mp4_000769969

今度はきちんとしてよね


じゃないと怒るんだから


友達の反応を気にして一人空回りし続ける少女、小豆梓。

周りと“建前”という壁を作ってしまった彼女に陽人は本音でぶつかっていく。

してそれに月子は・・・

おへそプレイ、おいしゅうございました
mp4_000941274



mp4_000021154

普通の女の子となんら変わらない小豆梓。

そんな彼女をただ自分の“建前”を返して貰う対象としてだけ見ていた陽人は

迂闊な自分に少々困惑してしまう。女の子の透けたブラの肩紐に視線はいく

ものの、
mp4_000027127
mp4_000029929
mp4_000034401

それよりも気になるのは梓ちゃんの涙・・・

ぐるぐる回って小豆梓のことで頭が一杯、でもそれもやはり本音の一部だから

なのでしょうね。ただエロよりも優先順位が上になっただけ、変態王子といっ

ても建前がなくなってもやっぱり彼も普通の男の子なんですよね。

mp4_000041841

しかし、肝心の梓ちゃんは彼が家に行っても引きこもって出てこよう

とはしない。その上、今までのことは騙されたんじゃなくて騙されてあげてい

た、と嬉しかったことや楽しかったことまでが嘘だったとまで考えるように・・・
mp4_000044244

しかし彼女のお母さんは笑顔で彼と、もう一人の訪問者について話します。

前の学校では・・・と語るお母さん、前の学校では誰もそんな風に構ってくれ

る人がいなかったことを素直に喜んでいる様子です。

しかしその笑顔の裏側には寂しそうな顔もなんだか隠れているような気が

しますね。一人ぼっちの娘に彼が救いの手になるかもしれない、そう藁に

もすがるような押し殺した想いがその笑顔の下には隠れているのかもしれ

ません。
mp4_000186086
mp4_000190724
mp4_000197030

さて、一本杉の下では月子ちゃんとお供え物をしながら梓ちゃんの話を

する二人。お母さんが言っていたもう一人は月子ちゃんでした。

しかし彼女もまた会ってはくれなかったらしい。

あの時逃げたのは彼女のお姉さんが襲いかかってきたからだと事情を

説明したかったみたいでしたがそれも出来ずじまい、ということでした。
mp4_000204104
mp4_000205605

そしてその月子ちゃんのほうもあれ以来お姉さんとは口をきいていない

らしく冷戦状態が続いている模様。
mp4_000213546

私たちの仲はもう・・・
mp4_000233533

という彼女、一体この姉妹に何があったというのでしょうか。

どうやら先の一件が原因とはいえない何かが二人の間にあるようなので

すが・・・?

話は変わって陽人が梓ちゃんのことで何か迷っている、と言い当てた月子

ちゃん、

先輩の事は大体わかるですよ

と意味深な発言をする彼女、そんな月子ちゃんに唇を見つめながら

じゃあ、今筒隠の唇が肉汁でテラテラ光ってなまめかしいな、って思って

たこともお見通しなのか・・・?
mp4_000237003
mp4_000242008

と何気にセクハラ攻撃w

脳みその中まで肉汁塗れの変態さんですね
mp4_000249616

と月子ちゃんも反撃♪

とそんな風に梓ちゃんにも本音でぶつかれば上手くいくんじゃないか、と

提案する月子ちゃん、

しかし陽人は梓ちゃんを前にすると何も言えなくなってしまうといつになく

弱気な発言。

元気になってほしいという気持ち、そして“建前”を返して欲しい気持ち、どっち

も彼にとっては本音、しかし彼にはそれがわからなくなってしまっている。

どっちが建前でどっちが本音かなんてどっちでもいいのにねぇ。

そしてそれは月子ちゃんも感じているようで、

本音と建前を区別する必要があるのですか?
mp4_000276576

と陽人に尋ねる。

その質問にレンタルビデオで通常作品を“建前”として例に出す陽人、

建前の間に挟んだのが“本音”という名のエロビデオ、男にとってはわかり

やすい例えだけど女の子の月子ちゃんにとってはその違いがわかりづらい

かもねぇ(; ̄Д ̄)
mp4_000293927

つーか、結局間に挟んだってエロビはエロビでそれ以上でもそれ以下でも

ないんだけどねwwwwむしろ本音だけで挑んだほうが清々しいかも♪
mp4_000295428

さて、そんな迷える陽人に

今のそのごっちゃになった考えこそが自分の本音じゃないか、と月子ちゃん。

そして自分の言葉のままに行動していけばきっと上手くいく、と。

だが、言葉どおりに行動して後悔したら・・・?

と不安を覗かせる陽人。

そんな彼に彼女に梓ちゃんと陽人、二人の事で自分は後悔してしまうかも、

と再び意味深な事を伝えるのでした。
mp4_000307140

二人の間でわだかまりが消えてしまえばすなわちそれは・・・・

そんな想いが駆け巡りながらも

それでも自分はじゃべり続ける、そうしなければ人は前に進めない、

と陽人を元気付ける月子ちゃん、その気持ちがとても切ないですね。
mp4_000333099

砕ける前に声を出せ

そんな月子ちゃんの言葉を胸に梓ちゃんとゲーセンで会っていた女の子二

人に直接対面する陽人。
mp4_000357057

しかし、当の二人も梓ちゃんを虐めたという自覚は全くなかった様子で

むしろ虐められていた、ということにびっくりしていた。

だが、よくよく考えると行き過ぎたこともあったようで・・・
mp4_000366933

彼女達が言うには

既に学校を休みがちだった梓ちゃん、そんな彼女に修学旅行に参加して

欲しいと彼女の好きな北海道が行き先だと嘘を教えてしまう。

それを信じた彼女は一人で直接北海道の空港へ行ってしまい、結局一人き

りでそれが嘘だと気がつくことに・・・
mp4_000389155
mp4_000389589

本当の行き先は沖縄で、彼女達は集合する空港でばらせばいいと軽く考えて

いたようですが、まさか彼女が直接一人で行ってしまうとは考えていなかった

ようですね。
mp4_000393993
mp4_000398865
mp4_000409709

そんな細かな行き違いが重なった彼女の前の学校、そしてついには学校を

転校してしまった。しか何も告げずに反抗すらせず無反応な梓ちゃんに

彼女達もそれが梓ちゃん自身にとってイジメだったと受け取っては最初から

いなかったようなのです。

少しでも話を直接していれば・・・・

馬鹿野郎・・・
mp4_000416216

そんなやり場のない怒りを抑えながら店を出て行く陽人、その思い詰めた

表情は別のところにその想いをぶつけようとしていたのでした。

ここで本音をぶちまけなかったのは我慢の賜物なのか、それとも彼女達に

非がないと感じたからなのか、さてどちらなのでしょうね。
mp4_000418618
mp4_000420687

そんな中、月子ちゃんはぬいぐるみに手紙を。

彼女も伝わらなかった言葉を梓ちゃんになんとか伝えようと思案中の

ようです。(* ̄∇ ̄*)
mp4_000423356
mp4_000424724
mp4_000425725
mp4_000426926

そして、梓ちゃんの家に直接突撃していく陽人は部屋から彼女を引きずり

出しそのまま家から抱えてつれていってしまう。

お母さんもわざわざタクシーを呼んで彼を支援、ノリが軽いお母さんで

よかったですね♪
mp4_000442275
mp4_000448782

タクシーの中では涙目の梓ちゃん、そんな彼女に放って置けないから、

と詰め寄る陽太、
mp4_000452385
mp4_000459192
mp4_000463063

君は打たれ弱い、なんでも悪いほうに考えて被害妄想を膨らませてすぐ泣い

たり引きこもったりするんだ。


と彼女の悪い部分を指摘する。
mp4_000478278

しかし彼の言うことに一人が好きだから、とまだ意地を張る梓ちゃん。

前の学校に居づらくなって転校したのもその彼女の意地っ張りな部分が

大きいと陽人、だから新しい学校では孤高のお金持ちのお嬢様という仮面を

被ってみるものの、結局誰かに構って欲しくなって“ご褒美タイム”なんてものを

仕立てて相手に高いハードルを与えてその反応を見て楽しむことになってしま

う、という悪循環。虐められる側が虐める側に立ち位置が変わっただけなんだ

よね、この子。
mp4_000497564

そんないらない属性をつけすぎた梓ちゃんに

そんなにかわいいのに、

と付け加える陽人、そして他人に何かを求めるんじゃなく自分の心を強く

するのが今の彼女に必要だしそれが出来れば普通に好かれるようになっ

ていくと彼は言う。そんな小豆梓が好きだとも・・・

そんな彼の言葉に耳を傾ける梓ちゃんの気持ちはだんだんほぐれていくみたい。

つか、

むしろその言葉だけに梓ちゃんも反応しているみたいだけど( ̄ー ̄)
mp4_000503803

そして着いたのは一本杉のふもと。
mp4_000532932

靴のない彼女はモジモジしながら
mp4_000536603

おんぶ
mp4_000539973

とおねだり♪

そんな彼女がかわいいですね、思いっきり意識しているのがバレバレです♪

しかも、木まで行く道中もおんぶされながら先ほどの彼の言葉の真意を確か

めようとして舌足らずになるところなんかもう最高♪

自分が建前を捨てて普通の女の子になれば陽人にも好かれると考えて

顔を赤らめる梓ちゃん、
mp4_000555755

しかし、陽人は

ううん、と否定してしまう。

そんな答にびっくりな梓ちゃん
mp4_000560527

てっきり自分を好きだと思っていた彼女は彼の返答にうなだれてしまいます。

そんな失恋真っ只中に自分の建前の事情を話し始める陽人って鈍すぎるだ

ろ(; ̄Д ̄)

しかもバーバラさんのところから話すんかいwwww
mp4_000563096
mp4_000574441

そんな彼の話を聞いて

陽人に期待していた半面それが外れたためにまた悪い癖が出て、

うそつき、と突き放してしまう梓ちゃん。
mp4_000599332
mp4_000611344
mp4_000617117
mp4_000624791

建前を取り戻すために自分に近づいたと怒り心頭、しかし陽人は

そんな彼女に前に自分がしたかったことを思い出してそれを実行に

移す。それは

嘘ついてごめんね、君を傷つけちゃった
mp4_000627994

と謝ること。

その素直な言葉にボロボロと涙をこぼす梓ちゃん、

今まで誰にも言って貰えなかった本当に言って欲しかった言葉がここに・・・
mp4_000640507

どうせ建前が欲しかっただけなんでしょ?

と意地っぱりな彼女、でも涙は止まらない、それは裏切られた悲しみの涙

でもない、ちょっぴり切ない失恋混じりの暖かい涙・・・

そして陽人はそんな彼女に友達になりたいと、告白。

本当の友達には建前なんてあってもなくても関係ない、と。
mp4_000670937
mp4_000672605

そして本当の気持ちを伝えあった二人はお互いの気持ちを確認して、

梓ちゃんはため息を一つ吐いて
mp4_000693193

次はきちんと騙してよねっ!

じゃないと怒るんだから
mp4_000698531

と涙交じりの笑顔でそう答える。

そして・・・

お供え物を前に建前がなくなりますように、とお願いすると、
mp4_000712579

梓ちゃんの首のチョーカーは消え、
mp4_000715682

バーバラさんを縛っていたベルトが陽人の元に。
mp4_000719652
mp4_000722589

そして側にあった亀のぬいぐるみからは月子ちゃんからのメッセージが♪
mp4_000730096

なれるかしら、友達に
mp4_000734934

本音だけ見せても、と不安がる梓ちゃん、

鶏はどんなにバタバタしても鶏だという彼女に

自分の小学校には飛べる鶏がいた、と嘘をつく陽人。

彼もまた建前を取り戻した・・・・のか?
mp4_000756423

そんな彼に笑顔を見せる梓ちゃん
mp4_000758892
mp4_000769969

友達とはいえ急速に接近する二人、
mp4_000771638

そんな彼らをじっと見つめる月子ちゃん、

彼女は何を感じているのか・・・
mp4_000774908

アイキャッチ
mp4_000778078

その月子ちゃんの思い出、それは雪の日のこと。

彼女って前に陽人と出会っていたんですね。公園で鬼のお面を被って

気合を入れていた彼女と生垣から出てきた陽人がばったりと、
mp4_000791057
mp4_000796429
mp4_000801701

つか、この時の陽人ってきっと本音は

パンツ見えちゃった、うっひょーい♪

だと思う(; ̄Д ̄)
mp4_000802736
mp4_000804204

そんな夢を見た月子ちゃん、まだ梓ちゃんと陽人のことが気になっている

みたいですね。
mp4_000811378
mp4_000814714

そして学校でも鬼のお面をみてその夢の続きを思い出す彼女、
mp4_000825992
mp4_000829129
mp4_000830130
mp4_000838171

幼稚園の先生になるという夢を持っている月子ちゃん、でも感情が表に

出すぎてそれを気にして諦めかけようと考えていたらしい。

しまいには100年たっても懐かれないという悪夢まで(; ̄Д ̄)
mp4_000843410

それをいけないことなの?

と疑問に思う陽人、

月子ちゃんはそれでは小さい子の友達になれても先生になることは出来な

いと力説、
mp4_000871204

彼女の中では先生というのは何事にも動じないというのが基本らしくその

表情を隠すために付けだしたのがお面というアイデア。
mp4_000872505

しかし陽人はそれはなんか間違っていないか、と疑問を口にするのですが、
mp4_000875642

月子ちゃんは鼻息も荒く完璧な作戦だと豪語、
mp4_000883183

そんな彼女にまたしても訳のわからないたとえ話をする陽人、

部活のために陸上部にいるのか、水着を見るために在籍しているのかなんて

部外者にはわからんがなwwwww
mp4_000897497

結局彼のいいたかったことは本音も建前も捨てられないってことが言いた

かったらしい。

だからいっそ別のお面を被ったらいい、と彼は月子ちゃんに提案を始める

ことに。

どーせ使うなら感じのいい建前のほうがいいじゃない
mp4_000909943

と今のお面じゃなくて別のお面をお勧め♪

いまいち彼の言葉の意味がわからない月子ちゃんでしたが、

そこに風の悪戯がw
mp4_000918852

舞い散る桜の花びらの一片が首から入ってしまって慌てた彼女はそれが

虫だと勘違いwww

とってくださいですぅ
mp4_000922355

と叫ぶ月子ちゃん、上着をめくった彼女のおへそにはさっき入った花びらが♪
mp4_000932465
mp4_000934801

神様!
mp4_000936903

いざ尋常に御免!
mp4_000938705

と指が彼女のおへそに埋没♪
mp4_000941274

その芸術的なおへそに虫が入ったら大変だ!
mp4_000942709

となんども

プニプニ♪

世界の平和はボクが守る!
mp4_000946479

ってなんのこっちゃ(; ̄Д ̄)

結局陽人って前から月子ちゃんの変態扱いされてたのねwwww
mp4_000949716

変なことを思い出してしまいました
mp4_000956022

おなかをさする月子ちゃん、かわいいねぇ(* ̄∇ ̄*)

そんな時に姉とすれ違う彼女でしたが、

いまだつくしさんとは口を利いていないようです。
mp4_000969536
mp4_000970670
mp4_000972272

一方、立ち直った梓ちゃんは夏休みに陽人を遊びに誘おうとアタック開始♪

しかし肝心の彼はそれに気づかずゲーセンに行こうと言い出す始末・・・

つか、遠くのゲーセンってあなた(; ̄Д ̄)

しかも沖縄まで行ってまでゲーセンかよwwww
mp4_000986720
mp4_000994794
mp4_000996029

そんな二人のやり取りを影からしっかりと聞いていた月子ちゃん、

不安に思ったのか彼女は少し付き合って欲しいといい始める。
mp4_001010276
mp4_001035769
mp4_001042676
mp4_001063396

彼のほうもお礼だとって快く引き受けることに。但し、陽人が言っているのが

建前だと感じていた彼女はデートではなく別のことで付き合ってほしいと

願い出るのでした。

それは

児童福祉クラブに入っているという彼女の紙芝居を観るというもの。
mp4_001084184
mp4_001087053
mp4_001091257
mp4_001098031
mp4_001110710

紙芝居を淡々と始める月子ちゃん、しかしその脳裏には

陽人と初めて出会った時の後日談を思い出していたのでした。
mp4_001119185

新しいお面をゲットして園児の心もがっちりキャッチ♪
mp4_001125492
mp4_001127494
mp4_001130463
mp4_001135468

しかし、今日でそんな保育園での活動もしばらくは休止、

実は陽人と同じ学校に通うこととなった月子ちゃん、今夜はその

報告に来ていたのでした。
mp4_001155088

そこで早速プールで再会するすることを期待する変態さんwwwww

そんな発言にちょっとテンションの下がる月子ちゃん、
mp4_001167400

しかし

私のことおぼえていてくれますか?

忘れたりしないですか?

このお面がなくても私を見つけられるですか

mp4_001182449

と念を押す月子ちゃんに陽人は

もちろん、と答える。

そんな彼に自分からは絶対に教えないといって陽人のほうから声をかけて

くれるように約束をするのでした。
mp4_001185785

それが彼女にとっての願掛け、

もし会えたらきっと・・・
mp4_001202569

といいかけてその後を陽人からはぐらかす月子ちゃん、

果たして彼女のかけた願いとは・・・?
mp4_001205739

そんな思い出と共に紙芝居も終了。
mp4_001209509

しかしやっぱり感情がなくて陽人にも微妙だったらしい。
mp4_001229863

そこで表舞台に立てない彼女はイラストなどの裏方に専念することを

決めるのですが、そこには何やら含みがありそうですね。
mp4_001252052

ユーティリティーメンバーとして指圧もばっちり♪
mp4_001261594

但し変態さんは除外らしいです(; ̄Д ̄)
mp4_001266399

そんな彼女に陸上部のマネージャーなんかどうかと誘う陽人、しかし、そこ

には姉が・・・
mp4_001297163
mp4_001311211
mp4_001314080
mp4_001320587
mp4_001322188

その理由を

私が嫌われているからです
mp4_001279346

と語る彼女、二人の間には何が・・・?mp4_001328228

今回は梓ちゃんと陽人の建前が猫の像によって移動するというお話でした。

イジメにあっていたと自分で思い込んでいた彼女、実のところは虐めた側に

はそんな意識は全くなくて彼女をいじっていただけだというのですが、実は

それが集団となれば意味が違ってきてしまうんですよね。一人一人に意識

はなかったのかもしれないけれど彼女にしてみれば皆からからかわれて

いたように感じてしまうかもしれません。それに集団だと罪の意識も薄れて

しまうんですよね、だから余計に気付かないし薄い悪意も積み重なって濃く

なっていってしまう・・・

彼女がその事でどの程度に感じていたかはわかりませんが双方ともコミュ

ニケーションは確実に足りなかったといえるでしょう。そしていじった側の誠

意も欠けていたのもまた悪意に感じられる原因となった。

いじっていた側もその場で一言ごめん、といってればその場の空気も変わっ

たかもしれないけれど如何せんそれもなかったのがお互いの不幸。

そして梓ちゃんも無視するだけで対処するのではなくて何らかの意思表示

が必要だったかもしれません。それだけでも違ってきますよね。

そうすれば一人で札幌で生徒たちが来るのを待っているといった馬鹿な(?)

ことをしなくても済んだかもしれない、そう思います。形だけ参加しても意味が

ないんだよね、こういうイベントものって。

そんなめんどくさい人間関係に打ちひしがれた梓ちゃん、勿論彼女にも悪い

ところはたくさんあるのですが・・・

だからこそ素直に謝ってくれた陽人に余計に涙が止まらない。そこには失恋の

痛手もあったのでしょうがそれよりも本音でぶつかってきてくれたことが何

よりも嬉しかったのでしょうね、それってよくも悪くも自分を認めてくれた、っ

てことだし、なによりも情けない自分を許された気持ちになるから。

そんな二人の急接近に心穏やかではない月子ちゃん、しかし、彼女にも家族

のことで思い悩んでいることがあるようです。

姉とのすれ違い、それはどんな出来事がきっかけだったのでしょうか・・・

なかなか心理描写が面白いですね。

これはもう、

月子ちゃんのおへそペロペロ♪

なんていってられないかもw

次回も期待してますです♪

mp4_001426326


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:梶裕貴
出版:メディアファクトリー
(2013-06-26)

変態王子と笑わない猫。 第2巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]変態王子と笑わない猫。 第2巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:梶裕貴
出版:メディアファクトリー
(2013-07-24)

変態王子と笑わない猫。 第3巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]変態王子と笑わない猫。 第3巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:梶裕貴
出版:メディアファクトリー
(2013-08-28)