September 28, 2016

また 合格体験記

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

XXX 穣

年齢

42

埋め込み画像 1

業種(or会社名)

NTTデータ    

所属部署(役職)

グローバル事業本部

在籍コース

通学・ 通信DVD ・ 通信ビデオ・ eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2016年 9月

受験会場

プロメトリック御茶ノ水会場

合格までの受験回数

各科目 1回づつ

合格点数と時期

FAR

83

REG

79

AUD

78

BEC

83

/時期

2016/5

/時期

2016/9

/時期

2016/1

/時期

2016/6

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

これまで仕事で海外企業の M&A 経営管理を行ってきました。そうした自分の知識や経験を目に見える形に分かりやすく示したい、と考えたのがきっかけです。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間     2年間

1週間当たりの平均学習時間  平日1.5時間   休日4−8時間

時期によってばらつきがありますが、平日は平均1.5時間、休日は通常4時間、試験前の追い込み時期は8時間以上を勉強していました。

私の場合、USCPAの学習期間と仕事の繁忙期が重なっていたため(昨年1年間にブラジルに10回以上行きました)、先ず仕事に影響を与えないように、無理のないペースで学習を続けることを最優先にしました。

その分、お盆やお正月などの休み期間を利用して、試験前に集中的に勉強をしました。その間、休みにも拘らず、どこにも連れていけない中で、勉強に集中させてくれた家族には感謝しています。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

プロアクティブの講義は、試験に出る範囲を効率的にカバーしてくれているため、本当に勉強しやすかったです。

特に佐々木先生の印象に残る講義は、大事な個所を覚えるのにとても役立ちました(笑)。

仕事が忙しく学習時間が十分に取れないことも多かったので、私は本当にプロアクティブで無ければ、合格出来なかったと思います。感謝しております。

強いて改善点を挙げるならば、プロアクティブの講義でカバーされていない問題も出ることもあるため、本番の時に驚かないようにするためにも、Bisk等での補完が必要だと感じました。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

私の科目ごとの学習時間は、次の通りでした。

・FAR 320時間

・AUD 200時間

・BEC 200時間

・REG 260時間

やはり分量が多いFAR、REGに時間がかかりました。ただし、どちらの科目も覚えるというよりも、内容を理解することに重点を置きました。その方が記憶も定着しますし、色々な形式の試験問題にも対応できます。

(そして、何よりもとても楽しみながら私は勉強することができました。)

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

試験前の学習サイクルを3ヶ月間と考えた時に、最初の1カ月で講義を完了してWebの過去問に入り、2ヶ月目にはWebMC/Simulationまでを完了し、最後の3ヶ月目は間違えた個所と過去問を繰り返し徹底する、という流れを理想としていました。実際にはこれから2週間ほど(場合によっては試験直前まで)押すことが常でしたが、前倒しで学習を進めておけば試験までに気持ちを余裕を持って臨めると思います。

 

また、前述のとおり、プロアクティブの講義でカバーされていない問題も出てくることがあるため、本番の時に驚かないようにするためにも、Bisk等の過去問題を徹底的に学習することをお勧めします(私は必ず1回以上は解きました)。

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

プロアクティブの学習手続きサポートで困ったことは特にありませんでした。

質問をしてもすぐに回答をいただけるので、とても助かりました。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

(初めての試験だったこともあり)MCの計算に慎重になりすぎて、時間を使い過ぎてしまった。

Simulationの形式にも慣れておくのが良い。

また、政府、NPO等のマイナートピックもかなり出るので本番で焦らないように準備しておく。

REG

こちらもRoth IRA、外国税額控除等のマイナートピックもかなり出たため、本番で焦らないように準備しておく(私の場合、Testlet 2に超難問ばかり出て危うく心が折れかけました)。

逆に講義で習った主要なトピックをしっかり押さえて、取りこぼさないようにすることが肝心。

AUD

個人的には一番難しい科目だと思う。特に正解・不正解の判断が難しい(理解が深まればできるがかなり直前まで出来ない)ため、問題中の「誤っている箇所」を特定し、消去法で絞っていくやり方が有効だと思う。

BEC

こちらもWebの過去問などでやったような一般的な問題はあまり出ない。

そのため、(逆説的だが)講義で習った主要なトピックをしっかり理解した上で、本番では自分で考えて答えられるようにしておく必要がある。また、AUDと同様に消去法が有効だと思う。

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

繰り返しになりますが、試験ではこれまでの学習であまり出てこないトピックも必ず遭遇します。

そのために、マイナーなトピックを含めて過去問を一通り学習しておき、マイナーな問題に遭遇しても焦らないようにするのが大事だと思います(私は、Biskの過去問とプロアクティブのテキストの繰り返しが最も効果的な学習方法でした)

 

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

特に困ったことはありませんでしたが、

・当日の持ち物(NST、パスポート、クレジットカード)は事前に確認しておくこと

・試験の30分前には会場に到着して、落ち着いて臨むこと

ぐらいは気を付けた方が良いと思います。基本的にNSTをしっかり読んでいくべきだと思います。

(私の最後の試験の際、パスポートの有効期限が切れていて受験できない方がいました。しっかりNSTを読んでいなかったようです

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

最初に書いた通り、私がUSCPAを目指したきっかけは、これまで仕事で得た知識や経験を目に見える形に示すためでした。

今回、USCPAを取得したことで、海外の会社で働くメンバーにも自分がどのような分野で知識・経験を持っているかをハッキリと示すことができるようになりました。また、今後は海外で働く機会も増えてきますが、その時にも初めての相手に対してもハッキリと自分の強みを示すことができます。

そして何よりも、これまでの知識・経験を体系的に整理できたことで、今の仕事(海外の会社の経営管理)でもより深い視点から経営・管理を行うことができるようになりました。本当に勉強して良かったと思います。

 

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

学習期間中は大変だと思いますが、ここで学んだことを活かせる機会はますます増えてきていると思います。

今学んでいることは活きてきますので、ぜひ楽しみながら学習に取り組んでください。

(あと、疲れた時には時々はぜひリフレッシュしてください!)

 

 

13、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

あらためて、プロアクティブでなければ私は合格できなかったと思います。本当にありがとうございました!!




You are next

nycpa at 08:50 この記事をクリップ!

September 27, 2016

水曜日は USCPA

無料セミナー By Me

7PM

Tell Your friends   

Join me at our school

DSC05154 

nycpa at 11:50 この記事をクリップ!

September 25, 2016

USCPA合格体験記 52歳

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

XX充弘

年齢

52

埋め込み画像 5 

業種(or会社名)

エンタメ

所属部署(役職)

CFO

在籍コース

eラーニング

出願州

イリノイ州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2016年    9

受験会場

東京御茶ノ水

合格までの受験回数

4

合格点数と時期

FAR

88

REG

85

AUD

88

BEC

86

/時期

2016/9

/時期

2016/8

/時期

2016/7

/時期

2016/7


1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

M&Aや経営管理に従事する中で、ファイナンスのプロとして取っておきたい資格と思い、10年前に一度受験申込をしたのですが、仕事の忙しさにかまけて受験せずに終わっていました。その後、外資系企業でCFOの職に就くにあたり、USCPAの有無を確認されたことがあったことから、実務をこなしていても、資格も有していることがこの手のポジションの最低要件かと思うようになり、再度(最後の)チャレンジをすることにしました。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間   4か月

1週間当たりの平均学習時間  平日 23 時間   休日 68時間

何年も頑張る気力と体力に自信がなかったので、集中力勝負で4月(1ウィンドウ)での短期合格を目指しました。最初の6週間で全科目の講義ビデオとテキストを1度こなして、その後は受験の順番で、BEC2週間、AUD1.5週間、REG3週間、FAR3.5週間、それぞれ講義ビデオ+テキストの復習、過去問とSIM2回、間違えた問題については、もう1回こなしました。講義ビデオは1.5倍速で聞きました。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

佐々木講師のテンション高め+ユーモアのある講義内容は聞いていて飽きないです。また、合格に必要な知識をピンポイントで示してくれるので、効率的に勉強できました。過去問等で、なぜその回答なのかが省略されているものも一部あったり、FARの政府会計・非営利会計・IFRS等のカバーする深さが出題に比べてやや浅い(よって試験当日パニックを起こしそうになる)と感じましたが、結果としては合格できましたので、不安になる気持ちを抑え、講座内容を信じて取り組んだのが良かったかと思いました。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FARは実務的に既知の事項も多かったですが、学習範囲が広い(よって、講義ビデオの時間も一番長い)上、政府会計、非営利会計等、民間事業会社にいると馴染みの薄い分野が相当量出題されるので、合格水準に達することができた、と感じられるまでに約1ヶ月かかりました。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

過去問/模擬試験で間違えた問題の復習を多くやりました。特になぜその答えになるのか、を考えて理解するようにしたのと、FARREGAUDでは各種書類のフォーマットをおさらいしておくとよいかと思います。BECについては、理解しにくい部分はまとめの表を作って例えば原価計算の各種方法の何がどう違うのか、等をおさらいするようにしました。AICPAのサンプルも必ずやっておきましょう。

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

10年前に申し込んだきりだったので、出願資格含めて手続きが1からやり直しを覚悟していたところ、以前にNTSがもらえていれば今でも有効かもしれない、とアドバイスいただき、イリノイ州のボードに問い合わせたところ、以前の出願書類/資格が使えました。大変ありがたいアドバイスでした。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

MCで嫌がらせのように政府会計、非営利会計、IFRSの出題が多く、パニックを起こしそうになった上、SIMではBank reconciliation等がPCだと非常に見にくく、大変焦りました。

REG

DRAICPAのサンプルそっくりな問題が出た時には驚きました。MCは比較的できた感じがありましたが、SIMではTax Basisで理解が曖昧だった部分が出て焦りました。

AUD

MCで馴染みのないグループ監査の出題がいくつか出て、焦りました。また、SIMEthicsや引き受けの可否等で嫌らしい出題が多かったです。

BEC

MCで余り時間がかからなかったので、エッセイの時間が確保できました。書きやすい内容、書きにくい内容、それぞれ最低限ロジカルに映るフォーマットを意識しながら対応しました。また、SIMで事前にやった問題に近いものも出題されていました。

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

FAR:通常の企業会計、政府会計、非営利会計、IFRSそれぞれの財務報告書類を一度ウェブ等で探して俯瞰しておくと、書類の名称、項目名、必要の有無、等が暗記でなく肌感覚として理解できると思います。

REG:これもForm1040はじめ各書類を何度か埋めてみると良いかと思います。あとはTax basisは時間をかけてでも、よく理解しておいた方が精神的に良いかと思います。

AUDRMMの理解、Auditの流れの理解、そして各種書類の表現方法の違い等をまとめておくと良いと思います。

BEC製造原価含めてコンセプトを理解できれば対応しやすいかと。COSOInternal Controlは出題数は多いので、別途ウェブでまとめたものを見つけて理解度を高めるようにしたのが精神的に良かったと思います。

全般:MCでは第1ブックレットができていれば、第2ブックレット以降は難易度が高くなるようです。わからない問題が多くなると非常に不安になりますが、逆に合格に近づいていると思って対処するのが良いようです。

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

他の試験も多く行っているので、週末は受付が混雑したりして少し焦ります。また、ブレイクの入退室もセキュリティチェック等で結構時間を取られることを想定しておきましょう。全体的には快適な環境かと思います。

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

外資系企業のCFO等のポジションに応募するにあたって、会計が分かります、と別途立証する必要がないのは書類選考等で差別化要因になるかと思います(もちろんCPAだけが要件ではありませんが)。

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

受験料も高額(特に日本だと)ですし、英文を長時間に渡って素早く読み、引っ掛け含めて対処する集中力等、結構英文速読力+精神的なスタミナが要求される試験だと思います。自分は在米約10年でしたので、英語のハンデは比較的少なかったと思いますが、それでも出題の意図が不明瞭に感じることがありましたし、時間もBEC以外は余りませんでした。あとは、「何度もNTSの支払いをしたくない!」「必要以上に御茶ノ水に通いたくない!」「他人が受かれるなら自分も受かれる!」と自信と信念を持って取り組むのが良いかと思います。また、合格がゴールではありませんので、資格をどう生かすのか、変化していく世の中に対応してどう継続的に学んでいくのかを意識しながらの学習が結果的には合格率が高まる姿勢かと思いました。

 

13、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

プロアクティブを選んだおかげで、短期合格の目標を達成できました。受験手続から始まり、今後のライセンスサポート含めて専門的サービスに感謝です。また、コスト的にも、アメリカの各種オンラインサービスに比べて安価で助かりました。


コメント:合格点が高いね。  過去問題を何度も解くと 合格しますね。

nycpa at 09:35 この記事をクリップ!

September 20, 2016

水曜日はUSCPA無料セミナー

By  Me

7PM    Tell your friends

 At our schoolDSC05154

nycpa at 17:32 この記事をクリップ!

September 16, 2016

円高還元 Wiley

なんと5400円(税込) FARは売切れ Sold Out baby

他の科目も 残り少

練習用に どうですか? 皆さん

明日はUSCPA 無料セミナーBy Me  お友達紹介してね

nycpa at 10:10 この記事をクリップ!

September 10, 2016

土曜日

午後1じから

USCPA 無料セミナー By  Me

Join Us Today

DSC05154At our school
 合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら       

nycpa at 09:56 この記事をクリップ!

September 06, 2016

水曜日

午後7時

USCPA 無料 セミナー BY  Me

IMG_0138


Tell Your Friends 

 合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら       

nycpa at 05:34 この記事をクリップ!

September 03, 2016

てっちゃん 合格体験記 そして 海外へ

USCPA合格体験記 

お名前

てっちゃん

年齢

46

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

コンサルティング

所属部署(役職)

マネージャー

在籍コース

eラーニング

出願州

ワシントン州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2016年 4

受験会場

お茶の水

合格までの受験回数

7

合格点数と時期

FAR

76/78

REG

78

AUD

75

BEC

78

/時期

2014/7

2016/4

/時期

2014/9

/時期

2015/5

/時期

2016/1

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

積年のリベンジ()。最初はコンサルタントして弱い分野を克服する為と海外移住目当て。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間     2年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  4時間   休日 15時間

テキスト視聴→Web過去問演習→ノート作成。ひたすらに問題演習→正解率70%超えたら、シミュレーション。→90%超えたら、間違えノート作成。使用テキスト:CORE,Super500。覚え方は人それぞれでしょうが、自分は問題を解きまくるアウトプットでいきました。テキストもノートもボロボロになるまで間違えまくる。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

■良かった点

自ら学ぶ人間のことを考え抜いた究極に合理的なテキストとサービスインフラ。講義の中で過去問を解く直線的なスピード感。最後まで信じて完走できる熱い講義とリーダーシップ。

 

■改善した方が良いと思う点

リクエストです。半年に一度で良いので、動画にて受講生にメッセージと気合を配信して下さい。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

不本意ながらBEC73点と74点で3回受験。本来なら、覚えるだけでは受からない誤魔化しの利かないAUDで苦労するはずだと思います。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

直前は難しい問題ばかり解いているはずなので、基本のテキストに戻る。出題されたら、「捨てる・諦めるもの」を予め決めておく。試験3日前から7時間の睡眠時間を確保する。

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

いつも迅速な対応でした。ありがとうございました。NASBAのステータス管理システムにはバグがあり、州のボードの担当者にも手際の悪さが否めません。プロアクティブの方は賢くて美人、Mgt. Overrideでしょ()

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

GOV/NPOIFRSを確実に得点源にする。IS/BS/CSは比較表を作る

SIM対策は仕訳を整理する。慣れるとマルチより簡単な問題が多い。

BEPS/DEPS, Depre/Amorti/Capit/Exp, CL, Bonds

REG

税法を中心に。商法のSIMは見たことがない。S CorpCircular230を得点源にする。

Form1040は丸暗記、スケジュールEまで書いて覚える。

MACRS,個人からEstateFiling Date(選択式),Deduction判断とTI計算,

EstateExpense, TrustDNI

AUD

レポートやレターを丸暗記する。PCAOBを得点源にする。

IRCRの区別・増減,Salseサイクルのdetection procedureの選択,修正仕訳とISの影響。

BEC

マルチ勝負だが、WCでは文章の構成だけでも書ける様に準備する。3way4way Analysisは無視。

ERM/COSO,COBIT,2way Variance, Balanced Scoredcard, DOL, Ave.AR, ROI, Banklock box

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

FAR受験時に仕訳のノートを作っておくべきです。簡単なものも漏らさずに50以上。

AUDREGSIMでも修正仕訳が問われた記憶があります。

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

ハワイで受験するのはやめましょう。スタッフの対応が不適切です。

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

これからフルに役立てます。海外移住を目指します。

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

■これからUSCPA合格を目指す方へ

他校で駄目だった凡人で45歳の自分がプロアクティブで全科目合格できました。

有名大学や海外大学卒でなくても大丈夫。昨日覚えたことを半分忘れてしまっても大丈夫。テキストを理解出来なくても大丈夫。学問ではなく、試験に受かるための勉強だから。合格に要する時間は受講生サイトの問題を90%の正解率にもっていくまでの個人差だと思います。Checkpoint全問解説の上、ワイリーまである。おまけにスーパーシミュレーションまで無料公開、まさに進化する教材。安くて、至れり尽くせり。

 

■勉強中の方へ

肉体的に精神的にもつらい苦しいと感じている方は、自分を生きています。あなたの地味で地道な努力に対し、他人は敬意を払わないかもしれません。実際気持ちが萎えることはあるけど、継続あるのみ。合否は自分との対峙の仕方で決まると思います。私は学ぶことの楽しさと言う高尚な概念は未だに理解していませんが、目標に向かって走っていた自分は幸せ者であったと思います。

 

■試験当日の心構え

前日から水分を少なめにする。早めにチェックインする。スレット130分でサクッと解く、スレット2の難問・奇問にイライラしない。50分かけても良い。スレット23の問題がグッと難しくならないと感じても不安にならない。それでも科目合格したことがあります。ビビらない、焦らない、最後までマイペースを貫く。SIMはとにかく落ち着いて問題文を読めば、あちこちに落とし穴が見えるようになります。

 

 

13、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

ランチタイム講習、ありがとうございました。毎月元気を頂きました。人生において大きな財産を頂きました。これからも多くの方に夢や希望を与え続けて下さい。



nycpa at 14:19 この記事をクリップ!

September 02, 2016

土曜日は

午後1時から

USCPA 無料セミナー BY ME

Join Me this Saturday 1PM

AT  our school

 
合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら       DSC05153

nycpa at 18:33 この記事をクリップ!

August 30, 2016

Join Me

USCPA セミナー 水曜日 7PM




DSC05153AT  OUR school

 合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら        

nycpa at 10:10 この記事をクリップ!
Profile

佐々木 洋和


米国公認会計士の短期合格なら、佐々木洋和(ニューヨーク州公認会計士)


ニューヨーク州公認会計士

米国公認会計士協会・正会員

PACE University(NY)卒
NYのErnst & Young、Arthur Andersen勤務を経て、
現在はUSCPA 受験予備校 No.1、株式会社プロアクティブ代表取締役

無料体験セミナーは HP見てね 
ここを Click してね!
訪問者数

  • ライブドアブログ