ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

ハイスクールD×D BorN

    このエントリーをはてなブックマークに追加


乳が見たいがためにここまで復活するなんて

どんだけスケベなんだよ!

根性無いとか言ってしっかりあるじゃねぇか!?
 
俺にも負けないスケベ根性がよ!!

 
冥界からオカルト研究部を頼って人間界へとやってきたレイヴェル・

フェニックス。

その理由は兄であるライザーが一誠とのレーティングゲームで負けた

ショックで引きこもり状態になってしまっていたからだったw

 そこで、リアスに冥界にあるライザーの屋敷に来てもらい、少しでも元気

づけてやってほしいと頼み込むのだったが、責任を感じた一誠はみずから

ライザーを立ち直らせるべくライザーの根性を叩き直すことを申し出る

ことに。

はたして、そんな一誠とライザーの特訓の成果は如何に。


そんな訳で今回は ハイスクールD×D DX.2 限定版を購入♪

その付属アニメをご紹介です。

そんなTV未放送第13話は、第1期でリアスちゃんの婚約者だった

ライザー・フェニックスとの後日談w

イッセーにフルボッコされたライザーがそのショックで引きこもりに

なってしまうというエピソードが展開される今回であります。

それを気に病んで人間界へとやってきたレイヴェルちゃん。そんな

健気かわいい彼女のイッセーへの淡い恋心の様子がたっぷり楽しめる

内容となっています♪

そして、そんな彼女を始めヒロインたちのおっぱいも♪

第3期本編ではちょっと未消化気味だった熱いバトルと、エッチな描写。

その両方が凝縮されている、そんな一挙両得な第13話であります。

レイヴェルちゃんの乳首解禁、キターーーーーーッ!  【ハイスクールD×D BorN TV未放送第13話「蘇らない不死鳥」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加



ミルルン ミルミル ~

眩い魔法で凶悪魔神をたくさん

させちゃうんだ~もん♪ 



ディオドラ・アスタロトのレーティングゲームに乗じた 卑劣な罠で

アーシアを奪われてしまった一誠たち。彼女を助けるために神殿へと

急ぐ彼らは戦力を分散させて先を目指すことに。

そうして、オーディンたちの力を借りながらむかった神殿だったが、

そこで待ち構えるディオドラの眷属達の完璧な連携攻撃の前に苦戦する

一誠は新必殺技で立ち向かい敵を撃破してゆく。

その頃、木場の目前に現れたのは異形と化したカオス・ブリケードの

フリードだった。

フリードの口からディオドラのアーシアを手に入れる目的を知った木場は

怒りを胸にフリードと相対する。

そして神殿最深部へとたどり着いた一誠はディオドラとついに対峙する。             
 
はたして、その一誠たちの戦いの行方は。


そんな訳で今回はハイスクールD✕D第4巻を購入。

第4巻ではレーティングゲームを前にしてそれぞれのキャラと特訓風景や、

イッセーとヒロインたちのイチャイチャ展開が楽しめる決戦前夜の第7話と

卑怯なディオドラとやり口に怒りが爆発するイッセーとのアツいバトルが

繰り広げられる第8話となっています。


そして、そんな第4巻での特典アニメはソーナ&セラフォルーのシトリー姉妹

の魔法少女コスプレが展開されることに♪ 普段真面目な生徒会長・蒼那さん

をいつもの甘えた上目遣いで彼女を丸め込み、魔法少女コスを強要される

かわいいソーたんの様子がたっぷりと描かれる今巻となっています。

ソーたん&レヴィアたんの姉妹魔法少女コス、キターーーーーッ!





  【ハイスクールD×D BorN BD第4巻「特典アニメはソーたんとレヴィアたんの魔法少女対決!?ああっ、いつもクールな蒼那会長があんなことに♪」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


私、体と胸はちっこいですけど

ちゃんと・・・エ、エッチできます

覚悟はできてますから・・・♡ 

 
夏休みも終わり二学期が始まろうとしていた矢先、

駒王学園へと転入してくるイリナ。

早速オカルト研究部に入部し、一誠の家で下宿することに。

その日の夕方、イリナの歓迎会のため商店街へ買い物に向かう

一誠とアーシア。

そこでかつてアーシアが教会を追われる原因となった悪魔

ディオドラ・アスタロトと遭遇する。

ディオドラは一方的にアーシアに求婚するとその場から立ち去ってしまう。

それからというものアーシアに対するディオドラのアプローチが徐々に

激しくなり一誠は面白くなくなってきていた。    (公式ページより)


そんな第3巻はアースガルズの悪神・ロキとの死闘が描かれ、その中で

小猫ちゃんの成長や朱乃さんの和解、そしてリアスちゃんのイッセーへの

煮え切らない態度に対する不満が芽生えたりといった物語のターニング

ポイント的部分が散りばめられたエピソード。

そして、さらにはアーシアちゃんへの熱烈なプロポーズをしかける

ディオドラ・アスタロトとの確執も始まる今作となっています。

アーシアちゃんを守ろうと意気込むイッセー。しかし、そんな

彼にリアスちゃんの心は・・・


そして、そんなちょっぴりシリアスな本編とは違って特典OVAでは

覇龍(ジャガーノート・ドライブ)」による暴走によって消耗した

イッセーを小猫ちゃんが優しく仙術で癒やしてあげるエピソードが展開♪

さらには心を許した小猫ちゃんが自分たちのために傷ついた彼に甘えなが

ら房中術(性器同士を結合させて気を巡らすこと)をおねだりする姿が♪

はにかみながらエッチをせがむ小猫がじつにたまらんエピソードが

収録されている第3巻となっています。





  【ハイスクールD×D BorN BD 第3巻「特典OVAは小猫ちゃんのご奉仕房中術!はにかみながらエッチをおねだりする姿がかわいすぎる♪」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


下着はが一番♪

レースをあしらったこの上品さ

ああっ、これこそ神の使徒にふさわしい下着よ!

 
北欧神族が同盟に加わる調印式が執り行われようとしていた時、

北欧神ロキが突如、乱入し異議を申し立てる。

臨戦態勢のロキを相手に悪魔、神、堕天使が協力して迎え撃つことに。

一方、一誠とリアスは様子のおかしい小猫を追いかけて行くと森の中で小猫の姉、

黒歌を目撃する。

カオス・ブリケードのメンバーである黒歌、美猴と戦闘になるがその最中、

一誠のブーステッド・ギアが反応しなくなる。

原因不明の状況に苦悩する一誠がバランスブレイカ―として覚醒するため

導き出した結論とは…!?    
 
 
アニメ第3期の2巻目は夏休みを利用して魔界へ合宿に向かい修行を始める

一誠たち。そして小猫ちゃんを連れ戻しにきた黒歌さんとの小競り合いの様子が

描かれることとなるエピソード。

そして、そんな中でリアスちゃんのおっぱいを突いてバランスブレイカーへと覚醒に

至る一誠が実にこの作品らしさを物語ってくれる今回でありますw

そして、一転して悪神ロキとの対決で一気にシリアス展開となる第4話。はたして

そんな彼らの戦いの行方が気になる本作となっています。


さらに特典アニメではそんなシリアス展開とは無縁に教会美少女トリオの更衣室

での女子トークが炸裂!自分たちのかわいい下着を見せあいながら下着品評会を

繰り広げるアーシア・ゼノヴィア・イリナの3人娘のキャッキャウフフな会話と下着姿が

堪能できる内容となっています♪

イリナちゃんの純白下着やアーシアちゃんのピンクの勝負下着が実にけしからんですな♪




  【ハイスクールD×D BorN BD 第2巻「特典アニメは教会トリオの下着見せあいっこ!キャッキャウフフな女子トークがたまらない♪」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


先生のを好きに触らせてあげるわ♪

リアス、アーシアに加え朱乃、小猫、ゼノヴィアとも同居することになった一誠。

待望の夏休みと思いきや、グレモリー眷属は夏休みの恒例で冥界へ行くことになった。

列車で冥界へ向かう一誠たちだがグレモリー領へ到着する直前に列車が緊急停止する。

すると突如、強制転移させられ、巨大なドラゴンが姿をあらわす!

容赦なく攻撃を仕掛けてくるドラゴンに対し急遽、

朱乃が指揮し迎撃するも効果的なダメージは与えられない。

なおも迫りくるドラゴンに絶体絶命かと思われたその時…!(公式サイトより)


ハイスクールD✕Dもいよいよ第3期突入!

そんな第1巻目ものっけからおっぱい三昧の今作品であります♪

夏休みに入って冥界に里帰りするリアスちゃん。そしてそこで新たな出会いと苦悩が始まる

今回となっています。

そんな第1話は小猫ちゃんとその姉・黒歌さんとの因縁の物語が展開。はたして2人に何が

あったのか・・・


そして、恒例のオマケ映像は、今回は今までとはちょっと違ってこれまでディレクターズカット

版として本編に挿入されていたものが独立して一本のエピソードとして追加されることに。

第1話目は、本編でもイッセーを巡る熾烈な女同士の戦いを繰り広げてきたリアスちゃんと

朱乃さんがコスプレ&イメージプレイで対決という流れに♪

そんな2人のエッチな攻勢にデレまくりなイッセーの様子が描かれる本作となっていますw

【ハイスクールD×D BorN BD第1巻「特典アニメはリアスと朱乃がイメージプレイでイッセーを誘惑♪女同士の戦いが遂にここまでエスカレート!?」レビュー・感想】

このページのトップヘ