ヲタブロ!!

マンガ・アニメのレビュー、関連グッズの紹介をしていきたいと思っています。

    To LOVEる-とらぶる-ダークネス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    SnapCrab_NoName_2017-4-4_1-42-59_No-00

    私は・・・

    リトさんの一番になりたかったんだ・・・!


    殺し屋クロとの死闘を経て、リトへ恋の告白をしたヤミ。

    次々と思いを寄せる女の子が増える中でリトは春菜への告白が

    遠ざかってしまうとハーレムへの不安が増していくのを感じる

    のだった。

    だが、そんなリトの春菜への想いを察したネメシスは彼にデビルーク王

    を後継させるためにハーレム計画を継続させるべく、一人暴走を始めるの

    だったw

    しかし、そんな中で春菜への思いが募るリト。そして春菜の方も・・・

    はたして、そんなリトの恋の行方は・・・


    そんなわけで、いよいよクライマックスを迎えた最終巻となる第18巻を

    購入♪

    前巻では殺し屋クロとの戦いでリトへの想いを明確に意識したヤミちゃん。

    そんな今巻では彼女からも告白され、更にハーレム計画に追い風が加わり

    一気に畳み掛けようとエッチな画策を始めるモモちゃん。

    しかし、その一方で外堀を埋められることに、そして件のヤミちゃんや

    ルンちゃんを始め、複数の女の子からの告白にリトは戸惑いと不安を隠せない。

    そんな彼の様子が描かれることとなる今回となっています。

    このままではどんどん春菜ちゃんへの告白が遠のいてしまい、自分の

    本当に好きな子が離れていってしまうのでは、と焦りを感じ始める

    リト。そんな彼の恋の行方が気になる最終巻であります。

    それにしても、約10年の連載期間に幕が降ろされるとは、一つの歴史

    が終わってしまったようで充足感がある一方で寂しいものですね。

    美紺ちゃんのロリ乳首なしでこれから何を目指せばいいのやらw

    新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。


    お手数ですが移動をお願い致します

    http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/50999055.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mkv_000544562_stitch

    ど、どうしよう

    こんなくで・・・

    目に焼き付いて離れない~!


    春菜の家に遊びに来ていたララ。春菜のリトへの恋心から、告白を

    勧める彼女は電話でリトを呼び出すことに。

    それに緊張して彼女の家にやってきたリトだったが、そこで二人は

    ララの発明品で小人サイズにまでちっちゃくなってしまうw

    そんな時、春菜の両親が帰ってくるは、 マロンはご主人様をペロペロしようと

    探し回るはで大騒ぎに・・・w

    そんな中、トラブルに巻き込まれまいと隠れる春菜とリトだったが・・・

    二人は、そこで急接近!?

    はたして、二人に何が起こったのか・・・


    そんなわけで、今回はダークネス第17巻を購入♪

    付属OVAでは ユーザーアンケート投票によって決定した、

     第54話“First accident ~初めての……~”

     
    第55話“I think ~一歩前に~”

    の2話が収録されている本作でありますw

    そんな今回も、エッチなラッキースケベがてんこ盛りに・・・

    相変わらず奇跡的な確率でエロいトラブルに巻き込まれるさすがの

    安定のリトさんとなっています。

    しかし、そんな中でとうとう春菜ちゃんとリトに進展が!?

    そんな意識しまくりの二人が実にかわいらしく描かれる番外編的な本作で

    あります♪

     

    新しいブログへ移転しました!移転先は以下のURLとなります。


    お手数ですが移動をお願い致します

    http://blog.livedoor.jp/nylon66-2nd/archives/50125209.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    mkv_000500567

    実現してみせる、

    リトさんのハーレムを!


    春菜への想いを告白したリト、それ自体はなんとかごまかしもののララの思わぬ発想

    から事態はあらぬ方向へ・・・?

    続きを読む

    mkv_000490390

    このページのトップヘ