mp4_000243109

こんなに教えて欲しいのに

聞けずにいる

お前のみを僕は叶えてやりたいのに


忘れ物を届けるために八九字真宵を探し続ける阿良々木暦。

しかしどんなに探してもその足取りはようとして掴めない・・・

その原因は暦にあるのか、それとも真宵自身の心か・・・?

新シリーズスタート!どんなお話が紡がれるのでしょうね♪

mp4_000269903

アバンではアロハでお馴染みの忍野メメの姪と称する忍野扇と暦の

会話からスタート。交差点の信号機が一瞬すべて赤になる瞬間があると

いう話題を延々とする扇ちゃんという女の子。それに対してそれは業者の

点検の時か?と答える暦にもっと頻繁に起こることだと答える彼女。

しかし彼はそんな現象が起きていたら街中でパニックが起こるだろうと反論、

しかしそれは逆に事故を起こさないためにそうなっていると彼女は答える・・・

たしかにこれは実際にそうですよね。車に日常的に乗っている人ならすぐに

わかるような問題。それにそのすべて赤になるからというところから事故を

防げているはず。扇ちゃんの言っている事はすべからく正しいのですが、

素慇懃無礼さがなんとなく鼻を突いてくるようです。
mp4_000015782
mp4_000026359
mp4_000027560
mp4_000035935
mp4_000043810
mp4_000050050

そしてその話題はあたかもこの世界はモラルで成り立っているだけでとも

すれば見方を変えるだけですぐに崩れ去ってしまう事を暗示しているように

も聞こえてきます。

結局のところ彼女が何を言いたくて暦に近づいたのかはわかりませんが

恐らくはこれもこの新章以外での何処かの章に繋がりうる話なのかもしれま

せん。そしてそれは彼に対するある意味の警告なのかも・・・
mp4_000173006
mp4_000222355

そんな扇ちゃんのことを考えながら10年前に死んだ少女、八九字真宵の

ことを思い出す暦。今回の真宵ちゃんの物語はそういった彼女の生と死を

追体験したものとなっていきそうです。
mp4_000239639
mp4_000240573
mp4_000243109
mp4_000244844
mp4_000249215
mp4_000252218
mp4_000253286
mp4_000254387
mp4_000255422
mp4_000255755
mp4_000256222
mp4_000257090

そんなある日(おそらくアバンはずっと時系列的には未来の事だと思われます)

斧乃木 余接と再会する暦。

あ、そこにいるのは鬼のお兄ちゃんじゃないか、

元気そうに生きているんだね、ボクは安心して

ねたましいよ。
mp4_000277744
mp4_000279145
mp4_000280313

とやはり一種独特の挨拶をしてくる彼女、しかし暦はそれよりも余接ちゃんが

いるという事は・・・とあたりをきょろきょろと一気に挙動不審に陥ってしまいます。

やっぱり影縫さんが相当トラウマになっているようですねwww
mp4_000290190

しかし彼女は心配しなくても今日は自分ひとりだと告げる。式神とその主

という関係でもどうやら二人は常に行動をともにしている訳ではなく彼女

いわくワンセットではなくツーマンセルという関係らしい。と、いう事はある

程度は自由に行動できる訳ですね。

その点からこの間の迷子になっていた件を納得する暦でしたが、あくまでも

自分は迷子にはなっていないと主張する余接ちゃん、道を聞いただけでは

迷子にはなった事にはならないというのですが、その時点で既に迷ってるよね?
mp4_000296096

そんな会話を重ねているうちにふとあることに気付く暦。

しかし~ボクは決め顔で~というフレーズがなくなっていると指摘すると

黙れ、と強い口調で彼を制する余接ちゃん、どうやら彼女にとってもあの

フレーズは黒歴史だったみたいですね。

つーても、今でもかなり個性的なしゃべり方だというのは変わってないと

思うんだけど・・・
mp4_000361594
mp4_000362462
mp4_000366232

そこで話題を変えてここに何しに来たのかと質問を変える暦。しかしこれ

にも彼女は何かしら険の篭った言い方を・・・そんな彼女にこの街で何か

しようとするのであれば・・・
mp4_000383483

邪魔をしようっていうのかい?

・・・手伝ってあげようかと思って。

暦君、後から変えたね?www

そんな彼をお人よしだね、と評する余接ちゃん、どうやら彼女も呼ばれた口

みたいなので今回での暦との接触はありそうにもないのでしょうかね?

式神ゆえにその詳細は聞いていないのでとりあえずは様子見といったところ

なのでしょうか・・・?
mp4_000404070

そしてこちらも気になる余接ちゃんは暦の影をチラチラ。

こちらも先回の戦闘ではこっぴどくやられましたからねww

しかし忍ちゃんも今回は興味がある様子はなく出てくる気配もありませんが。

それにこの天気ではあまり外には出たくはないだろうしね。
mp4_000426459
mp4_000428294

さて、場所を変えて駄菓子屋の前。

余接ちゃんは暦に気になるところがあるから声をかけたのだという。
mp4_000447380
mp4_000450984
mp4_000452018

そのリュックサックもらったの?
mp4_000452919

と、背中には確かに真宵ちゃんの背負っているリュックサックが暦の背中に。

だが、彼はそれはもらったわけではなく自分の家に来た真宵ちゃんが忘れて

いったものだと答えるのでした。今日彼女が部屋に遊びに来てその時うっかり

忘れていったのもなのだとか。それで彼は日中町にでて真宵ちゃん探しに出

かけていたという訳ですね。
mp4_000454220
mp4_000455689

そんな真宵ちゃんに興味がありげな余接ちゃん、彼女がどんな経緯で

幽霊になったのか、と訊ねますがその辺は知っていても知らないフリを

する暦。その辺はさすがに怪異とよく接触しているのでよく心得てますね。

もし下手に本当の事をいえばそこから真宵ちゃんのことを消されかねない

ですし。こうやって平然とした中でも緊張感を保つこの会話劇、なかなか

面白いですよね。
mp4_000460960
mp4_000466933
mp4_000478044

だが、そんなバランスを次の言葉で吹っ飛ばす余接ちゃん、

ボクも元は人間なんだよ
mp4_000484818


暦君もびっくりですwwww

そこで改めて彼女が何の怪異なのかと尋ねる暦。

すると彼女は主である影縫さんが独自に作り上げたオリジナル要素満載の

式神だということなのですが、基礎としては付喪神、ようは長い年月を経た

道具や生物に神様や霊魂が宿るというものですね、それが元になっている

ようです。しかも彼女の場合それが人間だと・・・
mp4_000486086

百年使われた人間の
付喪神、

いや、死体の
付喪神という感じかな?
mp4_000508575

と、いうことは百年生きたという訳ではなくてそれは死んでから百年なんか

らの理由で使役された、ということ?それではまるでこのタイトルのような・・?


しかしこの事を話すのは影縫さんからも止められていたらしく誰か聞いた

者がいれば即殺す、といわれている内容らしい。
mp4_000538471
mp4_000542075
mp4_000547847

そんなことをさらっとバラしてしまう余接ちゃん、うっかり聞いてしまった

暦君はまたしても影縫さんの影に怯えなくちゃいけなくなってしまいましたね。

忍ちゃんの主としてwwww
mp4_000552318

で、暦は彼女の事を百歳を越えた後期高齢者だと思っているようですがw、

やはり見た目の頃に死んだ余接ちゃんはその時影縫さんに蘇えさせられた

ようですね。
mp4_000560093
mp4_000563596

そこで自分や暦、そして真宵ちゃんの違いがどこにあるのか、と問いかける

余接ちゃん。

彼女によればこの3人は死に方が違うと指摘。

暦の場合は怪異となり不死身になった、故に死というものを経験していない。

対して余接ちゃんは死んでその後蘇り怪異として生まれ変った、と。

そして真宵ちゃんの場合は死んだまま・・・
mp4_000566766
mp4_000591791

この三者のうちで誰が幸せだと思うか、と疑問を投げかける余接ちゃん、

そんなことを生まれ変った頃からずっと考えていたという彼女ですが、

暦にも答えられないと返す。生まれたことへに意味を模索することに執

着をみせるが故に真宵ちゃんのことにも興味があったようです。

真宵ちゃんが迷う理由、それは三ヶ月以上前に解決されたはず、しかし未だ

幽霊で在り続ける理由は彼にもわからない。

すると余接ちゃんは今度あったら自分の変りに聞いておいてもらえないか

と暦に頼むのでした。
mp4_000723556
mp4_000727093

幽霊になって幸せかどうか
mp4_000732599

そんな人の幸せが気になる余接ちゃんでした。

どうも彼女は式神としての今の自分が幸せなのかどうか、その基準となる

ものが欲しいようですね。他人の不幸を願うというよりももっと純粋にどんな

ことが幸せに感じる事なのか、そんな他愛もない当たり前の幸せがどんな

ものなのか・・・彼女の生まれ変わる前、それがなんとなくその事からも忍

ばれますね。

さて、結局夜になって真宵ちゃんを見つける事が出来なかった暦。

そんな彼は結局は上辺だけで付き合っていて彼女の本質を見抜いていなか

ったと少しだけ後悔。

一番大事なことを聞けずにいる
mp4_000757824

余接ちゃんのことも恐らくは聞けないし肝心なことはこれからもすべて聞く事は

出来ない。それは彼女自身が何も聞かないし教えてはくれないから・・・

お前の望みを僕はかなえてやりたいのに
mp4_000761061
mp4_000766966

そこに忍ちゃんは

かなえてやればよかろう
mp4_000775275

といきなり出現。

お前様よ、そんな事で悩んでも仕方なかろう?
mp4_000780914

と彼を諭します。彼女がどうしたいのか、どうありたいのかなどというのは

真宵ちゃん自身が決めること。他者が考えてもまったく仕方のないことだと。

それにかなえようとしてもそれが暦に出来ない事は彼自身がよく知ってい

ることだと彼女はいいます。
mp4_000784484
mp4_000806940

暦が悩むべき事はもっと他にあるべきはず、それは何よりも本分の

勉強のはずだとなにやらはぐらかす忍ちゃんでした。
mp4_000828261

しかし勉強はしていると暦。確かに夏休み中はひたぎさんや翼ちゃんが

ひっきりなしに勉強を教えていたはずだしね。忍ちゃんもそれを影ながら

見ていたのはいわずもがな。

しかしそれとは別に宿題というものに手をつけた形跡が・・・ないんですよねw
mp4_000835368
mp4_000840907

ボクはのび太君かよ!?
mp4_000842542

mp4_000843943

助けて、ノブえもーん!
mp4_000847313

忍ちゃん、ドラえもん呼ばわりwwww

しかしどうすることも出来ないですよね、夏休み終了まであと二時間、

おい、ノブえもん、タイムマシンを出してくれよ
mp4_000852385

あからさまに無理難題を言い出す暦、ちょっと昨日に戻ってくるから、

と駄々をこねだします。なんだか昼間の件の意趣返しのようにも感じなくは

ありませんが

藤子先生風にもじるのはかまわんがお前様よ、

忍をノブと略すのはやめい
mp4_000856823

で、ストレートに忍、タイムマシンを出してくれと頼む暦君、しかしそんなも

のはないと突っぱねる忍ちゃん。ま、怪異だから当たり前ですよねwww

だが、ふとあることを思いついた彼女はタイムマシーンはないが時間移動を

したいなら方法はあると・・・え、出来んの!?

つか、なんだろねこの広い部屋で正座してる二人ってw

なんだかかわいい♪
mp4_000864097

で、にんまりと微笑む忍ちゃん、
mp4_000866332
mp4_000876109

やっちゃお♪
mp4_000877811

と意外なことに協力をすることになるのでした。

さて、そんなある種SF的なタイムワープが出来るとは思わなかった暦は

忍ちゃんに神社まで連れられてきてそんなことを尋ねる。しかし彼女は

怪異ならばこそ時間移動もありだと答えます。
mp4_000886686

すると彼女は鳥居を依り代にしてゲートのようなものを形成。どうやら

彼女は鳥居や町の持つ場の力を使ってこの異次元につながる道を作って

しまったらしい。忍ちゃんはその力を利用してゲートを作る材料に変換した

のだということみたいです。
mp4_000908375
mp4_000910643
mp4_000911511
mp4_000914180
mp4_000918485
mp4_000918618
mp4_000920854
mp4_000922856
mp4_000925959
mp4_000936269
mp4_000942809
mp4_000944310
mp4_000947881
mp4_000950817

しかしその空間は不安定で急がないと後一分ほどで閉じてしまうという。

そして力を失ってしまえばもう二度とこの場所に同じものは作れないと彼を

せかす。

だが、心の準備ができていないと暦。

けれども忍ちゃんは
たかが時間移動に特に身構えることなくただ単に

飛び込めばいい、と答えます。
mp4_000971905
mp4_000976609

そんな軽いノリに安全だと確信しちゃう暦君。それならば、と自分も

軽く飛び込もうという気になってしまいましたよwww
mp4_000979412

しかしその前に彼の時計を所望する忍ちゃん、なにやらそれには裏が

ありそうなんですが・・・・?
mp4_000984684
mp4_000996863
mp4_000998698
mp4_001019719
mp4_001023957
mp4_001027293
mp4_001029295
mp4_001031998
mp4_001033833
mp4_001049349


こうしてやっと準備完了♪

そっと手を差し出し握ってくる忍ちゃん、それに暦はドッキドキです♪

やっぱり怪異でも百年以上生きてるロリババアでも見た目がアレだと

ときめいちゃうんですねwww
mp4_001051685
mp4_001053987
mp4_001055855
mp4_001058058
mp4_001063563
mp4_001086353

という訳で改めて出発する二人。

勢いよく飛び出す暦でしたが・・・このとき宿題ではなく真宵ちゃんのことを

考えていたのがどうやら時間軸に影響を与えてしまっていたようで・・・・?
mp4_001086986
mp4_001088021
mp4_001091257
mp4_001099499
mp4_001100767

気付いて目を覚ました暦は竹林の山道で目をあけることに。

時間は12時ごろ。

失敗を懸念する暦でしたが忍ちゃんは生まれてこの方失敗したことが

ないと自信を持って返します。
mp4_001108475
mp4_001111044
mp4_001122122

だが、ここで気になるのは彼女の傷だらけの足、これは時間移動によって

出来たものなのか、それとも彼が目覚める前に何かしらの事件が起こった

のか・・・?
mp4_001122622
mp4_001124124

だが、周囲の風景からは何も時間が変った確証は得られない。

そこで彼はすこし考え方を変えて今度は帰る手段の算段を始めるのですが、

その質問には言葉の歯切れが悪い忍ちゃん、どうも帰りのことまでは思考が

及んでいなかったみたいですね
mp4_001156723

しかも神社の鳥居の場の力を消費してしまったことでゲートを作れないんじ

ゃないか、と疑問を口にする暦さん

すると忍ちゃんの口がますます重いことにwwww
mp4_001177043

しかし、気を取り直して自信満々に大丈夫だと答える忍ちゃん、ここは昨日の

世界だからまだ自分達は出発していない、だから力はまだ使われていないと

力説します。
mp4_001189889

しかし、それだと今度は最初に行くときに既に場の力は消費されてそも

そもこちらにはこられないはず・・・?

ちょっと軽いタイムパラドックスに陥っていますねぇ(; ̄Д ̄)
mp4_001217417

で、それに気付いちゃった忍ちゃんはだんまりwwww

で、これまた五分後
mp4_001221254

そこで思い当たったのが時間の流れ。逆らわなければ時間を逆行するよりも

エネルギー消費が少ないから大丈夫だとの見解。

なんだか無理やりのような気もしますが(; ̄Д ̄)
mp4_001232499

しかし暦の追求はまだまだ終わらない。

今度は時間を遡った事でもう一人の自分がいる可能性を示唆するのですが、

それは忍ちゃんは高校における暦の立場だと理解したようですwww
mp4_001262562

しかしもうめんどくさくなってる?忍ちゃんは狸寝入りww
mp4_001272739
mp4_001273139
mp4_001275575

もう目が物語っていますね。

そんな事は直にあってみればわかるという彼女、明らかに投げやりです(笑)。
mp4_001275709

そんな訳でとりあえず家に帰ってみる二人。忍ちゃんは肩車をせがみます。

なんだか、このやり取りも違和感があるんだけどねぇ

忍ちゃん、わざとやってない?
mp4_001312445
mp4_001318785

で、山から降りるとそこには忍ちゃんの姿がかわいいと寄ってくる。

制服姿の女の子達。そんな彼女達に現在の日にちを聞く暦。すると今日

は一日前どころか5月13日だと答えるのでした。
mp4_001334034
mp4_001340373

その答えに呆然とする暦。

そして彼は続ける。今度は西暦を・・・
mp4_001355155

すると彼女達は11年前の西暦を答えるのでありました。

これは、真宵ちゃんが生きていた頃の世界・・・?

ED

曲は同じですが映像は新規のものにで真宵ちゃん仕様に変更ですね。
mp4_001374240
mp4_001386453
mp4_001417684
mp4_001425925
mp4_001431765
mp4_001444044

今回から始まった新シリーズ、傾物語。

今回は真宵ちゃんが主人公のはずなのにやはり不在。

これは何を意味するのかがとても気になります。

果たして彼女は本当にいなくなってしまったのか、それともただ見えなくなって

しまっただけなのか。冒頭の扇ちゃとの会話はそんな危うい世界を表現して

いるようにも思えます。

物語はまだ始まったばかり、11年前の真宵ちゃんがまだ生きていた頃の世界

でどんな展開が待っているのか次回が楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ