2018年09月11日

合格体験記

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

匿名

年齢

30

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

 

所属部署(役職)

 

在籍コース

eラーニング



合格時期

2018年  6

受験会場

御茶ノ水

合格までの受験回数

18

合格点数と時期

FAR

77

REG

76

AUD

78

BEC

79

/時期

2018/5

/時期

2017/4

/時期

2017/7

/時期

2018/6

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

彼女が事ある毎に「私は医師だから」「医師は国家資格だから」と言うため、何か言い返せるものがあると良いと思い、そのためには何か勉強する必要があるのではと考えていました。そこで、せっかく勉強するなら少しで も自身の仕事に関係のある内容の方が良いと思いUSCPAにしました。私はスポーツ推薦で大学まで進学したため、 学生時代は英語を含めほとんど勉強をしたことなく、USCPA習開始時は過去問を見ても何を問われているか理解できない状況からのスタートでした。軽い気持ちで始めたのは確かです。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間     3.5年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  2-3 時間  休日 5 時間

USCPA 試験の良いところは科目合格制度と 1 年間に何度も受験できるということと思いましたので、チャンスを十分に活かしました。科目目の FAR 合格後、毎ターム 3 科目全て受験しました。中国国内の企業にて勤務しているのですが、毎回各科目 1 ヶ月ほど勉強し、週末 1  2 日の御茶ノ水受験を 1 年半で 10 回以上行いました。「そのうち年半の間に Expire せず全科目が合格ラインにのるであろう」と、試験結果が公開される前から次の試験予定日を考えながら勉強を続け、不合格を確認後すぐに  NTS  取得、試験日確定、飛行機とホテルの予約をしていました。短期間に全範囲を復習することを意識しながら平日は毎朝  5  時に起床し、会社近くのカフェで過去問をといて動画を見ることを休まず行いました。そうこうしているうちに REG  AUD が合格し、残り BEC のみとなったのですが FAR Expire しました。その後 1 ヶ月半程勉強し FAR 再合格、同タームに受験した BEC も合格したことで、全科目合格となりました。佐々木先生の講義とテキスト、過去問と各問題の動画解説を理解することに注力し、これをやめたときが全科目合格となる可能性がゼロになるときと考えていました。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

講義は効率良くかつおもしろく、英語で覚えて英語で問題を解くことや試験に出ないと思われるところは省略して下さること等、私のような英語や会計の初学者にとっても眠くならず、とても良い印象をもっています。勉強 中当時、情報が更新されていない箇所もあったと思いますが、こまかいことはあまり気にせず進めることで良か ったです。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FAR です。講義動画を見る前に問題を眺め「英語がわからず、問題文で何を問われているかわからない」という時期があったことや、どの程度勉強した段階で受験日を決めれば良いか考えていた時期等、無駄なことをしてい た時間が長かったと思います。毎日の移動中等、佐々木先生の講義動画を何度も見ることで英語への抵抗をなく すことや、学習の進捗に関わらずスケジュールを合わせられる日時を全て受験日に設定し、受験日を決めたのち どのように全範囲復習するか考え実行するという方法を確立したことはのちに受験した科目においても有効で あったと思います。不合格なら再受験すれば良い。Expireたら再合格すれば良い。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

試験直前時期に、受講生ページ内の問題(BISKWileyAICPA release)を 100 問解き、間違えた問題はそれぞれ直後に動画解説を見て、なぜ間違えたか理解することを  3  時間程で終えられれば、合格ラインにのっているよ うに思います。講義の中で佐々木先生のおっしゃる「MC を完璧にしておけば Simulation は解ける」これは新試 験に変更され、MC の配点が下がった現在も全ての科目に対し、言えることと思います。Simulation  Research TBS 対策はしていません。

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

事務局の方々の対応が素晴らしいです。いつも迅速かつ丁寧、また、とても温かい対応をして下さいます。現在、

ライセンス手続きを進めていますが、こちらも同様に素晴らしいです。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

最も準備期間が長かった科目でした。英語も会計もわからない状態で初めて取り掛かった科目でしたが、計算問題は理論を理解していれば自身の計算した数字が必ず選択肢内にあるので楽しく進められました。範囲は広いですが、各論点では他の科目に比べ、覚えなければならないキーワードが少なく、間違えた原因の理解にたどり着きやすかったです。Expire したため 2 度合格しています。計 4 回受験。

REG

最も効率よく合格できた科目でした。勉強期間は計3ヶ月以内であったと思います。法律等、全て初見でしたが、テキストに基づき試験範囲の Regulation を体系的に理解することで、こまか い数字(年数や日付、金額等)はあまり覚えなくとも良いと思いました。計2回受験。

AUD

佐々木先生が最も得意な科目なのだと思います。そのためか講義も具体的な監査手続きや全体像をイメージしやすい説明でおもしろく、当事者意識をもって考えやすかったです。Pro Active 社の近くに行く機会があれば、隣の蕎麦屋の内部統制を観察したいと思います。計4回受験。

BEC

最も MC の精度を高めた科目でした。英語を書けず WC が苦手でしたが、MC の問題文も覚え英語の書き方を参考し、自身のテンプレート(Introduction, Body, Conclusion の計 15 行程)を固めたことは有効であったと思います。実際の WC 試験では 40 分程で 3 問全て同じテンプレートで書きましたが合格しました。途中、試験制度の変更により MC の配点が下がりましたが、MC の精度向上を続け、各論点の理解を深めていました。TBS  MC の精度を高めることで回答できると思います。計 8 回受験。

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

事前に何もやらなくて良かったというのが反省点です。分厚い最新 BISKCheck Point)を含む他社教材を購入する必要はなかったです。Pro Active 社のテキスト内容を理解し、受講生サイトのMC(BISKWileyAICPA release)の正答率を100に近づけることが何より重要と思います。どうしても必要な場合、英文会計入門や中級を受講 することで良いと思います。(私はしていないですが)事前に簿記や英語の学習も不要と思います。

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

全て御茶ノ水で受験しました。毎回、耳栓を持参、電卓を借りました。試験会場の方々も慣れています。試験ソフト内の電卓やExcelは機能が制限されていたりして使いにくいのですが、試験会場で貸与されるペンとボード、電卓で十分と思います。

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

現在の会社に入社時、英語や会計税務についてほとんど理解していなかったのですが、USCPA勉強開始後は効率よく業務を進められるようになりました。現在、ライセンス手続きを進めていますが、完了後は今後の身の振り 方について考えたいと思います。未だに英語でコミュニケーションをとれないので、英語の勉強も始め、最終的 には中国語と同レベルにはしたいと思います(中国語は中国に来てから勉強し、現在の業務上あまり支障がない 程度になっています)。

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

勉強期間中は Pro Active の受講生ページで勉強するのみです。必要な場合、講義やテキストを見直すことは良いと思いますが、全ての問題文を覚えるくらい何度も問題を解くことが良いと思います。過去問を解き、各論点 を理解することにより見えてくる全体像があります。不合格なら再受験すれば良い。Expire   したら再合格すれば良い。ケチは受からない。

 

 

13、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

上にも書きましたが繰り返させて下さい。事務局の方々の対応が素晴らしいです。有難うございました。引き続き宜しくお願い致します。



合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年09月09日

大手監査法人へ転職どうですか? セミナー開催

PwCあらた監査法人及びデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー説明会開催のお知らせ
(別日程ですので、宜しくお願い致します。)
--------------------------------------------------------------------
PwCあらた監査法人説明会の件
日時 9月18日19時より
場所 当校セミナールーム
--------------------------------------------------------------------

今回は非金融部門の監査を軸にした説明会開催です。
一番オーソドックスな監査を行い、金融部門が銀行、保険、資産管理、証券といった特定部門
であるのに対して、こちらはそれ以外を担当する代表的には製造、物流、建設、ITなど分野は多岐に渡ります。

応募者も多くなるところでありますが、監査法人の中でも厳しさには、定評があります。
皆様が自分の腕を上げるにはと考えるには、良いところかなと思いますがいかがでしょう。
USCPAとして腕を磨く、厳しい監査の経験。重要なことかと思います。
監査法人の説明、部門の説明を、じっくりと聞いてもらえればと思います。

USCPA試験合格、科目合格、合格を目指す方は是非、自分の進路を転職を含めて
考える機会として、この説明会にご参加いただければと思います。


----------------------------------------------------------------------------------
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー説明会の件
日時 9月21日19時より
場所 当校セミナールーム
-----------------------------------------------------------------------------------

今回は、ファイナンシャルアドバイザリーを専門とするデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
の説明会を開催します。

会計や経営企画を担当する人にとって、M&Aなどに携わるのは一つの願望かと思いますが、
いかがでしょうか?
 

USCPA資格と確実な英語力を持っている方には、是非、チャレンジしてもらいたいなと思います。

何を行うにしても会計はそのベースです。
USCPA試験合格後の将来を考えている方にも、是非、聞いてもらいたい説明会です。

合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら


nycpa at 16:38転職 この記事をクリップ!

2018年07月10日

元スッチーの合格体験記 読んで

MCをとにかくやる。諦めない。

しかし、ゴールドマンに転職は良かったね しかも異国で。 みんなも 頑張ろう

木曜日は無料 USCPA セミナー  Tell your friends
IMG_0138
当校でします。

















今度 合格者数名と 寿司dinner

IMG_0445@西麻布



合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら
 

nycpa at 20:40 この記事をクリップ!

2018年06月26日

元スッチーから 合格体験記

USCPAを目指したきっかけを教えてください。
キャリアチェンジを考えた時に、ビジネスにおいて財務・会計・税務は基幹であるので精通しておくべきだと思ったこと、基本的にグローバルに働くことを考えており、どこの国で働いても通用する知識と待遇が受けられる資格として、USの会計士資格は他国の会計士資格、特に世界的に権威のあるGlobal Accounting Allianceとの互換性が高い為です。

合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。
合格までの学習時間:1.5年
1週間あたりの学習時間:平日2時間 休日7時間

【利用教材】 プロアクティブのテキストと佐々木先生のBISK過去問解説のみです。
【学習方法】 1.5倍速で講義を視聴しながら直接テキストにどんどん書き込んでいきました。自分でノートを作る時間があるなら、過去問を解く方が効率的だからです。何回か動画を止めて、重要な所やフレーズは必ず書き留めました。その後、佐々木先生の過去問解説を聞きました。佐々木先生が必ずキーワードを強調して下さるので、そこをマーカーで色付けたりして目立つようにします。その後全然分からなくても取りあえずMCQをやります。一問ずつ解いて、答え合わせします。理解しようとする必要はなく、答えをどんどん暗記していく感じです。MCQを3周くらいするとやっと見えてきます。4週目くらいから間違えた問題のみを集中して解いていき、どうしても分かりにくい場合のみ別途ノートを作りました。

講義の良かった点を教えてください。
佐々木先生の講義はかなりバブリーですが、大事なフレーズや具体例が強烈なので、大変楽しく学べました。

学習に一番時間がかかった科目は何ですか?
FARです。新試験に変更になった為、スコアリリースで半年近く待たされた上72点でFailになり、その半年は勉強しておらず、モチベーションを取り戻すのにも苦労しました。FARは一番基本であり、会計事務所にいた為、業務に直結していたのですが、私は理論の方が好きなので、正直めんどくさい科目で嫌いだったというのもあります。逆に言うと、時間さえあれば、一番めんどくさいけど、確実に答えが導ける、そんな科目だとも思います。 試験直前の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

【試験直前期の学習方法】
MCQのみです。Simulationなど余計なことは考えず、MCQの解答を覚えていたとしてもほぼ100%になるようにします。間違える問題を取りあえず自分の理屈でこじつけて、正解にします。私は朝型人間ではないので、必ず午後受験にしました。朝のうちに出来るだけ問題を解き、その分会場に入ったら心は全然余裕ではないのですが、ノートなど見返さず余裕の顔をしていると受かりました。

【おすすめの学習方法】
佐々木先生の授業とMCQ解説でキーワードを覚えること、それをもとにMCQの正答率を高めるそれにつきます。というのも、USCPAは基本的に暗記で受かりますが、資格試験です。他3科目全てが100点でも、最後の一科目で75点を取らなければFailです。全か無かですので、余計なエゴやプライドは捨てていきましょう。逆に言うと、全て75%目指していく、要するに確実に簡単な問題で失点しないことが重要となってきます。難しい問題は適当に答えを覚えて、なるべく多くのMCQをこなして、簡単な問題を色んな言い回しで聞かれても答えられるようにすると、合格に繋がると思います。また、通勤時間や寝る前等に佐々木先生の講義を聞き流す感じで潜在意識に訴える程度で聞いたのは意外と効果的だったのかもしれません。

受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。
海外在住なのですが、メールでの問い合わせには必ず24時間以内に返信・対応して頂けるので、仕事で忙しい時には特に、余計な心配をしなくていいので、大変助かりました。

各科目の試験の感想を教えてください。
FAR:  めんどくさい、その一言につきます。ただ、会計初心者にとっても、経験者にとっても、内容としては一番確実に答えが導けます。上述のように、時間をかけることができるのならば、という仮定のもとですが。簡単なだけに、解答を導くまでのプロセスが長い、要はめんどくさい問題が多いので、タイムマネージメントが最大のポイントです。計算を早くする、MCQ1問には90秒以上かけない、1テストレットで配分する時間を試験会場で配られる計算用紙の上に必ず書く、理論のところは即答する等、とにかく全問終えることができるように時間配分を考えました。

REG:  半分理論、半分計算、といった感じでしょうか。他の合格者の方も仰るように、法人法、パートナーシップ等、本当に惑わされます。逆にいうと、苦労するところはここだけかもしれません。FARの次に解を導くプロセスが長い問題が多いので、タイムマネージメントを重視しました。ただFARと比べると正統派な問題が多く、暗記で乗り切れる気もします。試験中にForm等で焦ってしまうと出題者の思うツボなので、テキスト以外で一度は印刷して実際に埋めてみるといいと思います。

AUD:  一番楽しい科目でした。というのも監査経験者である佐々木先生の具体例が非常に分かりやすく、理解しやすかったからです。細かいニュアンス等が生死を分けるので、比較的言語習得に優位性のある女性の方が強い分野だと思います。AUDは特に一連の流れで見ることが重要なのですが、分かりにく場合はフローチャートを一度書いてみるといいと思います。私はテキストのフローチャートを写すところから始めて、何も見ずに同じものが書けるまで何枚も書きました。

BEC :範囲が狭いので、侮ってしまいがちだが、対策に困る科目だと思います。パイロット問題風の問題も多いです。しかし結局はテキストとMCQ解説にある問題を100%にする等基本の部分で失点しなければ通る科目だと思います。旧試験でしたので、WCは完全無視です。5分くらいで適当にキーワードを入れて書いて、最後の5秒で質問文をコピペするという荒技で受かりましたので、当時のWCは特に得点には影響していないと思われます。

試験後の反省点、事前にやっておいた方がよいことがあれば教えてください。

試験中に使える古墳時代バージョンのエクセルには慣れておいた方がいいかもしれません。今は改善されていたらいいのですが、特にFARとREGで時間が命取りになる科目でショートカットでのエクセル計算に慣れている現代人にとっては何度もイラッとさせられます。結局私は原始的に計算機を使いましたが、そんな小さいところで心を乱されました。

試験会場と現地の印象を教えてください。
【御茶ノ水】 試験会場は綺麗で、一面が大きい窓なので、自然光が入る時はリラックスできますが、週末は混んでいるのと、機械の不具合で、1時間以上待たされた時はさすがに眠くなりましたが、受かったので結果オーライです。City girl/boyの方には、Sola cityの広場はオフィス街の雰囲気、下町気分の方には御茶ノ水の商店街・地下街と相反する施設がありますので、その日の気分で試験前にテキストを軽く見直す場所が見つかると思います。

合格後に仕事でどのように活用できましたか? または、転職やキャリアアップにどのように役立ちましたか?
私の場合は予想以上のキャリアアップにつながりました。まず合格後に即ライセンス申請をし、豪州公認会計士(Chartered Accountants Australia and New Zealand)のライセンスも取得、(MBAとMPA(会計学修士)と2つの修士号を取得していたこともあるとは思いますが)、4大監査法人と外資系投資銀行からお話しがあり、今後のキャリアと待遇を考慮し、ゴールドマンサックスでFinance Controllerとしてのオファーを受けることにしました。

これからUSCPAを目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします。
これからUSCPAを目指す方は、合格後にUSCPAを活用してどうなりたいか、を漠然とではなく、具体的なビジョンを持ち、逆算するように戦略を立てることと、合格がゴールではなく、スタート地点であることを忘れないことが結局は近道なのではないかと思います。特に最近はAIの発達と賃金の安い国でのアウトソース化がさらに進んで、人間でしか判断できないグレーな部分に最適解を見つけられる、どの国の人とも働ける、好感を持たれる、尊敬の念を忘れず対等に接することが出来る等、そういった人材が企業からは求められ、アントレプレナーとしてもクライアントから求められる時代なのではないかと思います。佐々木先生がまさにそのような方であり、その魅力に引き付けられプロアクティブで合格された生徒さん達は授業を受けながら、影響を受ける、または入校する時点で、すでにそういう意識が高い方々なのだと思います。合格することに意義があるのではなく、目標を達成したことによる自信から、次にどうつなげるのか、に意味があると思います。 勉強中の方は、モチベーションを保つのが大変なことが多々あると思います。それは試験に落ちる、失効する、他の理由で勉強が出来なくなる等。しかし、USCPAは決して簡単な試験ではありませんが、前述のように、取りあえずアウトプット中心に75%を目指して下さい。どうしても落ちてしまっても、それはあなたのMCQの正答率がやっぱり低いからです。私も合格点に数点届かない時にはこれ以上どうしたらいいんだろう、と思いましたが、結局MCQに集中した結果合格しました。Simulationも大きい問題に見えますが、実は小さいMCQの問題が何個も一緒になって出題されているだけなのですから。色んな資料を行ったり来たり目がチカチカしますが、そこがめんどくさいだけです。そこが気になるならAICPAのページで練習もできます。あとはタイムマネージメントにつきます。時間がなかったから全問解けなかったなどという言い訳だけはやめましょう。英語が苦手だと思っている方へ、アメリカの英語ネイティブの人でもバンバン落とされる試験です。よって、英語が問題なのではなく、キーワードが抑えられてないだけですので、ご心配なく。会計初心者の方へ、むしろ何も知らない方が、今初めて習うことがデフォルトとなるので、むしろきちんと覚えられます。会計経験者の方へ、MCQではあなたの会社のオペレーションやプロセス、内部統制のことは聞いていません。実務を一旦忘れて、教科書通りの答えを選んでください。お年を召されていて記憶力に自信のない方へ、マレーシアの首相は92歳です。あなたはまだまだお若い上、2歩進んで1歩下がるような学習曲線でも、確実に1歩づつ進んでます。皆さん、今は苦しいかもしれませんが、絶対抜けられます。きっと、もう既にとっても頑張っていらっしゃるとは思いますが、もうちょっとです。是非頑張ってください!

その他、ご意見、ご感想などございましたらご自由にお書きください。
受験開始からライセンス取得まで、佐々木先生をはじめ、スタッフの皆様には迅速な対応とサポートを頂き、いくら感謝しても足りないくらいです。大変有難うございました。 ​

合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年06月22日

敏腕ガイジン人材開発 コンサルタント Gerry 続編

Gerry:  これを 見せなきゃいけない 転職面接で

 
CPA Examination ServicesNewYorkの合格証明書

$25で再発行できる

合格後何年たっても

毎回$25で再発行できる。

大学の成績証明書と同じだ。

Guamはこれしてない。ダメね 










Gerry:  ニューヨーク出願で合格すると 可能性が広がる、ブランドがある。みんな頑張ろう。

合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら



nycpa at 16:05 この記事をクリップ!

2018年06月17日

大手監査法人 転職 セミナー 

きて みて 給与いくらもらえるのか 聞いてみたら

家にこもっていても nothing happen   

Wカップ日本代表のように 前に前に行こうぜ 

さて

今回、PWCあらた監査法人の説明会を6月27日(水)午後7時から開催する予定となりました。

------------------------------------------------------
PWCあらた監査法人説明会開催について
開催予定日 2018年6月27日水曜日
開催時間  午後7時から (6時45分から受付開始)
開催場所  当校セミナールーム
プロアクティブ 人材紹介部
                   傍島祥夫
------------------------------------------------------

監査法人の方が直接に監査法人の内容について、監査からアドバイザリーと
それに関係する部門等について、説明して、皆様の質問に回答していきます。

今回の説明会では重点を非金融部門(製造や物流など)の監査としています。
(質問する分には、別に金融に限定することはありません。)

監査法人等への転職、あるいはその可能性について検討されている方、
もしくはどんなところか知りたいと考えている方は、
疑問に感じている点などを、この場を利用して、お尋ねして頂ければと思います。

 USCPA試験に合格したら、自分にはどんな進路が開けるのか?
あるいは活躍できる場はどうなのだろうか?

AUDITの試験では、監査人としての話は学んだけれど、実際の監査とはどんなものか?
一般的な部門というのはどんなものか? と知っていただくには良いかと思いますし、
監査法人の成り立ち? 自分が転職するとすれば監査法人はそれに相応しいか? 

待遇の決め方はどうなっているか?聞けることは、何でも聞き、疑問点を解消して頂ければと思います。

PWCあらた監査法人は採用意欲、多岐にわたる活動と言った観点で、相当に活発に活動されており、
もし、監査法人を目指されるなら、この説明会をご利用ください。

 実務に詳しい先生をお迎えし、皆様の将来の羅針盤として役立ててください。

今回の説明会、門戸を広く開き、当校の受講経験者であればとしていますので、
できる限り早くお申し込みください。先着順にて申し込みを受け付けます。

方法は、このメールにリターンする形で、1.氏名 2.住所 3.受講生番号 4.ステイタス
(USCPA試験全科目合格、USCPA試験科目合格、講座受講中)の4点を記載していただければと思います。
満員になってからの申し込みは、キャンセル待ち扱いとさせていただきます。

 最後に、そのまま志願を考えられることがあると思われる方は、履歴書、職務経歴書を準備ください。
(海外のことも考えられる方は英文CVもご準備ください。)
何らかのサジェスチョンも出来るかと思います。

 では、皆様のお申し込みをお待ちします。
                 
以上、ご案内申し上げます。
ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロアクティブ(グアム大学日本事務局)
人材紹介部 傍島祥夫
TEL:03-3580-0100
FAX:03-3580-4715
携帯:070-1315-2455
URL:http://www.uogjp.com
Email:sobajima@uogjp.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


nycpa at 14:18 この記事をクリップ!

2018年06月05日

敏腕ガイジン人材開発 コンサルタント Gerry

先日の合格者との面談(Guam出願 うちの生徒ではない)

Gerry : Why did you apply Guam? and not NewYork

合格者:Japanese OK???
(英語の会話あまり得意ではないみたい)

Gerry : Daijyoubuです。
Gerry : どうしてGuamですか?

合格者:グアムは合格後、certificateが取得できるから 

Gerry : あんなの取得してもバカにされるだけですよ。肩書きにCPA inactive(停止中)と明記しなきゃいけない。Inactive    恥ずかしい しかも毎年$100 払わなきゃいけないし。
(全米で唯一 certificateの設定があるのは Guamだけ。他の州にはない。)

合格者:ライセンスもGuamで取れる可能性があるし。。。。

Gerry: アメリカでは名刺などにCPA-NewYorkなどと 州名を記載します。どの州で営業権があるのか明確にするためです。複数の州のライセンスを取得して CPA (NY,CA,FL)などと記載しているアメリカ人もたくさんいます。ライセンスは国が発行してるのではないので こうしなくては誤解されてしまうからです。

Gerry: NewYorkに出願してれば、出願州(mother state NewYork) 。CPAに関して言えば、YOU are born in NewYork =出生地NewYorkになる。

Gerry: Global企業に転職して米国に駐在でいけば(米国内ならどこでも)、NewYorkのライセンスが取れるし、これをNY-NYと呼ぶんだ!Mother state NewYork, license state NewYork  すごいブランドだ。米国に行かない、住まない人は居住条件のないWashington州でライセンスが取得できる。(米国に住んだことがない人が CPA-WAと名刺に書いてどうなのか?とゆうのはある)
Mother state NewYork, License state Washington。しかし、長い人生の中で米国でちょっとでも働いたらNewYorkのライセンスも取得できる。すごい可能性だ so many options

続く。。。。

 合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

 

2018年06月04日

水曜日はUSCPA 無料セミナー

7時から 
お友達に 紹介してね。

IMG_0442My sonも くるよ

セミナーに

Just kidding 














 合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら
 

2018年06月03日

NASBA(全米州会計審議会)が$25で 合格証明書 発行するサービス

NASBA(全米州会計審議会)が$25で 合格証明書 発行するサービス


NewYork(ダントツの人気、だってNew Yorkだもん)。

Alaskaもしてるけど(人気ゼロ=だってAlaska =秘境

Washingtonもしてる、(NewYorkに出願できない人が出願する州、かなりブランド力に欠ける)

Guam してない!!!!!


NASBA(全米州会計審議会)が$25で 合格証明書 発行するサービスは いつでも 何度でも

できます。ライセンス取得してなくても 一生涯です 

143019.gif

143019.gif

143019.gif


願書をだした州が 合格後 合格証明書を再発行します。(Guamはない)

NewYorkに出願した人のみがNewYorkの合格証明書再発行できます。 


願書を出した州がMother Stateになります。 

 合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら



2018年03月17日

New York 出願で合格の人に 朗報

NASBA(全米州会計審議会)が$25で 合格証明書 発行するサービス開始。 オンラインで。
一生涯、毎回$25 クレジットカードでオンライン決済すれば
世界中どこにでも送ってもくれます(送料は別途かかる)
近日 見本 見せるよ

田舎のアラスカ州のも発行できますが、断然 NewYorkがいい
合格書証明書に Alaska て印刷されているより New York て印刷されている方がいいね。 
AlaskaだとWhy Alaska??? て聞かれてうざいけど、If you show NewYorkの合格証
Whaooooooooooo!!!!   you good  you awesome  特に米国人の受けは最高潮です。
Why New Yorkとは誰も聞かないよ! 

グアムはできないこのサービス。 New York出願で合格してこの特権を得ようぜ
 願書を他の州で出願して 合格するとその州の合格証明書になってしまう。一生涯

田舎の州のライセンスなんか取るより NewYorkの合格証明書見せた方が インパクトあるよ
ライセンスなんか余計な維持費や継続教育しなきゃいけないし面倒、ずーと維持する人なんかいないんだから。

90歳になっても 孫に見せることができる NewYork 合格証明書 is the best

 合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

USCPA 米国公認会計士 合格を 目指そう

ニューヨーク州公認会計士
東京生まれ NewYork育ち
USCPA 受験予備校No.1、
株式会社プロアクティブ代表
無料体験セミナーは 上にあるリンク押してね! 

Archives
  • ライブドアブログ