友達の好きな人を 

    誰かに言ったりしないよ?

    天之御船学園の入学式当日の朝、登校するため家を出た雲雀丘 瑠璃は

    橋の欄干の下で犬を抱えて引っかかっている花小泉 杏を発見し、それを

    助けることとなる。

    それがきっかけとなって知り合う二人はお互いに同じ学校で、同じクラスだと

    いうことが判明するのだが、そんな彼女たちは自分たちがなぜこのレベルの高い

    学校に入学できたのかがいま一つ理解できないでいたのだった。

    すると、そこに担任の小平先生から自分たちが〝負の業〟すなわち不幸を背負った

    生徒であることを告げられることに。

    そして、そんな集められた生徒たちの目標は『幸せになること』・・・?

    そう、瑠璃をはじめ、クラスの全員が不幸体質の人間たちだったのだw

    そうして、さっそく幸せになるべく彼女たちに宿題がだされるのだが・・・

    はたして、瑠璃たちは自分たちの不幸を乗り越えることができるのでしょうか。


    琴慈さんの漫画作品が原作で、アニメ化にあたって『バカテス』などを手がけた

    大沼心さんが監督を務めることとなる今作であります。

    そんな本作では原作のちょっと大人びた感じの線の複雑だったキャラたちも

    アニメキャラっぽくブラッシュアップ♪ 全体的にパステルなどの配色も多用され

    原作よりも明るめでスッキリとしたかんじに変化してるのがとっても印象的な作品

    となっていて随所に大沼監督らしさを感じられる作品となっています。

    さて、不幸をテーマにした本作、それぞれに抱える不幸は違いますがそれを

    協力して乗り越える展開となるのでしょうか。ゆるーい百合っぽさが楽しめると

    いいかな♪









      【あんハピ♪第1話「四月七日 不幸な入学初日」レビュー・感想】