ヲタブロ!!

マンガ・アニメのレビュー、関連グッズの紹介をしていきたいと思っています。

    山田君と7人の魔女

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_000398115_stitch

    アイツになってんじゃねーかぁぁッ!


    私立朱雀高校に通う遅刻・ケンカの常習で超問題児な高校2年生、山田竜。

    彼はある日、ふとした偶然から同じクラスの優等生、
    白石うららと接触して階段から転げ落ちて

    しまうことに。

    そこで気を失って保健室に運ばれた彼だったが、目をさますとその自分の体がうららと入れ替わって

    しまっていたことに気づく。

    そこで、入れ替わった自分の体を元に戻そうと焦る竜だったが、うららは放課後まで待ってほしい、と・・

    しかし、その間に入れ替わった竜は優等生であるはずの彼女の裏事情を知ってしまうことに。

    うららは同じクラスの女子たちにイジメに遭っていたのだった・・・

    それを解決し、元に戻るための条件「キス」をして元に戻る二人だったが、

    それを生徒会の宮村虎之介に見られてしまう。そして、そんな二人をある部屋に案内する彼。

    果たして虎之介の思惑とは・・・


    週刊少年マガジン連載の吉河美希さんの漫画作品が原作。一度原作コミック第15巻でアニメ化

    されたこともある本作であります。

    その時にはストーリーがすでに進行した中でのエピソードが描かれましたが、今回はテレビ放送と

    いうことで、改めて第1話からの展開と相成ります。

    そんな『山田くんと7人の魔女』ですが、原作執筆の古河美希は師匠が真島ヒロさんという女流作家。

    主人公の山田竜を中心に男女が入れ替わったりなどとちょっとエッチな描写もありますが、女性作家

    らしい繊細な部分もあり、男女問わず楽しめそうなところも特徴的な作品となっております。

    まぁ、師匠の絵柄によく似てるのも特徴的でもありますがw

    さて、そんな第1話で第一のヒロイン、うららちゃんと接触して不思議な体験をすることとなる竜。

    しかし、それを早速第3者に知られてしまう彼らはどうなってしまうのか。なかなかに興味をそそられ

    る構成となっている第1話であります。 【山田くんと7人の魔女第1話「アイツになってんじゃねーかぁぁッ!」レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    VOB_000264965_compressed_stitch

    じゃあ、わりにお風呂、入ってきて♪


    私立朱雀高校に通う高校生・山田竜は、ある日階段から落ちたはずみで優等生・白石うららとキスをしてしまう。

    それをきっかけにして二人の体が入れ替わってしまうという不思議な体験をしてしまう。

    そんな彼の能力は「キスした魔女の能力をコピーする」こと。それがうららとキスをしたことで発覚、以来山田くん

    は学校内に7人いると言われている「魔女」探しに巻き込まれていくのであった。

    そして、そんな中、あと一ヶ月に迫った文化祭での最終日にパフォーマンス大会で優勝すれば賞金5万円が

    もらえると聞いた山田竜の所属する『超常現象研究部』のメンバーたち。

    そこで彼らは温泉合宿を計画してそこで出し物のアイデアを練ることに。

    だが、そこは同じ目論見で訪れた生徒たちでごった返すは、うららは体を入れ替わってお風呂に入って

    こいといわれるは、で竜はそれどころじゃ・・・w

    しかも、この大会で最下位となった部には、廃部のペナルティも・・・?

    そんな大会にうっかり参加してしまった彼らの運命は・・・?

    来春からテレビアニメもスタートの人気コミックを一足早くアニメ化。

    初回とあって肌色満開、サービス満点の内容です♪



    【山田くんと7人の魔女コミックス第15巻付属OAD「もう一つの朱雀祭・温泉合宿だよ!?全員集合ッ!」レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    山田くんと7人の魔女(1) (講談社コミックス)


    キスで体が入れ替わる!?

    私立朱雀高校2年の問題児、山田竜に起こった災難、それは階段から足を踏み外

    し、優等生白石うららとぶつかって転落したことから始まった。

     お互いの体が入れ替わり普段見れなかった世界が見えてくる2人、それぞれに立ち

    はだかる障害を彼らはどう乗り越えてゆくのでしょうか・・・?

    男前(?)なうららの活躍が抜群に爽快な作品です!

    【山田君と7人の魔女 第1巻 吉河美希著 コミック・レビュー・感想】の続きを読む

    このページのトップヘ