ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

トップページ > >

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆらぎ荘の幽奈さん第11話.mp4_001225116_stitch

気にすんな

俺の目には、ってる


肝試しの最中に巨大な妖怪に襲われるコガラシたち。クラスの男子が封印を

倒してしまったことから起こった事件に巻き込まれるも、コガラシはそれを

見事に解決し、一目置かれることに。

そんなことがありつつ、チークダンスや露天風呂で臨海学校を満喫した彼らだ

ったが、その後の期末テストが控えていて、その対策に一緒に勉強をすること

になったコガラシと狭霧。しかし、そんな中で朧がコガラシに気を引かせよう

と差し入れに惚れ薬を仕込んで・・・?


そんなわけで、第11話は臨海学校後編&テスト勉強を巡る話が展開。

前回出現した巨大妖怪の事件を解決し、その後のチークダンスでも周りを

気にせず見えない幽奈さんと踊り男を上げたコガラシ。そんな二人のイチャイチャ

っぷりが止まらない今回となっていますw

その後、期末テストが迫り、一緒に狭霧ちゃんと勉強をすることになった

コガラシ。しかし、そこに朧さんが惚れ薬を仕込んだことからまたもや事件が!?

そんなヒロインたちの恋愛事情が、今回もお色気たっぷりに描かれる第11話で

ありますw

 
感想は以下の続きからお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【ゆらぎ荘の幽奈さん第11話「チークダンスと幽奈さん/期末テストと狭霧さん」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術第12話.mp4_001304970
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術第12話.mp4_001332581

私もひと肌がせていただきます!

アリシアの謀略によって真の魔王の姿に覚醒してしまったクレブスクルム。

瀕死のレムの姿の我を失った彼女は人族に対して憎悪をむき出しにして暴れだす

のだった・・・

それに一人立ち向かうディアヴロ。回復薬をすべてシェラに渡してレムの救出に

向かわせた彼はギリギリの戦いを強いられていた。

はたしてディアヴロは荒ぶる魔王を鎮め、元の姿に戻すことはできるのか!?


そんなわけで、第12話はラストエピソード。アリシアちゃんの企てによって

覚醒してしまったクルムちゃんとディアヴロとの、まさにサブタイ通りの

『真贋対戦』が繰り広げられる今回となっています。

レムちゃんを目の前で痛めつけられ、理性を失ってしまったクルムちゃん。そんな

彼女の人族への憎悪をどうディアヴロは鎮めることはできるのか。シリアスな中でも

ギャグやお色気がたっぷりと散りばめられた、まさにサービス満載な最終話で

あります♪


感想は以下の続きからお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術第12話「真贋対戦 」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
img561

しょ、しょ、しょ、・・・

処女っ、いいいいりませんか・・・!? 

天性のルックスと、演技力を持つスーパー女子大生・間宮ルキナ。

二十歳になったばかりの彼女はその才能で歌手やファッションモデル、

そして女優としてその才能を開花させていた。

現在人気絶頂のルキナだったが、そんな彼女が今一番気になっているのは、

自分のために奔走するテレビ局のしがないADだった!?

そこで彼女はその冴えないAD・空木巧海の自宅を調べ上げ、突入し、

処女を捧げるといきなりとんでもない告白を始めるのだった💧

そんな告白にドン引きしてしまう巧海だったが、彼女が間宮ルキナだと

知った彼は真剣な恋心を知り次第に恋に落ちていくのであった。

しかし、そんな彼女にはそれとは別に秘密があり・・・?


そんなわけで今回はグランドジャンプ10/3号を購入。

本誌では弓月光さんの画業50周年を記念して特集が展開。

そのなかで、『すんどめ!!ミルキーウェイ』のふなつかずきさんによる弓月さんの

あの名作『みんなあげちゃう』の続編が原作者の弓月さん監修によるストーリーで

描かれることとなる本作となっています。

そんなふなつかずき版『みんなあげちゃう』では、前作のヒロイン・間宮悠乃の

娘である間宮ルキナが登場!ふなつさんによる美麗な絵柄が前作に負けない

くらいのエロスを醸し出す、まさに競艶な本作であります♪


 
感想は以下の続きからお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【グランドジャンプ(20) 2018年 10/3号「弓月光氏のあの名作をふなつかずき氏の手によって現代に復活!子供の頃の性の目覚めが今に蘇る♪」レビュー・感想】

このページのトップヘ