω・`) <テイルズはバンナム的に黒>

 というわけで、バランについて感想を書きますか、
バランは最終的に、一本道の3Dゲーでしたね。
PVだと箱庭っぽい感じでしたが、フューリーやドンキーコング、カービィと同じく2Dに近い感じでした。
一部3Dのギミックはあるものの、道は一本道なので箱庭ではないです。

 独自のギミックとして、AIによって難易度が変わるシステムがあります。
といったもののこれがクソシステムで、
敵を倒せば倒すほど雑魚敵が固くなったり、数が増えるだけというクソシステムでしたね。
結果異様に難易度が高くなるといういらない要素でしたね。
攻略でもとにかく敵と戦わないことが大事になります。

 これと衣装システムがありますが、
まあこれもクソシステムでしたね。
ギミックを解除するの自体も楽しいかといわれるとの、
楽しいところも一周目は多いのですが、バランスタチューの難易度が高くて結局クソ要素感orz
 理由としては、衣装そのものが残機となっており、敵にちょっとでも接触すると消滅し、
再度入手するには、元の場所までいかないといけないからですorz
サルゲッチュとかなら解放アイテムは残るし、カービィですら一時的に残りますが、
このゲームでは速攻で消滅します、特に落下や踏まれたときは全消滅するギミックもあります。
しかも再度開始した際や過剰入手で消えた衣装は、
マップの中間地点が光っている間に長くいるorボタンおしっぱで解放できる衣裳部屋にあります。
この存在もゲーム内で一切言及していないのがクソでしかないですわ(´・ω・`)

  というわけで、ここからが基本編になります。
まずびっくりするのは、このゲーム基本的に1つのボタンとLスティックしか使わないです。
これによって、できることがまあ少ないんですよねorz
(ガイドだとBボタンと出ていますが、どれを押しても同じ)
なのでできることが一つの衣装につき、
攻撃のみ、ジャンプと攻撃、ジャンプと特殊移動、ジャンプと攻撃と特殊移動
のどれか一つしかできないというね(´・ω・`)
これによって、せっかくの衣装システムもなんだか腐っている気がしました。

 あとオプションやゲーム内の決定などですが、
上記の影響により、キャンセルのためのボタンが存在しないですorz
これによってオプションを閉じる際や、衣装選択後に閉じる際は、
キャンセルすることを決定しないといけないですorz

 で、肝心のゲームとしてはどうかって言われますと、
まあSFCとかのドンキーコングやカービィと同じ感じかなって感じです(´・ω・`)
イライラする要素は結構あるものの、(もっと下に書きますね。)
一本道のマップを進んでいき、ラスボスを倒すっていうのは昔からあるシンプルゲーといったところです。
これといって目新しいものも特になく、かといってゲームプレイそのものには悪影響が出ているところもなく、
一周目のステージクリア時は割と楽しめました。
一周目はね・・・orz 下に書くけれど。

 あと良いところとしては、キャラクターデザインが良いです^^
この辺はさすがスクエニだなって感じがします。
3Dモデルも結構しっかりとできており、ディズニー感が凄いですね。
パッケージの2Dイラストはさらに完成度が高く、昔のトゥーンアニメ(今でいうカップヘッド)みたいになっており、完成度が高いです。

 ただswitchの携帯モードでプレイすると、クソグラフィックが目につきますけれどねorz
まさかのPS2以下まで画質が落ちるとか思わなかったわ・・・
さすがにswitchの技術をなめすぎている感じがします、DSレベルなのなんとかならなかったのか。
 ついでにクソグラフィックもそうですが、
音楽のほうも完成度が高いものの、数が少ないですねorz


 さて、ここまであんまり評価がよろしくない書き方をしておりますが、
さらに致命傷なことを書きます。
こればっかりはストレス要素でしかないのでしょうがないです。
とにかくイライラしかプレイヤーに与えないのは許されないと思われます。
実際問題、このゲームを一週間プレイして、二回も風邪をひくのは異常としかいえないです。

 このゲーム最大限のクソ要素
それは

バランスタチューを一定数入手しないと、次のステージに進めない

といったことです。
マリオ64とかドンキーコングとかもこんな感じだったじゃんってなりますが、
まあ、集まらないことこの上ないですわ(´・ω・`)
集まらない原因をいくつか書くと、

1.ゲーム後半にならないと入手できない衣装でしかできないものが、
一面の時点で半分ぐらい存在している、
しかもその衣装が残機扱いなので壊れやすく、最悪攻略中に損失すると再度回収が必須

2.難易度が高すぎるバランチャレンジ
タイミングが最高のみをすべて取ることが必須であり、
判定を行うタイミングがシビアな上に、不規則なラグが存在している(これ)
一回失敗すると終了なのだが、途中でやめる方法が存在しない
再度チャレンジを行うには、失敗するごとにその面の最終ボスを倒さないといけない(特にこれ)

3.さらに混迷を深めるミニゲーム
特に野球はクリア不能と思われる
逆に条件が緩いサッカーは簡単かと思われ、次が風を読むゴルフかな? 
ボーリングも土地のゆがみを受けるため難しめ
これもバランスタチューの条件になっておりクソでしかないですわorz
当然ミニゲームもそのステージを終わらせるまで再チャレンジ不可能(これもクソ)

 だいたいこの三つがほかのゲームでは見かけないクソ要素ですね。
とにかく難易度が高いまではわかるけれど、
やり直しが効かないのはクソでしかないです。

 普通のゲームだったら、そのマップの最終ボスを倒せば、
隠し要素を終わらせていなくても次のステージに進行するのですが、
バランではかなり巧妙に隠されているうえに、そもそも取れないものもある中で、
隠し要素をがっつり集めないと次のステージに進まないため、
テンポが悪いです。
はっきりいえば、イライラしますねこれorz


 次に最大のクソ要素なのは、
シナリオがわからないということです(´・ω・`)
OPの時点で、なぜ冒険をすることになったのかが文字のない数十秒のムービーしかないので何もわからないです。
公式サイトやPVを見ていればわかるのですが、ソフトだけだと一切説明のないまま終わります(´・ω・`)
 これに次いで、ムービー後にロビー(ティムズエリアだと公式サイトのみ)に移動するのですが、
ここで何をすればいいかがさっぱり説明がないです(´・ω・`)
ただでさえ冒頭で説明がないのに、追い打ちされましたorz
最終的にステージに落ちまくった結果、
①と書かれているポイントにリスポーンした瞬間に、扉が出てきてそれに接触することで1面に移動できました。
わかるわけがないですorz

 ステージは一本道なので割愛、これは普通ですね。
まあボス倒しても先に進まないんですがorz
ステージは人の悪夢がモチーフとなっており、ボス前後になるとムービーが流れるので内容がわかります。
こちらはステージ内だけで完結しているのでわかりやすいです。
これを12ステージ分繰り返します。
(1ステージ二面、ただし一面はチュートリアルステージなので短めです。)
(実際は2面のみに近いので1.5面ぐらいです、ラスボスクリア後に3面が解放されますがやりませんorz)

同じ内容でね・・・、悪夢が起こる→ボスを倒す→悪夢が終わる
ワンパターンなのももうちょっとなんとかそのorz
 クリア後のミュージカルも最初は楽しいものの、3パターンぐらいしかないのがねorz
曲が三つしかないと書かれていましたが、動きもそれぐらいです。
最後のほうとか序盤の演出からステージを見えなくしただけやんあるあるですわ(´・ω・`)

 で110個とか死ぬほどバランスタチューを集め終わるとラスボスです。
(1ステージ7個ぐらいだったかな? 7*24+36=210個が最大だが、
 クリア前に取れないものも多く、バランチャレンジやミニゲームは高難易度なため、
実質半分ぐらいしか獲得できないため、105個ぐらいまでが限界かなって思います。
ラスボス110個なので、5回ぐらいはバランチャレンジをクリアしないと無理ですorz)

 ラスボス戦は、まさかの衣装補填がないためほかのステージから持ってくることが必須です。
第二形態で負けると、レンタル衣装を使用して戦うものの全ての衣装を損失して進行不能になるため注意です、負け確になったらゲーム終了安定です。
 おすすめは一番最初に入手できるトルネードウルフ3つです。
集めやすく、ステージ終了も早く、一面のボスで無限に補填されるためおすすめです。
第一形態はとにかくジャンプして、光は反時計回りに回っていれば防げて簡単です。
 第二形態はいろいろと注意がいりますが、不注意で即死する要素があるので注意です。
まじでいらんだろこの要素って思いましたけれどねorz
即死するのは二つでどちらもボスギミックを三つ解除して止めを刺す場面で発生します。
・最後ボスがダウンして弱体を晒しだす場面で、ボスが地面に倒れるまでにちょっとでも触れると即死
・ボスに止めを刺すダウン中、一定時間経過で即死
(止め位置はボスの頭部に存在し、見て左(ボスの右手)側しか登れないので注意、
 特にジャンプを行えない攻撃オンリーの衣装しか手元にないと発生しがち)
いらんだろこの要素・・・てかバグだろさすがに(´・ω・`)

 で、ラスボスを倒すと
いつものダンス後唐突に終わります(´・ω・`)
クリアすると、プレイしたほうの主人公の物語が完結していて終わりです、
もう一人どうするねん、ムービー見るところにあるのかもしれないです。
女主人公(エマ)のほうの物語は、前半描写が弱い上に、最後もあっけないものでしたね(´・ω・`)
ずっと悩んでいた感じでしたが、ここ最近の出来事なんじゃんっていうorz
影での悪口っという文字にするとあれだけど、屋敷のメイドだけやん(´・ω・`)
 あとバランとランスの物語がふわっふわして終わりますねorz
続編ないだろうになんでこんな終わり方にしたん??
(そもそもランスっていう名称が一回も出ない黒いやつ)
(あとラスボス戦で全く加わらなかったバランの謎とかいろいろと)

  結局バランとランスってなんだったんでしょうかね??
小説版には書かれていますが、ゲームのみをクリアした感じでざっくり考察すると、
バランとランスは同一人物であり、善の心と悪の心に別れた
人の心をネガティブからポジティブにする際に、特にありがたられることもなかった
この辺でバランが闇落ちしかけ、バラン劇場のポジティブ要素が消滅しかかる
(この辺は、ステージごとの住人と同じパターンかなと思う。)
衣装同様貧弱なバランと壊れたティムズエリアのみ残る
残った善の意思で人々を呼んでいくがことごとく闇落ち
主人公たちが呼び込まれる
悪夢のエリアを主人公達に回らせて、バランなどが力を取り戻していく
エリアが回復したことにより、ランスの本拠点が解放される
人々の力(バランを除く、バランとランスは同一個体だからバランにランスは倒せない)
によってランスを撃破
ランスも浄化されるものの、バラン劇場を存在させるために再び闇落ちへ
(バランやランスは何かと契約しているのか、劇場を終わらせることは不可能?? それか真ボス?)
最後人々に感謝されることによって、バランの心の傷が回復
バランは劇場を存続させることを決め、満足した表情で旅立っていく
(もしくは劇場がないところを見るとバランとバラン劇場は消滅)

って感じだったのかなって思います。

 結論、シナリオ面の描写が薄すぎるorz
クリアしても謎が残りすぎますし、そもそもゲーム内だけでわかる内容にしてくれよって思いました(´・ω・`)

 ほかにもまあいろいろありますが、
この二つの要素が、楽しさよりもイライラを強く感じさせる原因かなって思いました。
何をしているかわからないうえに、テンポも悪いのは救いようがないですね。

 以上、バラン ワンダーワールドの感想でした。
まあ遊べなくないゲームではありましたが、何をしているのかわからない、とにかく簡悔要素が多すぎる、プレイ時間の遅延ゲーっていうのが凄くイライラさせてくれますねorz
プレイヤーが楽しめると思ったのかが謎です(´・ω・`)

 デザインやゲームとしての構想はかなり良かったと思うので、
スクエニなのに開発力のなさが露呈した感じですね、もっともこのための別チームが制作していたみたいですが。
なんというか開発側の力がなさすぎて、企画倒れになった感じが否めないです。
構想そのものを形にできていないですねorz
3GBの激重クソパッチによってクリアまでバグはなかったものの、デバックもまあろくにされていない感じはしますわ・・。
普通にプレイしていてつまらないべこれorz
もっとユーザーライクになって簡単にすればよかったものの、
一番メインであろうステージ3はクリア後、強めのチート衣装もクリア後、バランスタチューを集めないと先に進めないクソ、わかりにくシナリオに解説書をゲーム内でつけるのではなく別途販売したクソ
この辺が解消しているだけで、もっとこのゲームの評価は変わっていただろうなって感じました。

 結局、開発チームはこの一作品で解散となり、
プロデューサーの業界追放という悲しみだけが残りましたねorz
一作品目なのでもっと力を入れればよかったものの・・・・、
 まあ販売価格を見るに、予算を使い切ったってのは察しはするんですけれどね、
switchで7600円とかほとんど見かけないですからね、一般ゲーより1000円も高いですし。
ブレワイが同じ定価ですが、あちらはWii初期から5年ぐらいプロジェクトが動いているのでまだわかりますが、バランは5年もかからないしどんだけ荒く予算を使ったんだか(´・ω・`)
テイルズみたいに予算補填分を商品価格に上乗せする選択肢もあったのでしょうが、
開発途中のバランの完成度をみて、スクエニ側が損失覚悟で予算停止でもしたんでしょうか??
ってレベルで、中途半端な完成度で販売された感が否めないですね。

 結論から言えば、未完成品ってところでしたかね・・・。
なんかこうもうちょっと完成している部分だけでも詰め込めればな感否めないです。
カートゥーン調、インド映画みたいなダンスパート、多すぎる衣装や独自生物
とデザインが良いだけに残念でしかないです(´・ω・`)
設定自体は12章分(クリア後の解放される衣装も、クリア前でも使えるがごとく全部)乗っているので、
読んでみると、いかに設定が良かったかがわかります。
というか、ゲーム内でも使用されてないデザインとか結構ありますね。
なぜゲーム内に登場しないんだorz

 とにかく類似ゲーである、カービィ ディスカバリーがクソゲーにならないことを祈るしかないですわ(´・ω・`)
ちょうど販売時期も被っているのが凄い不安だわ(´・ω・`)