mp4_000228895

ではでは、虚実入りじる描写

あることないこと織り交ぜて戦場ヶ原ひたぎと

阿良々木暦の恋物語をを語らせてもらおう



元旦、戦場ヶ原ひたぎは仇敵貝木泥舟に連絡を入れる。

その目的は千石撫子の案件。

卒業式に殺される運命の彼女は恋人とともにその日を生き延びるために

苦渋の選択をする。

彼女のその決意に貝木はどう答えるのか・・・?
mp4_000089923

人は真実を知りたがる。あるいは自分の知っている

ものを真実だと思いたがる。

そんな注意書きめいたセリフで始まる新章、恋物語。

今回は貝木泥舟のナレーション、

ではでは、虚実入り混じる描写

あることないこと織り交ぜて戦場ヶ原ひたぎと

阿良々木暦の恋物語をを語らせてもらおう


飄々とした語り口が既に彼の口車に乗せられている、そんな独特の

感覚が面白いアバンです。
mp4_000006072
mp4_000010577
mp4_000015815
mp4_000036436
mp4_000036970

正月という事でお雑煮におせち料理。京都に来ているという事で白みそ

仕立てというのも描写が細かい。恐らくは料亭か何かなのだろうけど正月

をきっちりした所作で過ごす彼にどこか詐欺師らしからぬ雰囲気を感じて

しまいます。これもまた彼独特の騙しのテクニックの一つなのかもしれません。

彼に全く感じない生活感、はそんなところから来るのかもしれません。
mp4_000038405
mp4_000058458
mp4_000067734
mp4_000075408
mp4_000078978

そんな訳で彼はその足で京都の有名な神社へ参拝、ではないなw

人間ウォッチングに来ていた。鳥居からすると伏見稲荷でしょうかね。

八坂神社っぽい描写もありますがそんなあやふやさも貝木らしさを演出し

ている様にも思えます。
mp4_000105438
mp4_000108008
mp4_000110377
mp4_000113413
mp4_000122122
mp4_000123656
mp4_000139372
mp4_000146613

さて、そんな彼に戦場ヶ原ひたぎから電話が。

しかし貝木はすっとぼけて自分は鈴木だと言い張る。
mp4_000160994
mp4_000171271

『鈴』にド〇えもん
mp4_000172972

『木』にピ〇キオですか
mp4_000174374

そこで彼女のほうも千沼ケ原と名乗る事に。

一体どこで張り合ってんですか、ガハラさんwww
mp4_000193393

こうして初対面同士で通話をすることになった鈴木と千沼ケ原さん。

彼女はある依頼をしたいと彼に持ちかける。そして直接会って話がしたい、と。

しかし彼は現在沖縄の那覇の喫茶店でモーニングを食べていると嘘の

居場所を伝える。
mp4_000212145
mp4_000218151

それに間髪いれず行動に移るひたぎさん。それほど焦っていたのか。

それともこれは彼を誘い出すための罠だったのか・・・

さて、どちらなのでしょうねw

結果、その重い腰を上げて貝木もまた沖縄へ。

ぶっ殺す、の殺し文句よりも彼に効いたのは彼女らしからぬ

よろしくお願いするわ・・・

その一種なれなれしくも恐らく電話の向こう側ではそれに似つかわしくない

表情を浮かべてしまっているのは容易に想像できる言葉に興味を抱いた、

というところか。彼女が今どんな顔で自分を呼んだのか、それが気になっ

たのかもしれません。
mp4_000222756
mp4_000240974
mp4_000251584
mp4_000267934
mp4_000289356

沖縄の空港に着陸したとたん、ひたぎさんから電話。

完全に飛行機に乗ってきたのがバレバレ

でもそこで嘘を突き通すのが貝木らしくもあります。

二人は喫茶店で落ち合うことに。

ひたぎさんはめがねをかけているからそれを目印にしてちょうだいと

言って電話を切ります。
mp4_000317450
mp4_000334968
mp4_000358091
mp4_000359125
mp4_000362395

で、遠目から彼女の事を確認した彼はその格好よりインパクトのある

登場方法を考える。そこで彼の考えた方法は彼女がよく目にしたアロハ

野郎と同じような柄のアロハを着こなすことwww

つか、誰が出会いがしらのインパクト勝負をしろと
mp4_000374808
mp4_000380613
mp4_000387754
mp4_000388955
mp4_000392425
mp4_000392559
mp4_000399532
mp4_000401901
mp4_000402902
mp4_000409409
mp4_000409743

よし勝った♪
mp4_000413213

結局この勝負は貝木の圧勝に。

さすがの違和感にひたぎさんも笑いを堪え切れません。

つか、さすがに後だしは卑怯だよなw

まぁひたぎさんの方はあくまでも感情を読みとられないための鼻めがね

だったんだろうけど、こうもあっさり崩されるとはやはり彼は喰えない男です。
mp4_000428094

そこで彼女は挨拶もそこそこに本題に入り騙してほしい人間がいる

と単刀直入に依頼を切りだします。
mp4_000428094
mp4_000442442
mp4_000445078
mp4_000449949

だが、彼は具体的な話を聞かせてくれないと返事はできない、と答える。

その返答に彼女の方は彼には拒否できないそれ相応の責任があると

いって交渉の場に引きずり出そうとする。

それを補償か、と訊ねる貝木。以前被害をうけたその償いをしろ、という

訳ですね。おっぱい以外はおおきくなったな、と嫌味な貝木さんですw

しかしその部分は暦に埋めてもらったとひたぎさん。

ちょっとのろけが入ってますね(* ̄∇ ̄*)
mp4_000452952
mp4_000491224

その上彼女は完全武装、仕方なく彼も交渉のテーブルにつくことに。

そこで彼女は千石撫子の名前を出す。

その名に無反応な貝木。自分と会っている事を暦は知っているのか、と

揺さぶりをかけようとする。
mp4_000507741
mp4_000521621
mp4_000529696
mp4_000549916
mp4_000576276
mp4_000615048

会話に際して彼女を見ない貝木wこれもまた感情を読み取られまいとする

意識がそうさせるのでしょうか。
mp4_000637404

そうして強引に本題に入るひたぎさん。自分たちに春以降の未来は

ないと切りだします。順調に行けば卒業式には自分たちは殺される、と。

それを聞いて経緯はともかく事情は理解した貝木。
mp4_000671538

そこで彼もとりあえず話しは聞く、と交渉は継続。とりあえずは興味を

持たれたようではありますね。
mp4_000714214

こうして彼女は千石撫子が既に人間ではなくなってしまった事を話す、

現在は北白蛇神社に祀られる神様になったのだと。

ここでひたぎさんのメガネもチェンジ♪
mp4_000735035
mp4_000744344
mp4_000762562
mp4_000813179

そして彼女が以前彼が街にやってきた時にターゲットにした中学生の

被害者に被害を受けた人物だと話すひたぎさん。

しかし貝木には全く心当たりがないようです・・・?

ま、これも定かではありませんが
mp4_000822489
mp4_000841374
mp4_000858124

その貝木が起こした詐欺事件とそれに関わる連鎖的な被害をまるで

他人事のように淡々と話す彼。そんな貝木に思わずカッとなってジュースを

ぶっかけるひたぎさんでした。社会悪とはよくもいえたものです。
mp4_000883383
mp4_000884150

子供扱いしないで

だが、それを歯牙にもかけない貝木。ここは完璧に彼女の負けですね。
mp4_000896496

そして彼女が怪異そのものとなってしまった原因の一端は彼にもあるの

だと再び攻めるひたぎさん。感情に訴えたわけですが、その言葉よりも

彼は二年前に聞いた同じようなセリフを思い出す。同じ事を同じ人間に

頼むのはどういう気持ちなのだろうと・・・

しかも世界で一番キライな人間に。

そこで彼は初めてひたぎさんを正面から見据えます。

彼の読めない意志をメガネの反射で物語る演出がすごい♪
mp4_000964064

こうしてようやくその気になった貝木は彼女の話をようやく聞く気に

なったようです。彼女の依頼に神様化した撫子ちゃんを騙すのは容易いと

彼は答える。

つか、忍ちゃんはロリ奴隷ですか(; ̄Д ̄)
mp4_001018418
mp4_001022589

だが、彼は金無しには動かないと・・・

それはたとえ天地がひっくり返ろうと変らない。

自分や暦、撫子ちゃんを引き合いにして感情に訴えてもそれは譲らない、と。

とりあえず即金で彼女が払える金額は10万円。これは以前忍野に

払った謝礼の金額と同じ値段。

これでもし足りなければ卒業までの猶予期間で体を売る、といいますが・・・
mp4_001114714
mp4_001121788
mp4_001122489
mp4_001158458
mp4_001161928

トイレはどこですか?
mp4_001166266

こうして自問自答に移る貝木。

もちろんガハラさんと暦のために無償で依頼を受けるのはNO。
mp4_001175275
mp4_001178912
mp4_001182916
mp4_001190757

では撫子ちゃんでは?

これもNO。知らない人間に恩を売るわけにはいきませんよね
mp4_001205405
mp4_001207007
mp4_001230263

では旧知の間柄としてひたぎさんに償いをする気はあるか?

それもNO。たとえ身売りすることになっても感情は動かない、と。

と、すればあの反応はなんだったのか?

この辺に彼のへそ曲がりな部分が見え隠れしているようにも見えますね。
mp4_001239739

では暦サイドからは?

妹の件や影縫さんの一件ではどうか。

って、アレって情報源は貝木だったのか

これも割に合わないとNO
mp4_001246346
mp4_001249916
mp4_001255121
mp4_001259759
mp4_001264097
mp4_001269035
mp4_001270270

いくら考えてもNOに行き着くばかり。

そこに神原駿河のことを思い出す彼。臥煙先輩の姪、彼女と少しでもひたぎ

さんに繋がりがあれば行動を起こす事ができるのか。
mp4_001332365
mp4_001351317
mp4_001355889

YESだ
mp4_001368868

回りくどく回答を導き出す貝木。

物語全体が彼の口車に乗ってしまったかのごとくどれが彼の語る真実

なのかわからなくなる

あくまでもひたぎさんや暦のためではないと言い張る彼ですが、彼女の

真摯さに心を一瞬でも動かされた彼、それはいくら言葉を重ねても隠しき

れるものではなさそうです。

さて、撫子ちゃんを騙すことになった貝木、その手口がどのように展開される

のか楽しみですね。

ED
mp4_001378278
mp4_001389289
mp4_001400100
mp4_001435669
mp4_001440940
mp4_001445545
mp4_001452686



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ