ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

山田くんと7人の魔女

    このエントリーをはてなブックマークに追加


言ったでしょう、私にはきな人がいるって

なのにどうしてこんな気持ちになるの

山田くん、あなたは一体誰!?


猿島マリアからの「魔女の能力を消してほしい」という依頼をきっかけに玉木 真一が

キスをした魔女の能力を吸い取る能力」を持つことを知る超研部のメンバーたち。

そこから彼らはその能力をマリアに使わせるために彼の出す条件を飲むために生徒会

へと交渉を始める。

しかし、そこでも生徒会長・山崎春馬から7人目の魔女を探し当てろ、という条件を更に

加えられることに。

そこで彼らはその魔女の手がかりを知る宮村虎之助の姉・レオナに会うことに。

レオナはその魔女の『記憶喪失』の能力から逃れるために登校拒否をしていたのだった。

それというもの、その7人目の魔女の能力は、7人目の魔女の名前を知った瞬間、魔女に

関するすべての記憶が消されることになるらしい・・・

そんな状況下でレオナからその7人目の魔女の名を聞き出す竜。

果たして竜に起こったこととは・・・?


今回は、せっかくいい感じに纏まりそうだった竜とうららちゃんとの恋愛事情に試練が!?

7人目の魔女はなんと、魔女に関する記憶を消してしまう能力。

そんなとんでもない能力で最終回まで残すところ後2回で2人の関係はどうなってしまうのか。

竜のうららちゃんへの気持ちの強さが試されるクライマックスへ向けて盛り上がりをみせる

第10話であります。


【山田くんと7人の魔女第10話「俺と付き合ってください!」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


だって、私

もうあの頃の自分に戻る気なんてないもの

だから、お願い、ず未来を変えて!



朱雀祭の開催される中、竜の所属する超研部は猿島マリアの未来予知能力をコピーした

竜の絶対的中占いで大繁盛することに♪

しかし、そんな中、マリアは恋愛のじゃまになるからと自分の魔女の能力を消したいと

竜に話しかける。

そんな彼女のために滝川 ノアからの情報を元に魔女の力を消せるという玉木真一の元を訪れる。

相手の能力をコピーする竜の能力に対し、玉木はキャプチャー(吸い取る)の使い手で、

今はとある魔女から奪った『明人間の能力』を持っていたのだった。

そこで、玉木は竜の以来を受ける代わりに山崎会長が誰を後継者にするか調べることを

条件に出してくる。

果たして、玉木の思惑とは・・・

こっちの朱雀祭はOVAとは違って地味なのねw

そんな朱雀祭の中、猿島マリアちゃんの依頼で能力を消して欲しいと言われる竜は次期生徒会長の

座を狙っている玉木真一と交渉を開始。どうやら彼も竜と同じく魔女の能力を操ることができる

いわゆる『魔女殺し』の能力を持っていることが判明する今回であります。

しかし、そんな中で、竜は自分がうららちゃんのことが好きだとはっきり自覚することに。

だが、その一方で玉木とのやりとりの中で彼が生徒会長になる未来をみた竜は、その傍らにいる

すっかり生気をうしなった秘書のうららちゃんの姿をみてしまうことに・・・

そんな彼女を心配する竜。はたして彼はそんなうららちゃんの未来を変えることができるのでしょうか。
【山田くんと7人の魔女第9話「必ず未来を変えて」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


合宿から一週間後の夏休み真っ最中、

とでもねぇ事件がきちまった・・・



いや、パンチラがどーとかじゃねーけどねw

山田竜の補習合宿を通して3人目の魔女・大塚 芽子から4人目の魔女の情報を得た

超研部だったが、その当人・猿島マリアの家を訪れる彼らが見たのは引きこもって学校を

休み続けている彼女の姿だった。

その理由をマリアと2人きりになって事情を聞く竜。すると彼女は自分の能力が

「キスをした相手の未来を見る」ものだと話す。

しかも、マリアが学校を休む理由は、朱雀高校の旧校舎が火事になる未来を見てしまった

からだと。その上、その犯人として彼女ばかりでなく竜も犯人に仕立てあげられてしまうことに!?

その真犯人を突き止めるべくマリアにキスをして能力をコピーする竜だったが・・・

果たして彼が見た未来とは・・・


今回は帰国子女で「キスをした相手の視点で未来が予知できる能力」の持ち主の

猿島マリアちゃんが登場♪

のっけから過激なスキンシップを竜にしてきたりとフランクな彼女、これはうららちゃんに強力な

ライバル出現か!?

そして、今回はただのパンツ要員だった寧々ちゃんがなかなかに良いキャラを発揮してくれた

ようでwww

高飛車美少女のドジっ娘スキル、ごちそうさまでした♪





【山田くんと7人の魔女第7話「天ぷらだけはやめてくれぇ!」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


夏だ! だ! クラブハウスで合宿だ!

生徒会副会長・小田切 寧々の『他人を虜にする』能力の騒動から魔女伝説のノートの存在を

知った竜たち超研部。しかしその内容の詳細は、下巻に記されていてそれを見つけるために

彼らは
クラブハウスで合宿を開くことに。

しかし、一人竜は成績不振から漫画研究部の大塚芽子、鶴川秀明、亀田満たちと追試とその

補習合宿に強制参加させられていたw

しかも、その追試で竜たちが合格点を取らない限り下巻がある倉庫の鍵が手に入らない・・・!?

そんな竜に手を差し伸べ入れ替わりに補習を受けるうらら。それで万事解決かとおもいきや、

なんと、入れ替わった竜に芽子が突然キスをしてきた。

その行動を見て急遽元の体に戻るうらら。彼女はその芽子の行動を見て魔女だと確信するが・・・

果たして芽子の思惑とは。


今回も水着&お風呂回♪

OVAにも登場した豪華すぎるクラブハウスで以前の超研部が残した魔女伝説に関するレポート

の下巻を探す竜達の奮闘ぶりが描かれる今回であります。

そして、そんな中で新たな魔女が出現!?

突然竜にキスをする大塚 芽子ちゃんの能力、そして内面の性格のギャップが気になる第6話です。

てか、最近軍隊ネタが流行ってね? 【山田くんと7人の魔女第6話「応答せよっ!」レビュー・感想】

このページのトップヘ