mp4_001122287

mp4_001272396


はじめまして、

僕は幽霊だよ・・・

自らを『呪いのメタファー』だという眞悧、そしてその呪いの傀儡として苹果の持つ

桃果の日記を焼く冠葉、身を呈して焼かれる日記を守ろうとする苹果、

そして眞悧はそれを冷ややかに見つめる・・・・

呪いの成就によってこの世界はその冷めた目に飲み込まれてしまうのか。

mp4_001127459


対極を為す二つの点、そして交わる線


『箱』に閉じ込められたように閉塞的なこの世界を呪い、壊そうとする眞悧、それに

対してそんな世界を自分の存在を賭けて救おうとする桃果。破壊と再生、対立する

両者でしたがお互いに半分しかその想いは遂げられなかった。そのおかげで事件は

ある程度拡大しなかったようです。しかしその代償として二人の体(というよりも精神

か?)は分断されてしまった。眞悧に付いている黒ウサギ、ソウヤとシラセは彼の本体

なのでしょう。今彼の姿を形作っているものは『呪い』が作り出している影、まさしくメタ

ファーなのでしょう。そして桃果もまたペンギン帽として陽鞠とマリオの元へ。二人は分

断されたが故に世界に干渉できないようです。

mp4_000076201

mp4_000105814

mp4_000111611

mp4_000114948

mp4_000123164

mp4_000130213

mp4_000134592

mp4_000136427




さて、この対極的な人間関係は高倉兄弟にもいえるようです。陽鞠のためなら

世界を破壊しても(殺しても)厭わない冠葉と彼女の死を見守るしかない晶馬、

彼らもまた陽鞠を巡って道を違えてしまう、したようにみえる。

陽鞠の遺言めいた言葉はそんな心の離れてしまった彼らを繋ぎとめようとした

のでしょうか。

mp4_000603894

mp4_000655196

mp4_000665665

しかしそんな幻想を打ち砕くように晶馬の前に現れた冠葉。晶馬を抱きしめた

かと思うと、銃で彼を打ち抜いてしまう。しかしこれはペンギンマークの入った玉

でした。殺そうとしたのではなく、ただ気絶させただけなのでしょうね。それとも何か

あの玉には仕込まれていたのでしょうか?

ここにきてはっきりと別れる兄弟の明暗、しかしそれは冠葉によって意図的に

為されたと見ていいんじゃないかな、と思います。晶馬を事件に巻き込みたくない、

陽鞠を助けるための泥は全部自分が被るつもりなのでしょう。

mp4_000694735

mp4_000769810



日記を焼く冠葉、桃果の声を聞く晶馬

物語の中盤まで陽鞠を救うアイテムとして存在していた桃果の日記。それを冠

葉は苹果を誘い出してブラックテディ-爆弾で焼いてしまう。

陽鞠の為に必死になって日記を守ろうとしている苹果を見下ろして・・・

mp4_001082539

mp4_001079328
mp4_001086877
mp4_001088128
mp4_001135050
mp4_001174256


この行為から彼は心底眞悧の力に魅入られてしまったように見えます。本当の

 

双子の妹、真砂子を死の淵から生還させて見せたのだから当然なのかもしれま

せん。

彼ならば陽鞠を救ってくれると・・・

mp4_000441691

mp4_000453870



日記の消失を確認後、『運命の列車』に乗り込む為に立ち去る冠葉と眞悧です

が、自分にはどうしても冠葉が心の底から眞悧に心酔しているようには見えない

んですよね。


彼はクリスタル・オブ・ザ・プリンセスとも深いところで関わっていた。ならば眞悧

の正体にも事前に知らされていた可能性もあるんじゃないか、と思うんです。


そして晶馬の聞いた帽子からの桃果の声。

あれを止められるのはあなただけよ

あなた達のピングドラムを!

mp4_001222471

世界は眞悧の呪いに覆われかけていますが、実は追い詰められているのは

彼自身の方なのかもしれません。


EDでの黒ウサギ(=眞悧)の本音

僕は何者にもなれなかった・・・

いや、遂に僕は力を手に入れたんだ

僕を必要としなかった世界に復讐するんだ

やっと僕は透明じゃなくなるんだ。

この台詞、正直背筋が寒くなりました。まるであの事件の少年の心理そのもの

のようで・・・

彼もまた両親の愛に恵まれなかった一人なのでしょうか。だとすればとても悲し

いことです。彼は陽鞠の運命を翻弄する『気まぐれな女神』でもありましたが、そ

れは彼女が兄妹の愛に恵まれていたからなのかもしれませんね。

自分が得られなかったものに対する羨望、どうも古来から『女神』は嫉妬深い

ようです。

mp4_000586794




そしてOPに煩雑に登場する『ネバーランド』という言葉、子供しかいない夢の世界

ですが、これは永遠に成長しない世界などではなく大人に成長した者をピーターパン

自身が殺すから、という説があります。

大人に認知されなかった彼もまたそんな世界を創ろうとしているのかもしれません

ね。

mp4_001315605

mp4_001332998

『運命の至る場所』に向かって走る列車、そこで冠葉と晶馬との決着はどんなもの

になるのか、そして彼らのピングドラムとは?

最終回に続きます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング



blogram投票ボタン

輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]
出演:木村昴
販売元:キングレコード
(2011-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]
出演:木村昴
販売元:キングレコード
(2012-01-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム 5(期間限定版) [Blu-ray]
出演:木村昴
販売元:キングレコード
(2012-02-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

輪るピングドラム キャラクターソングアルバム輪るピングドラム キャラクターソングアルバム
アーティスト:トリプルH
販売元:キングレコード
(2011-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Quarterly pixiv vol.07 (エンターブレインムック)Quarterly pixiv vol.07 (エンターブレインムック)
販売元:エンターブレイン
(2011-12-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

オトナアニメ年鑑2012 (別冊オトナアニメ)オトナアニメ年鑑2012 (別冊オトナアニメ)
販売元:洋泉社
(2011-12-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。