mp4_001200210

選択なら私は戦わない方を選ぶ・・・

だって、もう辛い思いはしたくない

この世界でなら強くなれると思ったのはただの幻想だったのよ・・・



突然姿を表した死銃(デス・ガン)の強襲を受けて全身麻痺に追い込まれ命の危機にさらされたシノン。

しかも、奴が持っていた銃は忌まわしき過去、消してしまいたいほどの記憶の断片だった・・・

黒星・五四式、それは彼女が強盗犯から母親を守るため、犯人を射殺に追い込んだ銃。

それが再び目の前に現れ茫然自失となってしまったシノンはその記憶が蘇りフラッシュバックを起こしてしまう。

そして、奴に対して引き金を引くことをためらうように・・・

そんな弱気のシノンを連れて死銃の追撃をかわし逃走を図るキリト。

果たして、彼らは死銃から、そして過去の因縁から逃れることができるのか。


今回は死銃との直接対峙によって過去のトラウマが蘇るシノンちゃんの物語が描かれるエピソード。

死銃の持つ黒星・五四式が奇しくも?彼女が遭遇した強盗犯射殺事件と重なりあい、そのトラウマが

蘇ることになってしまいます。そんな辛い記憶に悩まされ仮想現実・GGOの世界でも恐怖に囚われ

引き金を引けなくなってしまうシノンちゃんの様子がとても切ない今回となっています。

そして、そんな彼女を通して自らのトラウマを乗り越えようとするキリトさん。

果たして二人は共に囚われた過去の因縁を断ち切り前に進みだすことができるのか。

キリトさんは現実世界で待っているアスナちゃんや友人たちとの絆のために。そしてシノンちゃんは

現実に立ち向かう強さを得るために・・・

そんな二人のアツい戦いが繰り広げられる第10話となっています。


mp4_000001534

背後からの接近を許し、狙撃され動きを奪われるシノンちゃん。

そんな彼女が目撃したのは死銃が持つハンドガンが黒星・五四式だったということ・・・

この銃は幼いころ、自分が遭遇した強盗事件で誤って犯人を射殺に追い込んでしまった忌まわしい記憶。

それが再び目の前に現れ再び過去のトラウマと対面しなければならなくなってしまう彼女でありました。

その因縁に恐怖するシノンちゃん、今回はそんな彼女の内面での戦いが描かれることとなります。

黒星・五四式といえば、その原型はソ連製のトカレフであり、日本では横流し品や規格外の不良品、

ないし中国国内での密造品の類が横行している様子。そんな銃がゲームに存在していることもちょっと倫理的に

信じられない感じで違和感がします。性能的にも粗悪品との評価があるらしいし、なぜわざわざ死銃が好んで

使用しているのかが不思議なところといえるかもしれません。もしかして、この黒星、原型はトカレフを使い、

安全装置などを付与した模造品である可能性もあるのかも。そして、それをわざわざ使うのには・・・

どうやらシノンちゃんは狙われるべくして狙われた、という気がしてなりません。そこからはサイコパスの

極端な冷酷さ、エゴイズムが漂ってくるようです。

そんな絶体絶命の危機に晒される彼女、そのピンチに銃士Xを狩る、ああ、勘違いなキリトさんはどう動くのか。

アバンから緊張感マックスな今回です。mp4_000003978
mp4_000005682
mp4_000007226
mp4_000008460
mp4_000012557
mp4_000014934
mp4_000017022
mp4_000022923
mp4_000024117
mp4_000024547
mp4_000028361
mp4_000028800
mp4_000029138
mp4_000031333
mp4_000032660
mp4_000034876
mp4_000038639
mp4_000040255
mp4_000145676

さて、そんな死銃に強盗犯の影をみるシノンちゃんはそのせいでトラウマが蘇り恐怖に取り込まれてしまう

ことに。キリトさんと一緒に行動して彼の強さを理解し、それを自分の強さに変えようとしていた彼女でしたが

それも死銃の呪縛ではもはや風前の灯といった感じ、諦めたくないと心で叫びつつもそこからなにもできない

無力感に苛まれるシノンちゃんです。
mp4_000150280
mp4_000151662
mp4_000154252
mp4_000156082
mp4_000158045
mp4_000162630
mp4_000167791
mp4_000169655
mp4_000172052
mp4_000173932
mp4_000178352
mp4_000179615
mp4_000181743

だが、そんな彼女を危機一髪救ったのがキリトさんだった。

銃士Xを狙っていたはずの彼は銃による狙撃とスタングレネードでの牽制で辛くもシノンちゃん救出に成功。

その場からの脱出を試みるのでした。
mp4_000186651
mp4_000188811
mp4_000191402
mp4_000195456
mp4_000197132
mp4_000197944
mp4_000200494

その時、死銃も黒星からサイレント・アサシン・L115A3に持ち替え応戦。

物陰に隠れるまでの威嚇なら黒星だけでも十分な気もしますが、どうやらそれには奴なりのこだわりが

ある様子。そこからも偏執狂的な性格が伺えるようでもありますね。
mp4_000200931
mp4_000203052
mp4_000203475
mp4_000204920
mp4_000205925
mp4_000208298
mp4_000209469
mp4_000209896
mp4_000211472
mp4_000212161
mp4_000213923
mp4_000216142
mp4_000217321
mp4_000219065
mp4_000221328
mp4_000222768

一方助けたキリトさんも一発食らった様子。それが銃士Xからのものなのかわからないところが、

見るものを、おっ!?と思わせる演出が心憎いことになっています♪
mp4_000223775
mp4_000225690
mp4_000228074
mp4_000230071
mp4_000231366

だが、死銃からの追撃を未だ逃れられない二人はバギーで逃走を図る。おいて行ってというシノンちゃん

ですが女の子にやさしいキリトさんにはそんなことはできるはずもありませんねw

そのバギーと一緒に馬も置いてはあったのだが、シノンちゃんいわく騎乗スキルがかなり難易度が高くて

乗りこなすのは無理だと。それに素直に従うキリトさん、どうやら乗馬はこれまでのゲームにはあまり登場し

なかったようです。得意ジャンルならドヤ顔で乗るんだろうけど、ねwww
mp4_000245296
mp4_000247238
mp4_000249705
mp4_000254481
mp4_000256642
mp4_000259666
mp4_000266558
mp4_000267634
mp4_000269277
mp4_000270572
mp4_000275055
mp4_000276558
mp4_000278452
mp4_000280308
mp4_000283671

さて、シノンちゃんの安堵もつかの間、キリトさんは彼女のヘカートⅡで馬を狙撃し破壊してくれと頼む。

それはもちろん、死銃から逃れるため、追撃をさせないための方策であります。

だが、そこでも植え付けられたトラウマが再び彼女を襲い引き金を引くことができなくなってしまう。
mp4_000286248
mp4_000284697
mp4_000287095
mp4_000292007
mp4_000292437
mp4_000293720
mp4_000297405
mp4_000299209
mp4_000299914

え、なんでっ!?
mp4_000303142
mp4_000304271
mp4_000305141
mp4_000308979

ひけない・・・なんでよ!
mp4_000313242

相手は死銃でも強盗犯でもない、それなのに・・・

その戸惑いに困惑の色を隠せないシノンちゃん。

だが、その間にも死銃は二人の間合いを詰め始める。その姿にまたしても強烈な痛みが走る彼女には死銃

が強盗犯に見えてしまう。すでに死銃自身がトラウマと化してしまい追いかけてくるんですから、シノンちゃんに

とっては恐ろしいことこの上ありませんね(; ̄Д ̄)

それが、口から煙吐いた日にゃ・・・怖すぎるわw
mp4_000316344
mp4_000320944
mp4_000321386
mp4_000322123
mp4_000322556
mp4_000322886
mp4_000323418
mp4_000324963
mp4_000326715
mp4_000327754
mp4_000328181
mp4_000329084

しかも、奴は難しい騎乗スキルを難なく使いこなし、二人を追いかける始末。

その恐怖に怯えるシノンちゃん、しかしバギーでは奴を振り切ることは困難・・・

そして、再び黒星を構える死銃からまたしても死の恐怖がつきまとう彼女です。

弾道予測線(バレット・ライン)が襲いそれを避けるシノンちゃん、これまでのかのじょなら絶対に

しなかったであろうこの行為に彼女の恐怖心がすでに闘争心を侵食してしまっていることが伺えます。

おそらく死銃の中の人もそれをわかって嬉々としてやっているんだろうな、と

死銃さん、ホント最低野郎ですな(; ̄Д ̄)
mp4_000331714
mp4_000333007
mp4_000336274
mp4_000338557
mp4_000342050
mp4_000344641
mp4_000346421
mp4_000347783
mp4_000348200
mp4_000351394
mp4_000352632
mp4_000355483
mp4_000357500
mp4_000360741
mp4_000362617
mp4_000364828
mp4_000366671
mp4_000372102
mp4_000373630
mp4_000374671
mp4_000375638
mp4_000376432
mp4_000378427
mp4_000381161
mp4_000382627
mp4_000383030
mp4_000383071
mp4_000383426

シノンちゃん、それじゃキリトさんに中っちゃうじゃ・・・
mp4_000384359
mp4_000384760
mp4_000384985
mp4_000385574
mp4_000385846
mp4_000386282
mp4_000386617
mp4_000387234
mp4_000387656
mp4_000388993
mp4_000390062

迫る銃弾に

嫌だよォ、助けて・・・

とすっかり子供に還ってしまったシノンちゃん。

しかしキリトさんはそんな彼女にこのままでは追いつかれてしまう、と死銃に対して狙撃を指示する。

牽制だけでも、と・・・
mp4_000392435

だが、恐怖に駆られた彼女はそれでも引き金を引くことができない、と頭を振るばかり。

そこで、自分がヘカートⅡを撃つとキリトさん。すると彼女はようやく自ら奮い立つことを決意、自分が撃つと

戦う決意をし、死銃に照準を合わせようとするのでした。

だが、それでも引き金をひくことができないシノンちゃん。せっかくヘカートから湧いた闘志も奴の前では

消えかけた蝋燭の炎のごとし、彼女はまたしてもトラウマに飲み込まれてしまう運命なのか・・・?
mp4_000396480
mp4_000403996
mp4_000408742
mp4_000414669
mp4_000417357
mp4_000422269
mp4_000426678
mp4_000428742

ヘカートは私の分身、私以外の誰にも扱えない・・・・
mp4_000432648
mp4_000434614
mp4_000435560

銃を構えるシノンちゃん、お尻がやたらセクシーです♪
mp4_000436853
mp4_000438085
mp4_000438268
mp4_000438423
mp4_000438852
mp4_000439802
mp4_000441526
mp4_000443517
mp4_000444793
mp4_000448496
mp4_000452917
mp4_000456061

さて、そんなシノンちゃんをサポートすべくハンドルを持ち帰るキリトさん。

この場面ではそれをするためにアクセルを持ち替えるという細かい描写まで。

てか、なんでオートクルーズコントロールがないの?
mp4_000460620
mp4_000466899
mp4_000472770

こうして、空いた手でシノンちゃんに指を添えるキリトさんであります。

選択なら私は戦わない方を選ぶ・・・

だって、もう辛い思いはしたくない

この世界でなら強くなれると思ったのはただの幻想だったのよ・・・



もう戦えないというシノンちゃんに戦うか戦わないか、と二者択一を迫りつつ、優しさを見せる彼。

そして、そんな戦いの中でさえ、すべての全力を尽くそうとする彼の真摯な姿に心打たれた彼女は

自らの心に打ち勝とうと引き金を引いてみせるのでした。

目の前にある現実から目をそらさず向かって行くこと、それがたとえ仮想世界であっても・・・

それがキリトさんの強さ、なのですね♪

それにしても揺れを止めるために空中にタイミングよく逃げるとは、なんという洞察力

やっぱキリトさんてば常人離れしてますわ(; ̄Д ̄)
mp4_000477186
mp4_000478496
mp4_000479654
mp4_000485904
mp4_000487872
mp4_000493494
mp4_000495734
mp4_000496180
mp4_000496517
mp4_000497574
mp4_000498383
mp4_000498813
mp4_000500049
mp4_000503592
mp4_000506307
mp4_000509182
mp4_000510236
mp4_000513630
mp4_000519293
mp4_000524365
mp4_000525663
mp4_000525885
mp4_000525977
mp4_000526422
mp4_000526801
mp4_000527127
mp4_000528800
mp4_000530974
mp4_000531844
mp4_000533168
mp4_000533599
mp4_000535552

その銃弾はしかし、死銃からそれて車に命中。だが、それが引火し大爆発を偶然にも引き起こし、

それに巻き込まれる形になった死銃から結果的に逃れることに成功する二人。

爆発に飲み込まれた死銃の姿はさながらターミネーターの如しであります。

なので、絶対死んでねーよな、って予感もバリバリ

こういう既視感のある演出はできれば避けて欲しかったような気も・・・ま、贅沢な希望なんですけどねw
mp4_000537097
mp4_000537392
mp4_000539215
mp4_000539883
mp4_000542710
mp4_000543590
mp4_000544954
mp4_000546431
mp4_000552614
mp4_000558935

こうしてようやく死銃の追手からの脱出に成功した二人は砂漠地帯の洞窟に入り衛星からのスキャンから

身を隠すことに。
mp4_000562630
mp4_000565574
mp4_000575407
mp4_000576846
mp4_000580902
mp4_000587167
mp4_000599278

そこで、しばしの休憩をとるキリトさんは死銃の行動を分析し始める。

どうやら奴がいきなり接近してこれたのはあのボロマントに秘密があったようで、シノンちゃんもあれが

メタマテリアル光学歪曲迷彩だというアイテムだと指摘する。しかもそれは衛星からのスキャンも透過する

というすぐれもの。だから奴の居所は掴めなった、というわけです。

しかし、この砂漠地帯ならその状態でも砂を噛む足音ですぐに察知できるととりあえず身の安全を確保し、

安堵する二人でした。

だが、シノンちゃんの死銃に対する恐怖心は膨らむばかり。あの爆発で死んでしまったのかも、と無理に

納得させようとするもそれがありえないことはキリトさんの目撃情報でも明らかです。
mp4_000601662
mp4_000605463
mp4_000623075
mp4_000627666
mp4_000632578
mp4_000634538
mp4_000640618
mp4_000644659
mp4_000651178
mp4_000667794
mp4_000674419
mp4_000680980

そんな不安の中、話は変わり死銃出現からどうやってシノンちゃんを救ったかという経緯へ。

その答えは実に明快なものでした。何故ならば銃士X、正確にはマスケティア・イクスはどう見ても女性キャラ、

しかもとびきりの美人さんときたもんだ♪これでは一目で人違いだというのはわかりますよねw
mp4_000682517
mp4_000694317
mp4_000700140
mp4_000707662
mp4_000709671

スタイル抜群でおまけにビキニでミニスカというエッチな衣装。

なんでキリトさんはこういうのばっかりに当たるかなぁ
mp4_000717255_stitch

で、そんな彼女を瞬殺しちゃってライフルとスモークグレネードを拝借してすぐにシノンちゃんが襲われて

いることに気づいた彼はそれを使って強襲に出たというわけでした。

これで、彼女に手こずっていたら・・・シノンちゃんはすでに・・・そう考えると怖いものがあります。

キリトさんの戦闘スキルにここでも救われるシノンちゃんです、
mp4_000723782
mp4_000728932

死体から武器を剥ぎ取るキリトさん。この部分だけをみるとなんと鬼畜なwww
mp4_000731108
mp4_000732668
mp4_000735322
mp4_000736796
mp4_000741034
mp4_000744237
mp4_000746229
mp4_000750566

そんな裏話を聞いてますます落ち込んでしまうシノンちゃん。

私がもっとしっかりしていれば・・・

と後悔するも後の祭りといった感じです。未だトラウマから脱しきれていない彼女はキリトさんの自分が

追い込まれていたら自分を助けてくれていたのはシノンちゃんだという励ましの言葉も今の彼女にとっては

辛い慰めにしか聞こえません。
mp4_000768665
mp4_000772417
mp4_000775337
mp4_000781562
mp4_000783258

そんな子どもじみた自分の傷心を見透かしたように一人死銃に向かうと立ち上がるキリトさん。

死銃からの弾丸を喰らえばリアルでの死が待っているかもしれない、その危険を見越しての彼なりの

配慮でありました。キリトさん自身も死銃への恐怖は完全には払拭できていない今、これ以上彼女を巻き込む

ことはできませんからね。
mp4_000794313
mp4_000796257
mp4_000797817
mp4_000799760
mp4_000803802
mp4_000808284
mp4_000809268
mp4_000818019

あなたでも、あいつが怖いの?
mp4_000821675

その問いに昔の自分はあるいは本当の死が待っていても立ち向かったかもしれない、と話すキリトさん。

だが、今は守るべき人たちができたために常に恐怖と戦っていると打ち明ける彼。

珍しく弱気な、それでいて人間らしく成長した想いを告げるキリトさんでありました。

そんな彼がとてもかっこいい場面となっています。
mp4_000826364
mp4_000836571
mp4_000848499
mp4_000867387
mp4_000878731

そこでシノンちゃんは死銃から逃げ延びるには自殺して強制退場すればいい、と。

確かに自発的ログアウトはBoBの大会中はできないので、それを逆手に取ってこの方法も可能では

ありますね。

それを参加者が3人が残った時点まで二人が隠れてやり過ごしそれを実行。そうすれば残ったそいつが

自動的に優勝して大会は終わる、と。

だが、キリトさんはそんな彼女の消極的な考えではその間にもリアルでの死の可能性がいずれかのプレイヤー

を襲うことになる、それをやはり彼は看過することができないと告げるのでした。

やっぱり、君は強いよ・・・

改めて彼の強さを思い知るシノンちゃん。

そんな彼の強さに惹かれた彼女もまたその弱気な考えから抜けだそうと彼とともに戦うことを決意する。

その無謀な行為に危険だと同行を拒否するキリトさんでしたが、自分の中で怯えるもう一人と戦う彼女を

察して彼は態度を軟化させる。

そして、ひとりでも戦い、死ぬというシノンちゃんに彼はその想いが間違いであることを諭していくのでした。

決して一人では死ねない、必ず誰かを巻き込んでいくのだと・・・
mp4_000882971
mp4_000888779
mp4_000897652
mp4_000909827
mp4_000914764
mp4_000916380
mp4_000937699
mp4_000949948
mp4_000951409
mp4_000951845
mp4_000953288
mp4_000966515

そして、自分もまた彼女に関わった一人であると。

そんなキリトさんの説教モードがなかなかかっこいい今回です。
mp4_000968335
mp4_000974251
mp4_000976932

ならあなたが一生あたしを守ってよ!

しかし、そんな彼の想いに反発してしまうシノンちゃん。何も知らないくせに、とやり場のない怒りを

思わずキリトさんにぶつけてしまう。
mp4_000989675
mp4_000992755
mp4_000994972
mp4_000996011
mp4_001002545
mp4_001003924
mp4_001006183

それともあなたが一緒に背負ってくれるの!?

この・・・この人殺しの・・・

あなたが握ってくれるの・・・?

mp4_001024863
mp4_001028191
mp4_001029767
mp4_001031727
mp4_001035728
mp4_001038120
mp4_001038871

キリトに自分の勝手な想いをぶつける、それが理不尽なことだとわかっていても止められないシノンちゃん。

そんな彼女が自分から過去の殺人を彼に告白をし始める。

血に染まった両手はもう元には戻らない、その苦しみがお前にわかるのか、と・・・

そんな沢城みゆきさんの迫真の演技にこちらも思わず涙です(ノд・。) さすが沢城さん、パネエっす
mp4_001042959
mp4_001047903
mp4_001049231
mp4_001050199
mp4_001053216
mp4_001054128
mp4_001056207
mp4_001059515
mp4_001060455
mp4_001068306
mp4_001074466
mp4_001076433
mp4_001079074
mp4_001087836
mp4_001088002
mp4_001089719

嫌い、大っ嫌いよ あんたなんか・・・!
mp4_001090150
mp4_001090693
mp4_001091644
mp4_001092977
mp4_001096903
mp4_001105374

そんな泣きつかれて横たわるシノンちゃんは過去に人を殺した事実をキリトに打ち明ける。

泣いたことできっとキリトさんならそれを話しても受け入れてくれる、と感じたのかもしれませんね。

これだけ理不尽なことをぶちまけてもそれを受け止めてくれた彼なら、と。

ちなみに事件はどうやら世間的には犯人の銃が暴発ってことになっていたようです。
mp4_001111119
mp4_001116439
mp4_001121486
mp4_001123374
mp4_001130975
mp4_001139822
mp4_001145279
mp4_001179631

そして、自身のトラウマを克服すべくGGOへ参加した経緯を明かすシノンちゃん。

そこで強くなれば現実の自分も強くなれると、あの忌まわしい過去の出来事の記憶も消すことができる、と・・・
mp4_001181055
mp4_001195551
mp4_001199246
mp4_001200210
mp4_001203576
mp4_001208791
mp4_001218309

しかし、それが死銃との邂逅でそれが思い込みだったことを思い知らせれてしまった彼女は絶望の淵に

立たされていることを身にしみて味わってしまう。

現実の自分とゲームとが重なりあってしまった今、前に踏み出すにはその原因となる死銃と戦うしか道は

残されていない。彼女はそう考えを巡らせるのでした。

そんな彼女にとうとうキリトさんも自分の過去、かつてSAOで死闘を演じた一人、サバイバーであった

ことをついに口にすることに。

俺も、人を殺したことがあるんだ・・・
mp4_001225347
mp4_001229242
mp4_001235674

そして、そこで今の死銃となる前のプレイヤーと戦った経験を明かすキリトさん。

そんなデッドプレイヤーとの再戦に死銃の遺恨を絶とうとする彼の決意は固い。
mp4_001246123
mp4_001248930
mp4_001266250
mp4_001269763
mp4_001280657
mp4_001284682
mp4_001285139
mp4_001288843
mp4_001299452
mp4_001307173
mp4_001309701

そして、その戦いは自身の、そしてシノンちゃんのトラウマを断ち切る戦いでもある・・・

この世界から、そして現実でも前に踏み出すために。

果たして、その戦いの行く末は・・・?
mp4_001321925
mp4_001328174
mp4_001330195
mp4_001332830

今回もすさまじい人間ドラマが展開。シノンちゃん・沢城みゆきさんの素晴らしい演技が光るエピソードでした。

あれには思わず共感してしまいました。

強くあれ、と弱さをこれまで隠してきた彼女でしたが、キリトさんとの出会いでようやく自分の弱さをさらけ出す

ことができて自分を見つめなおすこととなったシノンちゃん。

そんな新たな強さを手に入れた彼女の活躍が次回以降の見どころとなることでしょうね♪

それにしても前回に引き続いて過剰なスキンシップが

膝枕、なんてけしからんイチャコラな二人でしょうかね

これじゃもうデキてないなんて言い訳通用しないよね(; ̄Д ̄)


ま、これもあのアバターがあってこそかもしらんがw

現実でのキリトさんにあった時の詩乃ちゃんのリアクションが今から楽しみでなりません。
mp4_001425798


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ