mkv_000104479

mkv_000173256

mkv_000019310

 さやかと共に壊れていく魔女のセカイ。

「やり方さえわかっちゃえば簡単なもんだね・・ これなら負ける気がし

ないよ・・」

mkv_000040165

 そう言って杏子にせっかく手に入れたブリーフシードを投げてよこす。

mkv_000053928

 しかしそれが彼女の精一杯の虚勢なのは明らか。変身を解いた後

倒れこむようにまどかに身を預ける。もしかしたらこの時もうソウルジ

ェムの浄化をしていないのか?さやかの体が尋常じゃない・・・

mkv_000208374
 
痛くないなんて嘘だよ、見てるだけで痛かったもん。感じないから傷付

いてもいいなんてそんなのダメだよ。」

 さやかを気付かってバス停で体を休めさせるまどか。しかしさやか

はその優しささえ拒絶してしまう。

mkv_000266933

mkv_000268809

「・・・だったらあんたが戦ってよ・・・」

「キュウべえから聞いたわよ。あんた誰よりも才能あるんでしょ。あたし

みたいな苦労しなくても簡単に魔女をやっつけられるんでしょ。」

 答えに窮するまどか。それでもさやかはまどかを責め続ける。自分の

ために何かしようとするならまず自分と同じところに立てと・・・

mkv_000280655

mkv_000285785

mkv_000310059

「ただの同情で人間止められるわけないもんね。」

 まるで自分が魔法少女になってしまったのはまどかの所為みたいに

まで言い出すさやか。恐らくは本心ではそう思っていなくても自分の心

の平衡を守るための行為だったと思います。要は八つ当たりだと・・・

 言ってしまって一人で走り去るさやかは後悔してしまう。

「馬鹿だよ、私何言ってんのよ。もう救いようがないよ。」

 
さやかのソウルジェムは明らかに澱んでいた・・・

 ほむらの自宅?(なぜか苗字が映らない)ではワルプルギスの夜に向

けて杏子と話し合いをしている。するとそこへキュウべえが現れて美樹さ

やかに関する情報を伝える。彼女自身が呪いを生み始めていると。

mkv_000420920

 それはどういうことだ、と尋ねる杏子にキュウべえは

mkv_000429511

「君なら既に知っているんじゃないかな。」

 
キュウべえは薄々ほむらの正体を感付いている様子ですね。

恐らく彼女は今までの事をもう既に一度経験しているんじゃないか?

mkv_000526192

mkv_000574615

 約束どおり仁美は放課後恭介を誘う。二人はベンチで楽しそうに会

話を続ける。それを影から覗くさやか。

mkv_000583916

mkv_000585293

 その虚無感を打ち消そうとしてなのか無我夢中で使い魔を斬るさや

かだが、それではグリーフシードを浄化できない。徒労だけがさやか

を包み込む。

mkv_000640931

 それを見かねてほむらがグリーフシードをさやかに手渡すが、彼女

はそれさえも拒絶する。自分を助けたいわけじゃない、なにか他の目

的が透けて見えるから。

mkv_000681222

mkv_000735693

「あなたって鋭いわ。ええ、図星よ。私はあなたを助けていわけじゃな

い。あなたが破滅していく姿をまどかに見せたくないだけ。」

mkv_000739113

 これ以上まどかを惑わすようならいっそ自分がさやかに手を下す、と

ほむらはさやかに近付く。しかしそれを杏子がほむらの体を押さえてさ

やかを逃がそうとする。

mkv_000792624

mkv_000793710

 しかし発光弾を出現させてその隙に杏子の縛から逃げてしまう。

mkv_000934182

 電車に乗り込みチンピラの話に口を挟むさやか。もう守るべき対象

がわからない、価値があるのかすらも・・・そして自分の存在価値も薄ら

いで・・・
mkv_000937060


mkv_001072863

 さやかを心配で探していたまどかの元にキュウべえがまた魔法少女

の話を持ちかける。その気になればさやかの体も元に戻せる、それど

ころか万能の神にもなれる、と。

mkv_001080704

 
「さやかちゃんの為なら・・いいよ、私魔法少女に。」

 その瞬間、が止まる。

mkv_001082247

 そしてキュウべえが拳銃で打ち抜かれてしまう。それを行ったのは

ほむら。

mkv_001124707

「役に立たないとか、意味がないとか勝手に自分を粗末にしないで!

あなたを大切に思う人のことも考えて!」

「いい加減にしてよ!」

「あなたを失えばそれを悲しむ人がいるってどうして気付かないの。あ

なたを守ろうとした人はどうなるの!」

 と泣き崩れてしまう。その瞬間、まどかは何かを思い出す。

「私達はどこかで・・・?」
 
 ということは第一話のアバンの出来事は実際にこれから起こること

なのか?

 目の前の事が理解できないでいたまどかはさやかを探すといってこの

場を離れてしまう。

 それを必死になって止めようとするほむら、だが動くことが出来ない。

「無駄なことだってしってるくせに懲りないんだなあ、君も。」
 
と死んだ個体とは別のキュウべえが現れてその骸を喰ってしまう。
 
mkv_001206121

 キュウべえはほむらに前に一度殺されたことがあるらしい。

そこで彼女の能力を言い当てられてしまう、時間操作の魔術であると。

 そして彼女がこの時間軸の人間ではないと。

「絶対にお前の思い通りにはさせない・・・キュウべえ・・・」

mkv_001238195


「いいえ、インキュベーター・・・」
 
 インキュベーター(incubator):孵化器という意味らしい。と言う事は

魔法少女という卵を孵化させて魔女を作り出す、ということなのか?

 そういう事ならキュウべえがまどかをことさら拘るのはまどかが魔法

少女になってさやかのようにダークサイドに陥って魔女になったとした

ら最強の魔女が出来上がる。キュウべえの目的はこの世界の粛清な

のだろうか。(あくまで自分の妄想なので聞き流してください)

mkv_001285617

mkv_001295043

 さやかを見つけた杏子はいい加減意地を張らないように諭そうとす

るがそれはもう既に遅かった・・・杏子にソウルジェムを見せるさやか

「希望と絶望のバランスは差し引きゼロ・・今ならそれよくわかるよ。」

 
誰かを救った分自分に恨みや妬みが重くのしかかってくる、全てが

等価交換で成り立つセカイ・・・こんなはずじゃなかったのに・・・

mkv_001323321

mkv_001326950

「私って・・・・ほんと・・・ばか・・・」
 
 こぼれる涙と共に崩壊するソウルジェム、中からグリーフシードが出

現して杏子と、そしてもう既に抜け殻になってしまったさやかの体を吹

き飛ばしてしまう。本当にこのまま魔女になってしまうのか。

mkv_001353978

mkv_001371578

 「この国では成長途中の女性のことを『少女』って呼ぶんだろ?だっ

たらやがて魔女になる君たちのことは魔法少女と呼ぶべきだよね。」

mkv_001372704

mkv_001493325

 



もし気に入ってもらえたら1クリックお願いします

人気ブログランキング



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村