mp4_001249899

アスナ、ぶつからなきゃわらないことだってあるよ

例えば、自分がどれくらい真剣なのか・・・



絶剣との死闘の末、その正体が『ユウキ』という女の子であることを知ったアスナ。そして彼女は彼女

にその腕を見込まれてスリーピング・ナイツに助っ人としてフロアボス戦に一緒に戦ってほしいと協力を

要請されることに。

そんな彼ら『スリーピング・ナイツ』はメンバーたちの個人的な事情でこの次の春には解散することが決ま

っているという。そこで解散前の思い出づくりとして自分たちのパーティーだけでフロアボス攻略に挑戦して

いたのだった。だが、通常の攻略では7人のパーティーが7組必要なのが攻略の定石。それはユウキの

常識はずれな強さを持ってしても同じだった・・・

そんな彼女たちの事情を知ったアスナは一度は躊躇するものの、過去の自分を振り返り快くそれを引き

受けることに。

果たしてスリーピング・ナイツの挑戦は・・・


今回は女の子だった絶剣さんにお持ち帰りされたアスナちゃんが改めて彼女から一緒に戦ってほしい

と協力を依頼されるエピソードが展開されます。そして、いよいよ彼女を代表とするギルド『スリーピング・ナイツ』

のメンバーたちとの対面も描かれることに。その中で自分たちのパーティーだけでフロアボス戦に挑もうとする

彼女たちにこれまでのアインクラッドでの死と直結した戦いとは違う、別の形でのゲームの在り方を再認識

させられることとなるアスナちゃんでもあります。

そして、そんな彼らの戦いぶりに現実での母親との確執解消への糸口もみつかったり、となかなかに内容の

濃い第20話となっています。

まさにラストに向かって物語が走りだす冒頭部分といった感じ、今後のアスナちゃん活躍にも期待十分ですね♪

そして、キリトさんもラストであんなことに・・・

結局あんたがおいしいとこ全部もっていくのかよ!

さすがはブラッキー先生ですね

mp4_000002536

アバンは絶剣さんとの戦いの末に協力を要請されたアスナちゃんの様子から。

場所は酒場に変わり、ユウキちゃんのギルド『スリーピング・ナイツ』のメンバーを紹介されることと相成ります。
mp4_000004100
mp4_000005351
mp4_000007547

そしてそのメンバーは、

ジュン、種族はサラマンダー。
mp4_000009812

タルケン、種族はレプラコーン。性格は上がり症といった感じで、かわいいアスナちゃんの前では

ドギマギしてしまうw
mp4_000012885
mp4_000019268

ノリ、種族はスプリガン。
mp4_000019706
mp4_000025212
mp4_000027245

シウネー 、種族はアスナちゃんと同じウンディーネですね。

そして、そのとなりはテッチ。種族はノーム。

以上これがスリーピング・ナイツのメンバーたち。うん、見事に種族がバラバラですねw
mp4_000030520
mp4_000035987

そして最後はユウキ。彼女がこのギルドのリーダーなのですね。

彼女はアスナちゃんとの戦いの末、その腕を見込んで頼み事をした詳しい内容を打ち明けることに。

あのね、ボクたちこの層のボスモンスターを倒したいんだ~

ここにいるメンバーだけで!


あら、ユウキちゃんてばボクっ娘だったのねwww

上目遣いで甘えたような悠木碧ちゃんの声がまた似合っていてカワイイですね。

そして、同じ『ゆうき』繋がり・・・キャスト選考もそれが影響したのかしら、と思ったりw
mp4_000038114
mp4_000041896
mp4_000042056
mp4_000044728
mp4_000050043

そして、そのユウキちゃんのお願いに驚きを隠せないアスナちゃんでありますw

さて、そんな彼女が驚いた理由とは・・・?

てか、いちいちアスナちゃんのリアクションがかわいいな♪
mp4_000052823
mp4_000053089
mp4_000056083
mp4_000158478

さて、アスナちゃんが驚いたのはたった7人でボス戦に挑もうという彼女たちの無謀さから。

通常アスナちゃんにいわせれば、ボス攻略というのんは7人のパーティーが7組、計49人で挑戦するのが

常識とされているらしい。それをたったの7人で完結させようというのですからアスナちゃんの驚きももっともな

ところですw しかも、すでにユウキちゃんたち、それをわずか6人でやってみた後だったというところに更に

驚きですwww

実はスリーピング・ナイツのメンバーたち、25・26層のボス戦にすでに挑戦済み、もちろん敗退はしたもの

のあっさりとやってみるところがこれまでのALOやSAOには見たことのない新しいプレイヤーのタイプ

といった感じがします。 これまでのプレイヤーとは悲壮感というか、背負っているものが違う、というか

重たさを感じないんだよね。ある意味新世代、古い言い方すれば新人類って感じだろうか。

ま、これは表層的なゲーム部分のことであって、彼ら自身のキャラが軽いってわけじゃなさそうなんですが・・・

mp4_000169910
mp4_000173646
mp4_000176375
mp4_000194758
mp4_000196911
mp4_000200014

で、そんな彼らはそのボス戦であれこれと対策を練っている間に大きなギルドに先を越されて今に至るというわ

けでした。

そこで、6人では無理だということでアスナちゃんにご協力を願った、というわけなのですね♪

だが、そんな彼らにはどうしても自分たちだけでそれを達成したいという特別な想いがあった・・・

それがシウネーさんから明かされます。

それはどうやら彼らのギルド・スリーピング・ナイツはとあるゲームのネットコミュニティで知り合ったらしいのだ

が、それが仲間の事情によって恐らくは春までしかその活動を共にすることができずにそれ以降は解散する

ことが決まっているということでした。

シウネーさんがいうにはそれぞれ忙しくなるから、という理由だったものの、画面では寂しそうなユウキちゃん

の姿が映し出されているところから、彼女の特別な事情が関与しているのは間違いなさそうですが
mp4_000207891
mp4_000211504
mp4_000214423
mp4_000225572

そこで、彼女たちはその仲間の記念として解散する前に何とかボス攻略を達成したいということだった。

そうすれば、第1層の始まりの街の黒鉄宮の中の剣士の碑に名前が刻まれることに。それを彼女たちは

目標にしていたのですね、

あの剣士の碑って元は戦死者の慰霊碑だったのですが、今はそんなふうに使われているのですね。
mp4_000236298
mp4_000239402
mp4_000243634

だが、それを定石通りの49人でやったのでは、各ギルドの代表者しか名前が刻まれない、それでは彼ら

の求めていることにはならない、というわけです。そこで彼らは1パーティー攻略にこだわっている理由が

それにあることが明かされるのでした。
mp4_000258029
mp4_000262459
mp4_000268977
mp4_000277601
mp4_000281889

そして彼らは上限7名の1パーティーでそれを達成すべくもう一人の仲間を募った、というわけです。

それが例の絶剣さんにつながると、そんなわけだったようです。

まさか、アレが仲間集めのオーディションだったとは、ユウキちゃんに完全に乗せられてしまいましねw
mp4_000285480
mp4_000287138
mp4_000288009
mp4_000289794

こうして、まんまと釣られたアスナちゃんなのでありましたw

そこで、シウネー さんはそれだけでは、と報酬を出すことで、正式に助っ人を依頼することに。

しかし、アスナちゃんもそこは根っからのネトゲ廃人で剣士でござる(笑)。そこは食わねど高楊枝で

快く引き受けようと・・・?

するのだが、彼女を受け入れ笑顔満面な彼らをみると、自分が安全マージンだとか絶対的な勝利に拘って

いたことに気付かされることに。確かに彼女が戦ってきたアインクラッドではそうぜざるを得ない事情がありま

したからね。だってリアルに命がかかっていたんですから。

そんな彼女たちはアスナちゃんとは違う、純粋なゲームの楽しみ方を知っている、そう感じることとなるの

でした。最初に感じた彼らの軽さはそういうところに由来していたのですね。
mp4_000294505
mp4_000303160
mp4_000306265
mp4_000308793
mp4_000312001
mp4_000320191
mp4_000321117
mp4_000326861
mp4_000328629
mp4_000331093
mp4_000337825
mp4_000338908
mp4_000346173
mp4_000347449
mp4_000349701
mp4_000354226
mp4_000356528
mp4_000357579
mp4_000361337

そこで、そんな彼らの想いを知ったアスナちゃんはこの依頼を正式に受け、一時的にスリーピング・ナイツ

の一員に加わることになるのでした。

だが、そんな彼女が気になるのはキリトさんとの一戦でなぜ彼がユウキちゃんの眼鏡に適わなかったか、

ということだった。純粋な実力だけだったらキリトさんも十分なはずですからね。

しかし、それがユウキちゃんにとっては事情が違ったらしい。

それはどうやらあの時にかわした会話に秘密があるようですが・・・?
mp4_000365382
mp4_000366934
mp4_000368903
mp4_000377999
mp4_000383335
mp4_000390631
mp4_000396399
mp4_000401898

やっぱりあの人はダメ・・・
mp4_000405492
mp4_000407379

・・・ボクの秘密に気付いちゃったから・・・

さて、彼女の抱える秘密とは一体・・・?

ちょっと気になる展開ですね。
mp4_000409336
mp4_000411773
mp4_000413448

こうして、ボス攻略を明日の午後一時に待ち合わせをしていい気分で解散するアスナちゃん。

だが、そんな彼女を待っていたのは厳しい現実だった・・・
mp4_000417966
mp4_000420796
mp4_000427320
mp4_000429646
mp4_000431111
mp4_000432475
mp4_000437644
mp4_000446177

そんな彼女を現実に引き戻したのは通信途絶の表示とともにやってきた。

そして気がついた彼女はそれが母親の仕業であったことに気が付かされる。

そう、母親がアミュスフィアのコードを引っこ抜いていたのだった。

その暴挙に思わず怒りで声を荒げるアスナちゃん。だが、彼女自身もその母親との約束を破って

しまっていたのでした。時計を見ればすでに時間は6時30分を過ぎていた・・・

彼女は食事の時間に遅れてしまっていたのでした。
mp4_000448178
mp4_000454285
mp4_000458418
mp4_000461337
mp4_000462392
mp4_000465091
mp4_000466112
mp4_000468189
mp4_000473275
mp4_000478046
mp4_000482854
mp4_000489415

そして、母親は仮想世界での約束ごとなどよりも現実を直視しろと、アスナちゃんを一方的に攻め立てる。

その言葉に一言も反論できない彼女であります。確かに正論ではありますからね。

だが、彼女にとっては仮想世界での友達とのやりとりも現実とは何ら変わるところはなかった。

なので、形だけ母親に謝る彼女でありました。

しかし、そんな彼女の態度を見逃す母親ではなかった・・・

次はもうない、と最後通告を突きつけられてしまうアスナちゃんなのでした。
mp4_000494405
mp4_000506513
mp4_000510448
mp4_000514001
mp4_000516461
mp4_000522609
mp4_000525349

しかも、アミュスフィアをすべての諸悪の根源だときめつけられアスナちゃんは憤りを覚えてしまう。

確かにナーヴギアで大切な2年間は失われてしまった・・・だが、それは反面かけがえのない人間関係を

生み出してもくれた。その無理解がどうしても飲み込めないアスナちゃんであります。

こういう母親とのやりとりって形は違えどもよくあったよね。そういう時はなんて一方的な狭い視野で話すん

だろうって思うんだけど・・・年を経るとその言い分も段々と分かってくるものです。
mp4_000527157
mp4_000530642
mp4_000536465
mp4_000542733
mp4_000545973

だが、今はそんな感情を持ち合わせていないアスナちゃんは子供っぽい言い訳で抵抗するしか術を

もたない。こういう部分ではまだまだ言葉足らずというかお子様なのですね。

そんな彼女は一緒に食事をするのを拒絶してささやかな抵抗を。そして一人外に出て自分の境遇に

涙するのでありました。
mp4_000549801
mp4_000554559
mp4_000556505
mp4_000558759
mp4_000559072
mp4_000570695
mp4_000573215
mp4_000575551
mp4_000585791
mp4_000590471
mp4_000593119

さて、そんな中で、スマホの電話帳の中には『お母さん』の文字が2つ並んで書かれていたのが気になります。

これは彼女に現在二人の母親が存在するというこということなのだろうか?

そうなると、一人は産みの母親で何らかの事情で父親と離婚したというわけか。そして、今の母親は後妻

ということに・・・

決して明日奈ちゃんを憎んでいるわけではなく疎んじているわけでもなく、ちゃんと育てようという意志が

昂じて厳しさをみせる母親、それを娘としては息が詰まると感じてしまう。

・・・そんな事情も二人の間に影を落としている原因なのかもしれませんね。
mp4_000599322
mp4_000616791
mp4_000620453
mp4_000620895
mp4_000623808

そんな訳で、現実を引きずりながら翌日になり酒場集合となったアスナちゃん。

努めて明るく振る舞う彼女がちょっぴり切なくもあります。
mp4_000635392
mp4_000637960
mp4_000639456
mp4_000643704
mp4_000664104
mp4_000667755
mp4_000670716
mp4_000672703
mp4_000676171
mp4_000679527

さて、こうしてフロアボスの部屋を覗きに行くパーティー。

私、本当に必要だったのかな?

というアスナちゃんの声が洩れるくらいに彼らの実力は凄まじかったようです。

まさにバーサクヒーラー、アスナちゃんの出番なしといった感じですねw
mp4_000684223
mp4_000684664
mp4_000685682
mp4_000687387
mp4_000691396
mp4_000692739
mp4_000694612
mp4_000698748
mp4_000700887
mp4_000702776
mp4_000704112
mp4_000707516
mp4_000712340

しかし、そんな快進撃でボスの間にたどり着く一行だったが、ここでアスナちゃんはあることに気づき、

それが元でトラブルが起こってしまう。

それは彼らの行動を隠れて見張っていた連中の存在に気付いたからだった。
mp4_000715261
mp4_000717814
mp4_000718350
mp4_000720192
mp4_000723393
mp4_000727232
mp4_000729762
mp4_000731530
mp4_000733069
mp4_000735744
mp4_000740622
mp4_000743088
mp4_000743514
mp4_000746884
mp4_000748418
mp4_000750004
mp4_000751132
mp4_000755475

どうやら隠れていた奴らは待ち合わせだと嘯くが、どうにも怪しい。

警戒するアスナちゃんにシウネーさんも対人戦は初めてだとドッキドキですwww
mp4_000761037
mp4_000763025
mp4_000767129
mp4_000776119
mp4_000784443
mp4_000793106
mp4_000795170
mp4_000797866
mp4_000802429

そんな彼らをとりあえずスルーして、先に攻略を始めることに。

今回は様子見ということで死なない程度に頑張るという約束事のもとで攻略をスタートさせるアスナちゃん

であります。そんな彼女におどけてみせるお調子者のジュン、かわいいアスナちゃんを前にしてテンション

上がりまくりですw ま、その気持ちはわからんでもありませんがねw
mp4_000808232
mp4_000810174
mp4_000813574
mp4_000821815
mp4_000824887
mp4_000833482
mp4_000834800
mp4_000835229
mp4_000835710
mp4_000836017
mp4_000845149
mp4_000849229
mp4_000855749
mp4_000857620

しかし、ボス部屋の扉を開けた瞬間、怪しい光が・・・これは一体?
mp4_000860326
mp4_000864863
mp4_000866408
mp4_000868544
mp4_000870296
mp4_000876196
mp4_000880466
mp4_000882641
mp4_000883501
mp4_000885774
mp4_000887380
mp4_000890511
mp4_000892144
mp4_000894387_stitch

さて、こうしていよいよフロアボス挑戦!といった感じで盛り上がる画面。

しかし、その戦いの様子は描かれず、あっさりと負けてしまった様子へと一気に場面は変わることに。

やっぱりアスナちゃんが加わってもそうあっさりと攻略は不可能だったと。

だが、その戦いの途中で部屋の前で隠れていた彼らの素性に気がついたアスナちゃんは早速パーティーを

招集してあれが攻略専門ギルドの偵察隊だということを明かすのだった。

どうやら彼らはああやってボス攻略にやってきたギルドを観察し、攻略の糸口を見つけるのがその役目で

あったようなのです。しかも、その様子は門を開くと同時に奴らが放ったトカゲ型の使い魔がその中の様子を

逐一送っていた・・・

スリーピング・ナイツが他の2層の攻略に先を越されたのはそういったカラクリが原因だったというわけです。
mp4_000896514
mp4_000897786
mp4_000906615
mp4_000909380
mp4_000911462
mp4_000914503
mp4_000919679
mp4_000922933
mp4_000924259
mp4_000935084
mp4_000937596
mp4_000940124
mp4_000942764
mp4_000951685
mp4_000961196
mp4_000974724
mp4_000986195
mp4_000987693
mp4_000989494
mp4_000991811
mp4_001000689

そこで、アスナちゃんはそんな彼らのやり口を逆手に取ってやり返す作戦を立てることに。

大規模なギルドがメンバーを集めるのにはそれなりに時間が掛かる。その招集時間よりも先に自分たち

が経験したことからボス戦の対策を施して再挑戦すれば万事OKというわけです♪

さすがは才女のアスナちゃんですね♪
mp4_001003538
mp4_001014090
mp4_001015282
mp4_001018962
mp4_001022844
mp4_001026772
mp4_001029076
mp4_001034082
mp4_001038826
mp4_001043528
mp4_001045616
mp4_001047016
mp4_001049712
mp4_001052059
mp4_001052376
mp4_001054616
mp4_001055661
mp4_001056811
mp4_001062794
mp4_001064984

そんな解決の糸口を見つけて子供みたいにはしゃぐユウキちゃんがかわいい♪
mp4_001067223
mp4_001068833
mp4_001070229

だが、そんな彼らを待っていたのは攻略ギルドのやらしい嫌がらせだった・・・

奴らは未だ仲間が集まっていないことを理由に通行止めをして、彼女たちの攻略をさせまいとするのだった。

それにもちろん反発するアスナちゃんだったが、相手はのらりくらりとかわして時間を長引かせようとする。

これではアスナちゃんの帰還時間に間に合わない・・・アミュスフィアを取られては元も子もありませんからね。
mp4_001076130
mp4_001078443
mp4_001080623
mp4_001085391
mp4_001091935
mp4_001096872
mp4_001100453
mp4_001104589
mp4_001117031
mp4_001118671
mp4_001138669
mp4_001147717

そんな奴らのやり口にイラッと来るアスナちゃんw

だが、それはどうもユウキちゃんも同じだった様子で、

戦おっか?

と話し合いで解決できなければ押し通る気満々なのでありました。

ま、ユウキちゃんたら武闘派♪

この笑顔もたまりませんねw
mp4_001149634
mp4_001157913
mp4_001158637
mp4_001159876

そんなユウキちゃんの大胆行動にさすがのアスナちゃんも引いてしまう。

だが、

アスナ、ぶつからなければ伝わらないことだってあるよ

例えば、自分がどれくらい真剣なのか・・・とかね

mp4_001168943
mp4_001173287
mp4_001176245

そんなわけで、気迫で迫るユウキちゃんにスリーピング・ナイツの面々も戦う決意をみせる。

一方の攻略ギルドのメンバーはそんな彼らのまさかの行動にビビりまくりなのでありますwww

ま、徒党を組む奴に限って個人は弱腰なのが多いからねw

そして戦いに雪崩れ込むユウキちゃんはその圧倒的な強さで相手を蹴散らしてしまうのでありました。
mp4_001177482
mp4_001182054
mp4_001188777
mp4_001196738
mp4_001199082
mp4_001204143
mp4_001205055
mp4_001206087
mp4_001207720
mp4_001207913
mp4_001210343
mp4_001211104
mp4_001214050
mp4_001215161
mp4_001215613
mp4_001215941
mp4_001216281
mp4_001216830
mp4_001217277
mp4_001217962

そんな彼女の姿を見て母親との確執で自分が逃げていたことに気がつくアスナちゃん。

真正面から戦うユウキちゃんの姿に自分も現実から逃げない覚悟を決めたようです♪

ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ、まさにその通りですね。
mp4_001218405
mp4_001225397
mp4_001228037
mp4_001230824
mp4_001233886
mp4_001238148
mp4_001240225
mp4_001243703
mp4_001246337
mp4_001247297
mp4_001249899

そっか、そうだよね・・・
mp4_001251224
mp4_001254785

こうして彼女はその場でも自分で戦うことを選ぶ。

それはまるで現実の壁を乗り越えようとするように。

どうやら吹っ切れたみたいですね、彼女♪

いい笑顔じゃないですか♪

そんなアスナちゃんを見て、瞳を輝かせるユウキちゃんも素敵です。
mp4_001256087
mp4_001257271
mp4_001258462
mp4_001259462
mp4_001260932
mp4_001261721
mp4_001262548
mp4_001264209
mp4_001265730
mp4_001268177
mp4_001272531

だが、そこにさらなる増員が背後から彼女たちに迫る!

自分の決断の遅さに後悔するアスナちゃんだったが、もうそれ以上は迷わなかった!

そして、そんな彼女にユウキちゃんは後悔していない、と。
mp4_001274904
mp4_001276735
mp4_001281461
mp4_001282751
mp4_001284150

だって、さっきのアスナ、出会ってからいっちばんいい顔で笑ったもん!

そんな事言われたら惚れてまうやろ~www
mp4_001290061

私こそ、役に立たなくてごめん!

二人の友情の芽生えが今ここに花開くといったところか♪

まさに戦いの中で芽生えていく友情、その熱い想いが伝わりますね♪
mp4_001291961
mp4_001293017
mp4_001295011
mp4_001299719
mp4_001301553

この層は無理かもしれないけど、次のボスは絶対にみんなで倒そう!
mp4_001303022

さて、そんな窮地にどっかでみたことのある黒ずくめの男が最後尾にwww
mp4_001307847
mp4_001309896
mp4_001310653
mp4_001311245
mp4_001312683
mp4_001313126
mp4_001314156
mp4_001316822
mp4_001318206
mp4_001319935
mp4_001323570

そして、その男は颯爽とGの如き早技(嘘)でアスナちゃんの前に登場して爽やかにこう告げるのだった!mp4_001324466
mp4_001325209
mp4_001326583
mp4_001327013
mp4_001327923
mp4_001329250

悪いな、ここは通行止めだ!

キリトさん、まさかの助っ人キターーーーーーーッ!

てか、おいしいとこ全部ラストで持ってっちゃったよ、この人wwww

果たしてそんなキリトさんの活躍は如何に!
mp4_001331456

今回もアスナちゃんの現実と仮想世界での間に挟まれた悩みが展開するエピソード。

これまでの彼女もシノンちゃん同様にどこか仮想世界を逃げ場にしていたフシがあり、そこから目を背けて

いた部分がありましたが、今回ではそれを乗り越えるような場面があり、精神的にも成長する彼女が

描かれます。こうして徐々に大人になってゆくのですね♪

に、してもキリトさんの登場シーンがかっこよすぎwww

ラストで、こういうおいしいとこ独り占めなのはさすがにやり過ぎだよねwww

しかも、通行止めって、絶対登場ポイント見計らってたよね、この人(; ̄Д ̄)
mp4_001425549

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ