ヲタブロ 

マンガ・アニメのレビューブログ。最新BD/DVDの比較修正、特典情報はおまかせください♪

妹さえいればいい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_001418250

はぁ・・・

兄さんに本当のこと・・・



居眠りをしてしまい、昔のことを思い出し、夢を見る伊月。

母親が他界して誰とも付き合いのない暗い中学生活を過ごす中、

家政婦の娘である 三田洞彩音が彼の家に頻繁に遊びにやってくること

となる。そんな彼女に淡い恋心を抱く伊月だったが・・・


そんなわけで、第12話は伊月の中学時代の過去エピソード。

母親を亡くして暗い中学生活、そして失恋を経て伊月の小説家を目指す

きっかけが描かれる今回となっています。そんな夢から那由多ちゃんの

膝枕で目を覚まし、アニメ化のお祝いパーティでゲームに興じる伊月。

そんな彼の心の中での葛藤がちょっぴり切ない最終回であります。 【妹さえいればいい。第12話「妹さえいればいい?」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000687061

主人公になりたいんだ、俺は・・・

徹夜明けでダウンの伊月に代わって著者校を編集社に持ち込む京。

そんな中、彼女は可児那由多の担当編集・山県と知り合いとなり、

締め切り間近の那由多のところへと原稿の催促に向かうのだったw

そのやり取りを通して出版社に興味を持ち始める京だったが・・・


そんなわけで、第11話は京ちゃんの編集社訪問エピソード。徹夜疲れで

ぶっ倒れた伊月に代わって完成原稿を編集社に持ち込む彼女の様子が描かれる

今回となっています。そのやりとりを通して編集者という仕事に興味を

持ち始める京ちゃん。そして、その一方で、伊月が那由多ちゃんに一線を引く

理由も明かされることに。そんな、それぞれのキャラクターたちの想いが

興味深い第11話であります。 【妹さえいればいい。第11話「主人公にさえなればいい。」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000418126_stitch

このおじさんは昼間からチ◯チ◯ を

御開帳してご飯を食べるのが仕事なんですよ

以前のお花見で知り合ったことから税理士・大野アシュリーの事務所で

アルバイトを始めることとなった千尋。事務所以外は汚部屋と化していた

彼女の部屋を片付ける彼女はお風呂を使わせてもらったことから自分の

秘密がバレてしまう事となってしまう。

一方、伊月は那由多との動物園、そして千尋との水族館での取材を満喫

することに。

そんな中、鉄道の不具合によって仕方なくタクシーで千尋を実家に送る

伊月だったが、そこで彼は折り合いの悪い父と顔を合わせてしまう・・・


そんなわけで、第10話は千尋の秘密バレエピソードw

税理士の大野アシュリーさんの事務所で働くことになるも、そこでお風呂を

使ったことから実は『弟』ではなく、『妹』だったことが明らかとなる今回

となっています。しかし、そのことを未だに知らずにいる伊月。それには

どうやら家族の、主に父親との確執が原因となっている様子。

そんな伊月の悩みの一端が明かされる第10話であります。 【妹さえいればいい。第10話「悩みさえなければいい。」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000648731
mp4_001255420


三国山蚕

これより修となります!


自身のラノベ作品『妹法学園』のコミカライズを担当することとなった

三国山蚕の原稿が仕上がり、それに目を通す伊月 。その仕上がりは

期待した以上のクォリティで彼は蚕の作画にひと目で魅了されてしまう。

だが、読み進めるうちに一つだけ致命的な欠点が浮かび上がってくるのだった。

それは主人公が全裸ではなく、下着姿にされてしまっていたからだった。

小説にはないシーンの登場で激怒する伊月。

そこにイラストレーター・刹那も巻き込まれどちらがコミカライズにふさわしいか

漫画対決に発展するのだが・・・


そんなわけで、第9話は刹那と蚕ちゃんの漫画対決エピソードw

伊月の小説での妹の全裸シーンをすべて下着姿に描き変えてしまったことから

刹那との漫画勝負が勃発することとなる今回となっていますw

そんな蚕ちゃんは頭にパンツを日常的に乗せているほどの極度の下着フェチで

あることが判明!全裸至上主義の伊月と真っ向から対立する蚕ちゃん。

そんな勝負の行方が気になる第9話であります。

つか、この作品の小説家、変態しかいねぇええ💧 【妹さえいればいい。第9話「全裸と下着さえあればいい。」レビュー・感想】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000044711

ああ・・・残すぎだろ、そんなの・・・


アニメ化失敗の件で自分のことで真剣に泣いてくれた京に恋愛対象と

して意識を始める春斗。 そんな中、那由多が京の誕生日にサプライスパーティー

を開きたいと伊月に持ちかける。そこで彼は春斗と京の仲を応援するために

協力を申し出るのだが、見事に忘れてしまい失敗することとなる。

その後、リベンジに那由多と京、そして伊月と春斗の4人でダブルデートに

出かけるのだが・・・?


そんなわけで、第8話はいつもの4人のダブルデートエピソード。

優しい京ちゃんに意識をし始めた春斗のために伊月がデートを取り持つ

こととなる今回となっていますw

しかし、そんな2人そっちのけで遊園地のアトラクションに那由多ちゃんと

夢中になってしまう伊月。そして、そんな彼を追いかける京ちゃんの視線に

気がついてしまう春斗・・・

そんなデートの結末がせつなすぎる第8話であります。


【妹さえいればいい。第8話「恋と友情さえあればいい。」レビュー・感想】

このページのトップヘ