mp4_001481104

あれ、折木じゃない、久しぶりねいたくなかったわ。

ここは教養の聖域よ、アンタには似合わないんじゃない?


登場早々から奉太郎と衝突する伊原摩耶花。常にローテンションの奉太郎との

相性は最悪のようです。そんな彼女と古典部との関係とは・・・?

エンディングのえると摩耶花がとてもかわいいのが印象的でしたね♪

mp4_000244327


姉の言いつけ通り古典部に入部した奉太郎でしたが現状ではまだ何も活動方

針なども決まっていなくてただ本を読む毎日。エネルギー消費を出来るだけ抑え

たい彼にとってはこの状況はそんなには悪くないのかもしれませんね。

しかしそれも一時。『10月の文化祭に文集を出す』この言葉で状況は少しだけ

変化を見せます。嫌がる奉太郎に必要以上に接近して食い下がるえるさんが可愛い

ですね。勿論彼女は無意識の内に近づいているのでしょうが健全な男子にとってこ

の距離はとてつもなく耐え難いものがありますな。これが普通の頼み方であれば彼

のほうももう少しだけ粘れた気がします(笑)。

そこで早速過去の文集を探す二人。部室にはないので図書室に向かうことになり

ます。しかしそこには奉太郎の天敵ともいえそうな人物が図書当番としていました。

伊原摩耶花、小学校の頃からの腐れ縁の彼女は里志のことが好きなようなのです

がその友人である奉太郎とは相性が最悪なようです。

mp4_000298589
mp4_000375875
mp4_000404278


そんな彼女が奉太郎に『愛なき愛読書』の話をする彼女、その目には若干挑戦

的な感情が湧いているようでしたが二人の関係って一体どんな過去があってこんな

風になっているんでしょうね。奉太郎は彼女とは関わりあいたくないとばかりに即座

に部屋を後にしようとするしま、それは好奇心の虜と化したえるさんに阻止され

ますが(笑)。ちょっとこの二人の関係は気になりますね。

mp4_000539539
mp4_000558558

さて、摩耶花が投げ掛けた話とはそれぞれ違う人間が『学校史』なるものが同じ曜日

を毎週借りていく、というもの。普通借りることすらしない物が決まった日に貸し出され

るということ違和感を感じたんですね。好奇心に目を輝かせるえるさん、またしても顔が

近い(笑)。そしてまたしてもそれに屈してしまう奉太郎がw。エネルギー効率を建前と

していますが実は彼女に惚れてるんじゃなかろうか、と疑ってしまいますね。

mp4_000625583
mp4_000647271
mp4_000655946


そんなえるの好奇心を満足させるような答を探して思考をめぐらす奉太郎でしたが

えるの嗅いだ本の臭いがヒントになり無事解決の運びとなりました。その際の思考の

展開図が和風というところが面白いですね。古典部という素材に合わせたのかそれと

もとても奉太郎自身の思索が和風なのか分かりませんが目に映えますね。

mp4_000638679

そして↓のまるで『注文の多い料理店』のようなシーンも面白いですね。メニュ

ーは予め決まっているがお客である奉太郎には選択権は始めからない。正に

彼のこれからを暗示しているかのような場面でした。その時書いてある字が躍

りだす。全開でも字があふれ出すシーンがありましたが彼の思考の仕方という

のが文字や状況を頭の中で映像化しているんではないか、と思わせます。そして

えるの方はその旺盛な好奇心と記憶力で彼に問題提起とサポートを(というか引

っ掻き回していますがw)する役目。そう考えると二人はもう出会ったときからこう

なる運命だったような気がしてきます(笑)。


mp4_000979103
mp4_001055929
mp4_001095928
mp4_001104561
mp4_001105145

日曜日に奉太郎を呼び出すえる。私服姿がとても可愛いです。彼女は何かを

言おうとしていましたがなかなか切り出せませんでした。結局古典部の文集は見

つけられることが出来なかったことから考えるともしかしたらその関係なのかもし

れません。そしてそれは彼女が一身上の都合で入部した動機とも繋がるのかも

しれませんね。

mp4_001375582
mp4_001446695

エンディングが素晴らしい!

二人がかわいらしくて堪らんですよw。

ポラリス(北極星)を打ち上げる二人が描かれていましたがこの作品で彼女たちは

何を願うのでしょう。もしかしたらそれがこの物語の鍵にもなるのかもしれませんね。

mp4_001485901
mp4_001498663
mp4_001509049
mp4_001529861

次回

mp4_001547963


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング



blogram投票ボタン

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
出演:中村悠一
販売元:角川書店
(2012-06-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]
出演:中村悠一
販売元:角川書店
(2012-07-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

氷菓 限定版 第3巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第3巻 [Blu-ray]
出演:中村悠一
販売元:角川書店
(2012-08-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックスAエース)
著者:タスクオーナ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2013-01-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。