ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

ヘヴィーオブジェクト

    このエントリーをはてなブックマークに追加


ねぇ、クウェンサー

けないよ、私・・・♪ 


オセアニア軍事国家の0.5世代オブジェクトの居場所がフライド評議員

の指示するグレートサンディ砂漠ではなく、タナミ砂漠であることを

突き止めたクウェンサーとヘイヴィアたち。そこで彼らは多国籍軍に

そのことを伝えるも、フライドの命令でその要請は妨害されてしまうことに。

フライドによればオブジェクトによって作り出された『戦争の決まりごと』

がクェンサーたちの起こした『奇跡』によって乱され、無用の混乱と被害が

広がっているというのだ。

だが、そんなフライドの大義名分に真っ向から反発する二人は反対派住民が

オブジェクトの戦火に巻き込まれるまえにそんな彼に戦いを挑むのだった。

しかし、フライドの命令によってミリンダも彼らを救出に出ることができない

この状況に彼らはどんな手を使って反撃に転じようとするのか。

はたしてそんな彼らの運命は・・・


オセアニア軍事国家との戦いもいよいよ大詰め!

オブジェクト同士の戦争での利権のために邪魔なクウェンサーたちを

亡き者にしようと画策したフライド評議員との決着が描かれる今回の

エピソードであります。

そんな妨害に増援が見込めない二人はまたもお姫様のために奮起♪

そして、そんな彼らに命令が解除されてすっ飛んでいくミリンダちゃんと

ベイビーマグナムがめっちゃかわいい第8話となっています♪

まさにメカと美少女の相乗効果といったところかw

そして、ラストは・・・♡

デレまくりなミリンダちゃんとフライドの失脚ですっきりな今回であります♪






  【ヘヴィーオブジェクト第8話「蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦Ⅲ」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加



私、頑張るよ 

 
一発のジャーナリストの、正義を気取った 狙撃によりオセアニア軍事国に

よる反対派住民への大虐殺の引き金となりかねない事件が勃発する。

その独りの身勝手のために引き起こされた、オセアニア軍事国の目論見通りの

状況になってしまったことに、激しい憤りを覚えるクウェンサーたちだった。

しかも、その住民への大虐殺は刻々と迫り、焦る二人。

オセアニア軍事国のオブジェクトを一刻も早く発見し、止めなくてはならない

この状況なのだが、そんな彼らの前には軍規が・・・

二人の意志とは別に動き出す部隊。果たしてクウェンサーとヘイヴィアは

無事住民たちをすくうことができるのか・・・


そんなわけで、ジャーナリストの個人的な正義のせいでオセアニア軍事国に

大義名分を与えてしまい、住民たちが大虐殺の危機に!

現実世界でも、ここまでではなくともよくあるシチュエーションですよね。

狡猾なやり口の敵国に対して敵オブジェクトの位置を探るクウェンサーたち。

そんな彼らの活躍が描かれる今回であります。

ああ、そんな中でもミリンダちゃんのブラチラが麗しい♡
  【ヘヴィーオブジェクト第7話「 蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦Ⅱ 」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤッホー♪

れのオブジェクトの乗り心地はいかが? 



 生身でオブジェクトを破壊するという、人類初の偉業を成し遂げた

クウェンサーとヘイヴィア。

そんな彼らは実績を大きく買われ、次の配属先はジブラルタル海峡で

油田を襲うオブジェクトの活動を阻止するという役回りに。

そこでベースゾーンを破壊する敵オブジェクト【トライコア』を

内部から破壊しようと爆弾を仕掛けた二人だったがそれが見事に

失敗してしまう。

そこにミリンダの搭乗するベイビーマグナムが現れ、その交戦中に

味方のヘリに回収されたクウェンサーだったが、ミリンダのピンチに

彼は再び海中へと飛び込んでしまう。

はたして、そんなクウェンサーに勝機は・・・


今回はまたもオブジェクト同士の砲撃戦となり、苦戦を強いられる

ミリンダちゃんを助けるために奮闘するクウェンサーの姿が描かれ

るエピソード。すっかり彼女を助けるナイト役に収まる彼でありますw

そんな彼にすっかりこころを許した様子のミリンダちゃん♪

彼女のクウェンサーを助けた時のちょっぴり自慢気な顔がとてもかわいい

第5話となっていますw

そして、そんな中でフローレイティアさんも大人の色気を振りまくことに♪

シリアス展開でありながらセクシーな場面も満載の今回でありますw

  【ヘヴィーオブジェクト第5話「親指トムは油田を走る ジブラルタル通行阻止戦Ⅱ」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


私のことを助けてくれた、

本物の・・・友達♪ 

アラスカ前線基地にて『信心組織』のオブジェクトを捕らえられた

ミリンダを救うために破壊することに成功したクウェンサーとヘイヴィア。

その生身でオブジェクトを破壊するという、人類初の偉業を成し遂げた

二人だったが、その才能と功績は高く評価された彼らはそれが災いして

西アフリカはジブラルタル海峡へと送り出されてしまうw

そんな人生勝ち組と高をくくっていた彼らを待っていたのは

『情報同盟』のオブジェクト『トライコア』。

採掘機能を有し、石油をテロ組織に配ろうとしているこの

オブジェクトの侵攻を阻止するため、海峡封鎖作戦が実行される

のだった。

そんなクウェンサーたちの任務は、海上のベースゾーンから

『ベイビーマグナム』を支援するだけのはずだったのだが・・・

彼らはミリンダの搭乗するそれが遅れて来るのを知らされては

いなかったw

またしてもオブジェクトの戦火に巻き込まれる二人。

はたして、そんな彼らの次なる活躍は・・・・


そんなわけで、アラスカの活躍から褒章を受けてクウェンサーと

ヘイヴィアの舞台は今度はジブラルタル海峡へw

そこでも何かと軍上層部の思惑に乗せられてオブジェクトとの対決を

またもや強いられてしまう二人の活躍の様子が描かれることにw

舞台をさらに最前線へと移されてしまい、文句たらたらな彼らで

ありますw

そんな中、クウェンサーたちを本当の友達だとデレるミリンダちゃん

の姿も♪ 戦いの中で3人の絆が深まる様子も描かれる第4話となって

います。 

それと同時に 彼らをオブジェクトにぶつけて何かを画策する軍上層部?の

思惑も気になるところ。はたして、そんな彼らの行く末にはなにが

待っているのでしょうか。  【ヘヴィーオブジェクト第4話「親指トムは油田を走る ジブラルタル通行阻止戦Ⅰ」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


これは!?

やっぱりオレの見立てはしかったぜ! 

けっこうあったぜ、やったぜ、おっぱい♪ 

 『正統王国』アラスカ前線基地に迫る、敵国『信心組織』の氷雪地帯

での戦闘に特化した『ウォーターストライダー』と呼ばれるオブジェクト。

そんな第2世代機に苦戦を強いられるミリンダの搭乗する『ベイビーマグナム』が

ついに大破してしまうことに。しかも、敵はそんな白旗を揚げる『正統王国』の

丸腰同然の兵士たちに追撃を仕掛ける。

 その時、脱出したミリンダから、敵の注意を引きつけるための救難信号が発信される。

オブジェクトの蹂躙から味方を守るため、自分を犠牲にしたその行為に、

愕然とするクウェンサーだった。

そんな彼女に待っているのはレイプ同然の拷問のみ・・・

そこで クウェンサーは一人銃を持ち、ミリンダを救出に向かうのだった・・・

果たして、クウェンサーは『お姫様』を無事助けだすことができるのか。


そんなわけで、オブジェクト同士でのクリーンな戦争のはずが、実はその実態は

旧態然としてなにも変わっていなかったことが判明する今回のエピソード。

『ベイビーマグナム』が大破してしまい、あわや捕虜となってしまう『お姫様』ミリンダ

ちゃんを二人のナイトが助け出そうとする物語が展開される第2話であります。

彼女を助け出すために敵に引き金を引くクウェンサー。 そんな彼の本当の戦い

の幕開けとなる今回です。
 
そんな中でもラッキースケベとは・・・ 鎌池和馬キャラらしいというか、なんというか 【ヘヴィーオブジェクト第2話「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦II」レビュー・感想】

このページのトップヘ