ブレット・ザ・ウィザード(1) (アフタヌーンKC)ブレット・ザ・ウィザード(1) (アフタヌーンKC)
著者:園田 健一
販売元:講談社
(2011-03-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 今回は園田健一氏の「ブレッド・ザ・ウィザード」です。この方の漫画は以前、

「ガンスミス・キャッツ」や「砲神エグザクソン」を読んだ事がありますが「ガンス

ミス・キャッツ」は主人公が女性で賞金稼ぎのガンスミス、相棒は薬で成長を

止めた一見幼女にしか見えない爆弾のエキスパート。そして異常なまでのマニ

アックな銃の描写アクションがとても楽しめた作品でした。(ただ続編のバース

トのほうはストーリーが中途半端に終わってしまいちょっと残念)

 そしてその流れを汲むような作品がこの「ブレッド・ザウィザード」です。こちらは

元マジシャンが『魔法銃』と妖精(?)ティティアリスを相棒に同じ魔法銃(機能は違う)

を持つマフィアに喧嘩を売る、ガンアクションと魔法、そしてトリックを駆使したストー

リーが一風変わっていてとても面白い内容になっています。

 魔法で全て決着をつけちゃうんじゃないのがいいですね。魔法は銃と同じであくまで

手段(駆け引きの道具)として使われている、そんなところがかっこいい作品です。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村