ヲタブロ(旧館)

マンガ・アニメのレビュー、関連グッズの紹介をしていきたいと思っています。

FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_001285094

そんなことない

ユミル教国も、 エインフォルク家も関係ない

クルルシファーさんは僕達の仲間で、今は僕の

・・・パートナーでしょ?

そんな寂しいこといわないでよ・・・ 

バルゼリッドの独断先行によってディアボロス型のアビスの爆発に

巻き込まれたルクスとクルルシファー。そんな二人は遺跡へと引きこまれ

てしまい、その中心部の祭壇へと向かうことに。

すると、祭壇はクルルシファーに反応し、扉が開放される。それと同時に

壁が崩落を始め、二人は更に奥へと避難するのだった。

そこで、クルルシファーは自分が遺跡の生き残りであること、そして

そんな自分と家族の関係、そしてそのことでずっと悩んできたことをルクスに明かし、

それに彼を巻き込んだことを謝るのだった。

こうして、その後遺跡から無事生還した二人だったが、

クルルシファーは、バルゼリッドとの決闘に彼を薬で眠らせ単身で向かうことに・・・

はたして、クルルシファーの決闘の行方は・・・?



そんなわけで、今回はクルルシファーさんとルクスとの絆が深まりまくりな

エピソードw 自分が遺跡の生き残りだと告白し、家族からもそのことで

疎まれ続けてきたことを話すクルルシファーさん。しかし、そんな彼女に

自分もまた王族と民衆の間で疎まれてきた過去を持っていた、とルクス。

そしてさらに、決闘に巻き込みたくないというクルルシファーさんが睡眠薬で

アイリちゃんの協力のもと、眠らされるもそれに参戦。彼女の窮地を自分の

ピンチも顧みずにアツい戦いを展開させ、その天然っぷりでクルルシファーさん

の恋心を激しく刺激してしまう彼でありますw

そんな彼女のデレに気づかず無防備なルクスは思わず彼女の情熱的なキスを

2度に渡ってされてしまうことに♡

それを目撃したリーシャちゃんとの恋の鞘当ての行方が気になる第5話でありますw


それに加えて、ルクスが話す自分の過去話でフィーちゃんに救われたという

ところが実に泣かせる話となっている今回。いつもはなにも考えてなさそうな

彼女ですが、ひょっとしたらフィーちゃんの笑顔はそんな彼の為を思っての

ものかもしれませんね♪ 意外とフィーちゃん、侮れねぇ♡



新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。

お手数ですが移動をお願い致します。


http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/47764181.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000733178

ここなちゃん、勉強をえて!

学校も勉強も、アイドルの活動も

マジ、かる~くなんとかしてみせる🎶

いつもの死体役ではなく、ドラマの出演が決まった小麦。そんな

大抜擢に大喜びの彼女だったが、カバンから覗いた0点の回答のテストを

社長の愛に見られたことから勉強がちゃんとできていなければドラマ出演は

キャンセルすると言われてしまう。

そこで小麦は次のテストで全科目赤点を取らなければドラマ出演ができるという

社長の課題をクリアするべく、ここなに頼んで勉強会をすることに。

そこには優斗やツカサの姿も・・・

それぞれの思惑の中、はたして小麦は無事テストをクリアすることが

できるのか。



そんなわけで今回は勉強会を中心に、仕事に頑張る小麦ちゃんたち魔法少女の

日常をエピソード。 それに絡んで仲のよさ気な幼なじみの優斗との仲を

疑うツカサちゃんも参戦することに。

そんな仕事に、恋にそれぞれ頑張る彼女たちの姿が描かれる第5話となって

います。

しかし、勉強会を開くも、ついつい脱線してしまう小麦ちゃん、本当に

大丈夫なんでしょうかw


新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。

お手数ですが移動をお願い致します。



http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/47747320.html



    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_001327010

どうかあの子と何が起きても

一緒にいてあげてくださいな・・・

ミカドの勅命によってトゥスクルへの侵攻を決定したヤマト。

そんなアンジュの演説に沸き立つ民たち。

しかし、それはクオンにとっては、故郷との戦をただ黙って

その成り行きを見守ることしかできないことを意味していた。

そのことで、暗い影を落とす白楼閣。しかもハクはオシュトルから

物資を輸送する依頼を受けることに。

トゥスクルへといく事になったハクに、はたしてクオンは・・・


そんなわけで、ミカドがかつて同じ研究者であり、肉親だと明かされた

ハク。その告白からこの世界の印象がガラッと変わってしまった彼の

葛藤が始まる物語が展開されることに。

その上でトゥスクルに侵攻を決めたミカド。そのことからハクへも

オシュトルから依頼があり、彼もまたトゥスクルへ・・・

そのことで、クオンちゃんにどう打ち明けるか、悩む彼の姿が描かれる

今回であります。

すっかり、情が移ってしまったこの世界の住人たち。ミカドからの衝撃的

事実にハクはどんな想いを巡らしているのか。そんな彼の心情が気になる

第18話です。


新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。

お手数ですが移動をお願い致します。


http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/47745411.html





 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000032996

やりたいことがあるなら、

パンドーラ・デバイスを使えばいい・・・

持っている力を使わないのは、 公か?

 
 崑崙八仙 拓美との生活にも慣れ、セナンクル島に馴染んできた福音。

 そんな自分の気持ちと向き合う余裕ができ始めた彼女はクラリオンの

持つ、『パンドーラ・デバイス』を自分の力として使うことに戸惑いを

感じ始める。

だが、そんな折に島でネット回線が謎の通信障害を起こし 島は大混乱に・・・

そこで 二人は公園で知り合った老婦人・アンナが倒れたところに居合わせる

ことに。

はたして、そんな非常時で福音が選択したものとは・・・


そんなわけで、今回は福音ちゃんと、パンドーラ・デバイスとの関係に

悩む彼女のエピソード。自分の力で人を幸せにしたいと考える福音ちゃんですが、

それに安易にクラリんの力を使っていいのか、と悩みを打ち明ける彼女。そんな

福音ちゃんの気持ちが描かれる第5話であります。

その中で、島では突然のトラブルに見まわれネット回線が遮断されるという事態に。

そこで遭遇した困難に福音ちゃんの出した答えとは。

そんな彼女のクラリんとの新たな関係性が描かれることとなる今回です。

そんななかなかに深い物語はともかく、クラリんと福音ちゃんのシャワーシーン、

キターーーーッ!w

 

新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。

お手数ですが移動をお願い致します。



http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/47735878.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mp4_000645130
mp4_000310624

取り敢えず今日は私をお前専用の

メイドだと思って、

多少やらしーことを しても・・・良いぞ

 
アビスを操る角笛を使って反乱をおこした旧帝国・ ラグリード・フォルス。

その彼の持っていた角笛が遺跡を起動させる鍵だと推測するレリィ学園長は

ルクス及び騎士団を編成して遺跡の調査へと向かわせることに。

そこに同行する様にクルルシファーもその調査に志願をする。

こうして、調査団として派遣される彼女たちだったが、そこに突然クルルシファー

の許嫁である クロイツァー公爵家の嫡男、バルゼリッド・クロイツァーが

手助けと称して協力を申し出るのだった。

そんなバルゼリッドにあからさまに反発して現地で先走るクルルシファー。

はたして、彼女が調査団として参加したその理由とは・・・


そんなわけで、いけすかない自信過剰な四大貴族のバルゼリッドの登場で

不穏な空気が流れるクルルシファーさんの周囲。それに恋人のフリをして

巻き込まれたルクスは彼との対立を深めていくことに。クルルシファーさん

との関係が徐々に深まっていく中、彼女の抱える問題にも足を踏み入れていく

こととなるルクス君の姿が描かれます。

バルゼリッドの調査団参加に明らかに反発して遺跡に対する独断先行を

してしまうクルルシファーさん。そんな彼女の行動の謎が気になる今回で

あります。どうやら、彼女の本当の目的は政略結婚だけではないようですが

それは果たしてなんなのでしょうか。

そして、そんなシリアス展開だけでなく、雑用王子の疲れを癒やすためにリーシャ

ちゃんたちがメイドとなって彼にご奉仕する場面も♪ 彼のためならエッチな

行為も厭わないリーシャちゃんの可愛い姿が堪能できるとともに、爆乳幼なじみ、

フィルフィーちゃんとのちょっぴりお色気ありのやりとりも楽しめる内容となって

いる第4話となっています。

フィーちゃんの揺れる爆乳と混浴、キターーーーッ♪


新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。

お手数ですが移動をお願い致します。


http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/47696049.html

 

このページのトップヘ