mp4_001406822

mp4_001255837


大切な家族の崩壊、


そして陽鞠は自ら運命に立ち向かう・・・ 


そして彼らの見ている世界はリアルに変貌を遂げる・・・?

夏目真砂子と冠葉は血の繋がった兄妹でした。そして彼らの父親の死によって

冠葉は高倉家へ。なぜ兄妹が離れ離れにならなければならなかったのか、それは

はっきりとはしていませんがあの祖父が関係していることは間違いなさそうです。

そして高倉家で出会った少女、陽鞠に抱いた淡い恋心、それが当時の冠葉の心の

拠り所になっていったのでしょう。

mp4_001400857

リアルな世界を取り戻した苹果

あの事件を嗅ぎ回る記者を怒鳴りつける苹果、そしていつもなら記者からモブキャ

までもが記号化(ピクトグラム)されていて良いはずが今回はリアルに近い状態で

描かれていました。今までの彼女は運命の書き換え、自分の家族のために自分を

殺しまわりも見えていない状態でした。恐らく彼女には実際に周りがあんなふうに無

意味な記号のように見えていたのでしょうね。しかし彼女は夢から醒めたように現実

と向き合い始めた。

それと同時に周りも見えてくるようになった。現実から逃避していた彼女は自分から

その歩みを止めていたんですね。しかし彼女は再び自分の足で歩き始めた。要は自

分の感じ方次第なんでしょう。

『運命の書き換え』なんて案外こんな簡単なものなのかもしれません。 

キャラクターたちが現実に目を向けるに従って奇抜な演出が少なくなっていくのが寂

しくもありますが・・

mp4_000013430

mp4_000015849

対して高倉兄弟は未だに夢から抜け出せずに大切な家族まで失ってしまいました。

もともとあのカラフルな家は彼らが陽鞠を悲しみから救うために作り変えた、いわばド

ールハウス。本当に家族ごっこを演じていたんですね。でもそれは誰よりも真剣に演

じられていた、それこそ記憶が置き換わるくらいに幸せな日々だったのでしょう。

mp4_000200700

mp4_000200867
mp4_000247538
mp4_000252252
mp4_000281948


しかしその夢が醒めかけてしまう・・・



必死にその夢の続きを追い求める冠葉、その想いに危うさを感じた陽鞠の見たも

のは両親の悲しい末路でした。

冠葉は自分の心の中の亡霊に突き動かされていたのですね。前回の両親との会

話に違和感を感じたのはこのせいだったのでしょう。ラーメン屋『リナちゃん』は両親

との思い出の場だったのでしょう。そこが彼が道に迷ったときに唯一逃げ込むことの

 

出来る場所となってしまった。兄妹がいながら彼の心は孤独だったんですね。

mp4_000425591

mp4_000464088

mp4_000517266


組織のリーダーだった眞悧

自分のことをあの事件の亡霊や呪いだと言い放つ彼の目的は自分の遺志(?)を

継ぐものを作り出すこと。それが冠葉なのでしょう。再び同じような事件を起こし彼の

目的は現実化してしまうのか、そして彼の目的とは一体・・・?


mp4_000632673

ここまでだな、

陽鞠を救うにはKIGAから金が必要、でもそれは死者を冒涜する行為でもある。

それを拒否する昌馬との決別、冠葉は組織にのめり込み遂に犯罪行為にまで

加担してしまう。



mp4_000867199

mp4_000897563

mp4_000955079

mp4_000970970

mp4_000975599

mp4_000979603




家族ごっこは終わりにしよう

昌馬は現実から逃避するために、陽鞠は自ら歩き出すために家族から決別をす

る。
昌馬一人が残された高倉家、彼は『思い出』という鳥籠から飛び立つことはもう

出来ないのでしょうか。約束した運命はもう果たされないのか・・・

mp4_001108107

mp4_001205078


冠ちゃんを止めなきゃ、私の命に代えても

陽鞠の決意、それが輪りだす運命に立ち向かう力となるのか、それとも・・・

mp4_001413745


どんどん崩れ去っていく『運命』。『MAGネット』で幾原監督の『日常の愛お

しさ』という言葉から考えるとそれは運命なんかよりもはるかに重いものなの

でしょう。

『何者にもなれないお前達』とは日常に忙殺されてその大切さを見失ってし

まった人々への皮肉を込めた台詞なのかもしれません。

それぞれの幸せを模索してもがく冠葉と陽鞠、そして家族を追い求める人々。

彼らの真の家族の再生はどのような結末を迎えるのでしょうか。そして昌馬は

再び歩き出すことができるのか、次回もまた観逃せません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング




blogram投票ボタン

輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray]
出演:木村昴
販売元:キングレコード
(2011-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]
出演:木村昴
販売元:キングレコード
(2011-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]
出演:高倉冠葉(木村昴)
販売元:キングレコード
(2011-10-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム キャラクターソングアルバム輪るピングドラム キャラクターソングアルバム
アーティスト:トリプルH
販売元:キングレコード
(2011-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

オトナアニメVol.22 (洋泉社MOOK)オトナアニメVol.22 (洋泉社MOOK)
販売元:洋泉社
(2011-10-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム iPhoneケース(モノグラム)輪るピングドラム iPhoneケース(モノグラム)
販売元:メディコム・トイ
(2011-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。