ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

最弱無敗の神装機竜

    このエントリーをはてなブックマークに追加




Yes.低です 


ヘイズの策略によって反逆の嫌疑をかけられ、拘束されるリーズシャルテ。

そんな中、ルクスはラグリード・フォルス率いる反乱軍との交戦を繰り広げ

苦戦を強いられることに。

さらに、クロスフィードにはヘイズの操る第五遺跡・巨兵(ギガース)が迫り、

アスティマータ新王国はその脅威に晒されていた・・・

そしてラグリードとの戦いを突破し、リーズシャルテを開放したルクスだったが、

そこには夜架の姿が。執拗に旧帝国に拘る彼女に剣を交えながらなぜ戦うのか

問うルクス。

はたして、そんな夜架の想いとは・・・?


そんなわけで、最弱無敗の神装機竜も今回で最終回!

ラストエピソードとなる今回では、ヘイズとの決着を軸に、リーシャ様とルクス君の、

きずなの深まりが描かれる事に。戦いを通してお互いの大切さと愛おしさを

実感していく二人であります。

そして、その一方で、夜架ちゃんとの決着も実にルクス君らしいことにw

民を助けるために自分の国を滅ぼしたという王子としての業を背負った

ことを明かして、それに呆れながらも共感を覚えてしまう彼女。そんな夜架

ちゃんも、ルクスハーレムの一員となってしまう今回となっていますw

そんなことがありつつ建国記念祭最終日で、自分の騎士として紹介をする

リーシャ様。そんな彼女を認めたかに見えたヒロインたちでしたが・・・♡

エンドカードには女装したルクス君が再登場♪

おいしいところは全部一人で持って行ってしまった彼でありますw

結局ラストはそこかい










  【最弱無敗の神装機竜第12話「少女の本懐」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


けに出るしか、ない・・・! 
 

建国記念祭に沸き立つアスティマータ新王国。しかし、その裏ではヘイズの

操る陰謀によって帝都奪還計画が開始されようとしていた。それを未然に阻止

するため、ナルフ宰相はルクスに王都襲撃のために用意されているというアビス

100体を引き付ける囮役となるように協力という名のもと、命令を受けることに。

しかも、さらに全竜戦での優勝をすることまでも約束されられる彼だった。

そんな無茶な要求に反発するアイリだったが、ナレフたち4大貴族は騎士団の

強化合宿でのレリィの遺跡調査の件についての責任追及を盾にとってルクスに

それを強要する。

それに仕方なく、その取引に応じざるを得ないルクスはそれを飲み、1日目の

個人戦を終えた彼は戦地に向かう。

しかし、それを待っていたのは・・・


はたして、ルクスは無事その役目を果たすことができるのか・・・


そんなわけで、ルクスとヒロインたちとの関り合いが一通り描かれたところで

ようやく一巡して、再びリーシャちゃんのターン!といった感じのラストエピソード

が展開♪ ヘイズの陰謀によって、アビスとの戦いに赴くルクスが不在の間に

罠にかけられ拘束させられてしまうリーシャちゃんの姿が描かれることに。

それとともにバハムートの使用に時間制限があり、そのことで苦戦を強いられる

こととなるルクスの苦悩が描かれる今回であります。

最終回に向けてシリアス展開の本作、その物語の行方が気になる第11話となっています。

はたして、ルクス君はこれを乗り越えて晴れてリーシャちゃんのナイトに

なることができるのでしょうか。



【最弱無敗の神装機竜第11話「帝国の凶刃」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加



ですが、これだけは誓っていただけますか?

いずれこの国をぼし、

アーカディア帝国を取り戻すと・・・♪


巨大遺跡『方舟』を巡るヘイズの罠からフィルフィを救い出し、しばしの

平穏を取り戻すルクス。

そんななか、アティスマータ新王国では建国記念祭が間近に迫っていた。

数日間に渡って行われるその行事に浮かれるリーズシャルテたちはこぞって

ルクスにデートを申し込むことに。しかし、遺跡でのバハムート使用による

疲労の蓄積と日頃の雑用をこなさなければならない彼には自由になる時間は

限られていた。

そこで学園長のレリィはルクス自らが気になる女の子を3人選んでデート

をするように提案する。

だが、そんな彼女たちとのデートを楽しむ一方で、ルクスは孤島に幽閉されて

いたはずの切姫 夜架と出会うことに。

彼女はルクスに忠実な従者として旧帝国再興を誓うが・・・

 『帝国の凶刃』と呼ばれた夜架がなぜ今頃になってルクスの前に姿を

現したのか。はたしてそんな彼女の目的とは・・・


そんなわけで、おそらくこれがラストエピソードになるであろう、

ルクスと新キャラ・ 切姫 夜架との関わりが描かれることとなる新たな展開を

みせる今回。これまで登場したヒロインたちとのデートで前半部分でイチャイチャ

なルクス君でしたが、そんな彼の前に突然あらわれる夜架ちゃんであります。

そして、夜架ちゃんはルクスに対して旧アーカディア帝国再興を持ちかけ、

それを達成させるための忠実な従者となると一方的に迫り、その証とばかりに

お風呂では積極的にエッチなご奉仕も厭わないという彼女です♪

そんなルクスに急接近の夜架ちゃん。そんな彼女の目的が気になる第10話と

なっています。

ルクス君の一年下でヤンデレオッドアイって、

どんだけ属性詰め込んでんですかぁ!? 

そんなかわいい、夜架ちゃんのソーププレイ、キターーーーッ!
  【最弱無敗の神装機竜第10話「少女たちの報酬」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加



違う!

ボクはダメなんだ、ボクはずっと弱いままで

ボクはあの日、フィルフィが助けてくれたから

今までいてくれたから

ボクは戦うことができたんだ

だからいなくならないで、絶対に

こんどこそ必ず助ける・・・だから!



レリィの指示で空中に浮かぶ巨大遺跡・ 方舟(アーク)の内部を調査する

ルクスたち。そこで彼らは遺跡の中枢へと向かうのだが、その途中でヘイズの

鳴らす角笛にアビスが反応し、否応なく戦いの中へと引きこまれてしまう。

しかも、その角笛の音にフィルフィまでもが豹変してしまう事態に・・・

そんなアビス化したフィルフィを助けたければ自分の指示に従えというヘイズ。

どうやら、フィルフィにはヘイズの従えるラグナレクの種が植え付けられている

というのだ。

そんな一方的な条件を突きつけて姿を消すヘイズ。

その後、フィルフィのことで悩むルクスにレリィからもフィルフィに隠された

真実を打ち明けられる。

そして、このままではフィルフィに残された時間もあと僅かに・・・

そんな彼女に幼いころに自分を救ってくれたことが重なるルクスだった。

それを思い出した彼はどんな事があってもフィルフィを救ってみせると

決意するのだった。

はたして、ルクスは無事フィルフィを助け出すことができるのか。

そして、ヘイズの目的とは。


そんなわけで、今回はフィーちゃんとルクスとの幼いころからの因縁に

ようやく終止符が打たれることとなるエピソード。

小さいころ、王宮を追われたルクスのことを支え続けていたフィーちゃん

の隠された過去と現在が明かされる今回であります。

事あるごとにルクスを慰め、暖かく包み込んできた彼女ですが、その裏では

植え付けられたアビスとの戦いでずっと苦しんでいたことが明かされることに。

そんな自分をずっと隠して、明るく振る舞っていたフィーちゃんが実に健気

過ぎて泣かせるエピソードとなっている第9話であります。

そして、そんなストーリーのラストでは、石上静香さん演じる新キャラ・

切姫 夜架も登場して次回の展開も気になるところとなっています。


圧倒的ヒロイン力を見せるフィーちゃんに後発の彼女がどう食いこむかが

見どころとなりそうですね・・・

つか、リーシャ様がどんどん正ヒロインから脱落しそうな立ち位置になってきてる

のはなぜ!?




  【最弱無敗の神装機竜第9話「約束」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加


フィー・・・

フィー、ってんで♡

強化合宿においてヘイズの送り込んだイカ型のラグナレクを見事撃退

してみせたルクス。そのことからセレスティアの心を開かせるも、

今度は突如して出現した巨大な船の形をした遺跡が彼らの前に姿を現す。

しかも、学園長・レリィによればそれが合宿の本来に目的だと・・・

そこでこの遺跡『方舟』の調査を開始するルクスたちは4つのチームに別れて

遺跡の中へと侵入していくのだった。

するとそこでルクスはクルルシファーと一緒に瓦礫の下で倒れていた少女を

発見することに。

そんな少女を目覚めさせたクルルシファーがったが、彼女、ラ・クルシェ

は自身を『方舟』の統括者だという。 

そんな中、遺跡の中心部へ進むに連れて再びフィルフィーの体調が悪化を始める。

はたして、フィルフィーと遺跡との因果関係とは・・・


そんなわけで、今回から正ヒロインの呼び声の高いフィーちゃんをメインとした

エピソードが展開。海中から姿を現した巨大遺跡・方舟の調査を開始するルクス

たちであります。

そんな遺跡に中で次第に再び体調が悪くなってしまうフィーちゃん。そんな

彼女を心配して中止を呼びかけるルクスだったが、姉のレリィさんはそれでも

遺跡の調査をやめようとはしない・・・

しかも、フィーちゃん自身も。そんな二人の姉妹の間で共有する秘密が気になる

今回であります。

そして、冒頭の幼い頃のかわいらしいフィーちゃんからは想像もできないラストで

の変化。

はたして、そんな幼い頃のフィーちゃんに何が起こっていたというのでしょうか。
 
ああ、にしてもロリーなフィーちゃんが愛らしすぎる♪  【最弱無敗の神装機竜第8話「幻神獣の目覚め」レビュー・感想】

このページのトップヘ