ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

僧侶と交わる色欲の夜に…

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000225325


なにそれ

そんな言い方、しくないよ・・・

同窓会で酔いつぶれてしまった美桜を介抱する流れで最後までは

いかなかったものの、関係を結んでしまった美桜と隆秀。

隆秀の強引なエッチから流されてその後彼についていくと、

そこは実家の寺で、美桜は隆秀から自分の婚約者として両親に

紹介されてしまうことに。

そんな自分の気持ちとは裏腹にどんどん進んでいってしまう結婚話w

はたして、隆秀の思惑とは・・・


そんなわけで、隆秀の強引な婚約エピソード。

酔っ払った流れで隆秀とのエッチを許してしまった美桜ちゃんがその後

に彼の実家に連れて行かれて今度はいきなり婚約者として両親に

紹介されてしまうこととなる今回となっていますw

そして、そこで実は隆秀は美桜ちゃんとは別に両親から見合い話が

あり、それを断る口実で彼女を紹介したと明かすことに。

そんな彼に戸惑う美桜ちゃん。隆秀の思惑と快楽の間で揺れる彼女

の姿が描かれる第3話であります。

アニメZoneでは二人のエッチも追加!



  【僧侶と交わる色欲の夜に・・・第3話「カラダの相性は悪くなさそうだと思ったんだけど」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000100233

なお仕事なのに

こんなことしていいの・・・?

中学の同窓会で片想いの男子・九条隆秀と再会した美桜。

密かに彼のことを想い続けていた彼女は酔いつぶれて介抱された

ことを言い訳にして、体を求める隆秀の欲求を受け入れることとなる。

そうして一夜を過ごした二人だったが、そこで隆秀はある場所へと

美桜を連れて行くことに。

はたして、そこは・・・


そんなわけで、同窓会でずっと片想いをしてきた男子・隆秀との

再会をするも、実家の寺を継いで僧侶になってしまった彼にがっかり

してしまった美桜ちゃんのエピソードの続きから始まるエピソード。

しかし、そんな彼は酔いつぶれた彼女を送り、その後介抱しながらも

野獣へと変貌してしまう彼の様子が描かれる今回となっています。

いきなり下着姿にさせられて隆秀からのセックスの要求を突きつけられ、

それを思わず受け入れてしまい、朝を迎える美桜ちゃん。そんな

二人のエッチな関係のその後が気になる展開の第2話でありますw

しかし、 肝心のセックスシーンは・・・

そういえば、制作のスタジオ・セブンって奥さま劇場なんてのも・・・

そういや、そういう会社でしたねっ! 

てなわけで、ComicFestaアニメZONE、もしくはAT-Xの

解禁版が待たれる本作ですw
  【僧侶と交わる色欲の夜に・・・第2話「僧侶だって、恋愛するし、結婚もするし、それに…」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000203536

僧侶の前に・・・俺だってだよ
 
煽られれば 欲情だってする・・・

 
大学生の深谷美桜は中学時代の同窓会に出席して、かつての片想いの

男子・九条隆秀と再会する。そんな彼との久しぶりの再会に運命を

感じる美桜だったが、そんな彼の実家が実は寺で、その後を継いで

僧侶になっていることを知ってしまう。 僧侶となって出家してしまっ

ては色恋沙汰に興味はなくなってしまったのでは、と思い込んで

同窓会だというのにヤケ酒を起こし、泥酔してしまう美桜なのだったw

だが、そんな酔いつぶれた彼女を家まで送ってくれたのはエッチには

なんの興味も抱いていないと思い込んでいた隆秀本人。

しかも、そんな彼は美桜に強引にキスをしながら 介抱するフリをして

服を脱がせ始める。

いきなり聖職者から野獣へと変貌する隆秀。そんな彼に 美桜は・・・?


そんなわけで、 真臣レオンさんの漫画作品が原作がまさかのアニメ化www

同窓会で久しぶりにあった片想いのイケメン男子との再会で 恋が再燃する

美桜ちゃんと仏門に入りイケメン僧侶となった隆秀とのやりとりが

生生しく描かれる本作となっています。

そんな今回では中学時代の同窓会で片想いの相手・隆秀と再会して

胸をときめかすも僧侶となっていて色恋沙汰には興味がないと勝手に

思い込んでしまった美桜ちゃんの絶望の様子が描かれることに。しかし、

その見た目とは違って肉食男子だったことが明らかにw

ヤケ酒に泥酔した美桜ちゃんを介抱するフリをしてエッチにもつれ込んでしまう

二人。そんな二人の恋愛模様が気になる本作であります。

  【僧侶と交わる色欲の夜に…第1話「僧侶の前に…俺だって男だよ」レビュー・感想 】

このページのトップヘ