ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

2015年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加


魅零さん、わたしこの力があって

初めて嬉しいと思いました

みんなを元に戻せる、幸せに出来る

さぁ、こう・・・! 


AAA機関と百華の探し求めていたターゲット。それこそヴァルキリー・

エフェクトを発動させたまもりそのものだった。

そのことに気づいていた百華はまもりをアジトへとさらい、心を開こう

としない彼女に無理やり性的快感を覚えこませ、強制的に自分とのドライヴ

を果たし、まもりを快楽堕ちとともにアーム化を成功させることに。

一方、そんなまもりを百華の手から救い出すためにフェステへと向かった魅零。

レディ・レディや霞の&ひびきの助力を受けながら百華への最終決戦を

彼女はパートナー奪還のために挑むのだった。

はたして、 そんな魅零にまもりを取り戻すことはできるのか。


 そんなわけで、12話に渡って描かれたまもりちゃんと魅零ちゃんとの

百合百合しい物語もいよいよ最終回!

百華ちゃんによる陥没乳首挿入プレイですっかりと快楽の虜となって

体を堕とされたまもりちゃん。そんな彼女は百華ちゃんの快楽浸けから

絶頂へと導かれドライヴを果たし、アーム化をしてしまうことに。

そんな元パートナーに大切な人の体を弄ばれ、心が折れそうになりながら

も周りの女の子たちの助けを借りながら取り戻そうとする魅零ちゃんの

姿が描かれる今回となっています。

そんな魅零ちゃんに裏切られた恨みを晴らし、さらには手にしたヴァルキリー・

エフェクトの力を拡大させ、その強大な力に魅入れてしまい組織を出し抜き、

暴走を始める百華ちゃん。そんな二人の決着の行方も気になる第12話であります。

そして、特殊EDではもう一つのヴァルキリードライヴの物語、

ヴァルキリードライヴ・ビクニの登場キャラクター神楽坂倫花(CV:洲崎綾)

と神楽坂乱花(CV:伊藤かな恵)の姿もあり、2つの人工島での物語が一つに

重なっていくという演出が。

重なる心、響きあう体

やがてひとつになる物語


そんな公式ページの謳い文句のとおりに2つの物語が同じ世界観のもとに

構築されていたことが明かされることとなる最終回となっています。

はたして、そんなまもりちゃんたちの人工島・ビクニでの戦いは描かれる

のか、物語の続きが実に気になる引きのヴァルキリードライヴマーメイド

であります。


  【ヴァルキリードライヴ マーメイド第12話「ヴァルキリー・ドライヴ」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加




私、変なスイッチ入っちゃったかも♡
 
 
太平洋に浮かぶ巨大な人工物・タルタロス。それは世界の敵、

そして風見雄二の宿敵、ヒース・オスロの居城だった。

彼は静かに待っていた、己の野望を成就す るための最後の鍵・風見雄二が

再び自らの眼前に現れるその瞬間を。

そして、復讐の鬼と化した雄二がタルタロスに降り立った時、

彼は歓喜の声をあげるのだっ た。

一方、タルタロスへと赴く雄二を見送った美浜の少女とタナトスは、

愛しくも罪深い彼が帰ってこられる場所を作るため、

ある計画を開始していた。

心の安らぐ場所──「楽園」を手に入れたい。

ささやかだが切望された願いを叶えるため、皆が最後の戦いへと臨む。

(公式ページより)

そんなわけで、今回で最終巻となるグリザイアの楽園第5巻を購入。

第5巻には第9・10話が収録され、ヒロインたちの手によって政府の交渉材料

となっていた雄二を取り戻し、そんな彼が再びヒース・オスロとの因縁を

断ち切るために再び彼の前に自分の意志で立ち塞がる姿が描かれる本作と

なっています。

そして、その中で、今はなき麻子の『生きろ』という言葉に押されて生きる

ことに希望をつなぐ雄二。そんな彼を楽園で帰りを待つヒロインたちとの

絆の強さがなかなかに切なくてちょっぴりクスッとさせられる最終回であります。

はたして、自分と同じ顔を持つテュポーンとの戦いに傷つきながら

宿敵オスロの元へ行く雄二の運命は・・・

そんな彼の生き様が気になる第5巻です。


そして、そんなおまけアニメは本編とはガラッと趣を変えて、

一姫ちゃんと天音ちゃんのエッチなマッサージをする話が展開♪

タナトスさんとしてずっとカプセルで眠っていて体がなまっている一姫ちゃん。

そんな彼女ためにお風呂で一緒に体を解すこととなる天音ちゃん

であります。

しかし、久しぶりに一姫ちゃんと会えた天音ちゃんは絶賛甘えん坊モード

実施中♡そんな彼女の過剰なスキンシップが炸裂しまくることにw

乳首と乳首をこすり合わせて感じまくる、そんな二人の百合百合しい

姿がまさに最終回にふさわしい特典アニメですw
  【グリザイアの楽園 BD第5巻「特典アニメは天音と一姫のエッチなマッサージ♪最終回は百合で綺麗にまとまったな!」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加



刃更、早くて・・・♡ 


 先代魔王の娘である澪と、その妹でありサキュバスの万理亜。

ゾルギアとの戦いを終えた刃更は、その2人の妹との平穏な生活を

取り戻していた。

学園では体育祭の準備に追われる刃更だったが、

ある日、魔法で操られた人間に襲われてしまう。

学内で感じた謎の視線を思い返し、ある疑惑を深めていく が……。

(公式ページより)

今回は新妹魔王の契約者BURSTを購入。

第1巻では澪ちゃんの育ての親の敵であるゾルギアとの戦いを終えて

平和な学園生活を送る刃更たちの様子から始まり、また新たな事件の

予兆が描かれることに。体育祭で予期しない人物の意外な正体が明かされ

ていくこととなる本作であります。

そんな中で更に強さを求める澪ちゃんと柚希ちゃん。そんな二人を今期も

うまく言いくるめて刃更とのエッチな調教プレイへと強引に持ち込む

万理亜ちゃんのロリエロサキュバスぶりが炸裂することにw

DC版では胡桃ちゃんがその餌食になって刃更と実姉の柚希ちゃんに責められ

ることとなる彼女であります。

そんな胡桃ちゃんは姉に腋を舌で責められ、その背徳的な快感に思わずイッて

しまう♪ 今回もエロすぎる内容が盛り沢山な第2期となっていますw  【新妹魔王の契約者BURST BD第1巻「DC版追加映像は胡桃の性感開発!姉に腋を責められエッチに喘ぐ妹。その背徳感がたまらん♪」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


リト、今も気持ちは変わらない?

私の事、好きでいてくれてる?

もしそうだったら・・・

キスっていうのをしてみたいの・・・


ララは春菜と一緒に恋を頑張るため、春菜をリトに近づけようと考える。

しかしペケは、ララ自身の恋も考えるように助言。

楽園計画の正妻ポジションであるラ ラを重要視するモモは、

姉を焚き付けるために恋愛ゲームで男女の愛をレクチャーすることに…。

その夜、リトの入浴中に久々にララが乱入。ララはモモに教 わった

「恋人同士がする特別なキス」をリトにねだる。

いつもの無邪気なララと違う態度を前に、リトが取った行動とは…!?

(公式ページより)


今月二本目のTo LOVEる ダークネス2ndの円盤第5巻を購入♪

今巻でもリトさんのラッキースケベはヤミちゃんに言わせれば能力の域に

達するほどにw

その言葉のとおりに今回もデビルーク姉妹に乳揉みだけでは飽きたらず

生クンニをしたり、クラスメイトとの複数プレイを炸裂させるリトさん

でありますw

そんななかで、9話ではララちゃんがキスに目覚めてリトに真面目な恋愛

アピールして、その切ない胸の内を明かしたり、10話では犬猿の仲だった

お静ちゃんと芽亜ちゃんとの歩み寄りなど、えっちぃハプニング続出の中で

さり気なくそんなほっこりとする暖かなエピソードも描かれる第5巻と

なっています。

そして、そんな中で秘密にしていたトランス能力をみんなの前で使ってしまい

トランス兵器であることがバレてしまう芽亜ちゃん。そんな彼女に自分の妹

だと自ら打ち明けるヤミちゃんの心の成長も描かれることに。

はたして、そんな二人の姉妹の絆の変化も気になる今回です。

もちろん、これまで同様にえっちぃ部分は完全に解禁♪

既巻以上にこだわった乳首描写が嬉しい第5巻となっています。


  【To LOVEる ダークネス2nd BD第5巻「今回もお風呂で学校で裸三昧♪ついにリトさんのラッキースケベが能力の域に!?」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


おはようからおやすみまで

 床にお風呂にご不浄まで

すべて私達がお世話いたします・・・♪ 

皇女・アンジュのオシュトルへの恋慕が引き起こした狂言誘拐で

そのことが帝の耳に届きそれが実際の誘拐事件だとムネチカから

伝えられた帝はそのハクの武勇を気に入り、褒美として彼を宮殿へと

招き、謁見を許されることになるのだった。

そんな中で彼は、鎖の巫(カムナギ)と呼ばれる双子の巫女を賜ることに。

そうして、白楼閣に居候をすることとなった鎖の巫・ウルゥルとサラァナは

ハクの身の回りの世話をし始める。それはもう、下の世話から何もかも・・・♪

しかし、そんな突然の同居人にクオンを始めヒロインたちは面白くないw

はたして、ウルゥルとサラァナを託した帝の思惑とは・・・


そんなわけでまたもハクのまわりに女の子の同居人が♪

それが帝の命令によってでも面白く無いクオンちゃんをはじめとするヒロイン

たちのリアクションが面白い今回であります。

しかも、そんなウルゥルちゃんとサラァナちゃんはハクに対してどんなエッチ

なご奉仕でも厭わないという筋金入りwwww

二人に振り回されっぱなしのハクですが、そんな二人はホノカさんの娘であり、

鎖の巫(カムナギ)と呼ばれる能力者。彼女たちをなぜ帝がハクの側に置こうと

したのか、その真意も気になる第12話となっています。



  【うたわれるもの 偽りの仮面第12話「鎖の巫」レビュー・感想】

このページのトップヘ