ヲタブロ!!

マンガ・アニメのレビュー、関連グッズの紹介をしていきたいと思っています。

    ソードアート・オンラインII

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_000793155

    なんで、ボクは生きてるんだろう・・・?

    って、ずっと・・・

    でも、でもね。ようやく答えが見つかった気がする

    意味なんてなくたって生きてていいんだって

    だってこんなにたくさんの人に囲まれて、大好きな人の腕の中で旅を

    えられるんだから・・・

    明日菜や和人という現実世界での友人を得て、これまでにない絆を意識し始めたユウキはその学園生活でも、

    そして仮想世界でも生活ぶりを活き活きと輝きを増してゆくことに。

    そんな彼女は毎日のようにALOに出現しては仲間たちとバーベキューやクエストといったイベントに参加して

    充実した日々を送るのだった。

    しかし、それは最期の一瞬の煌きだった・・・

    3月の桜が散り始めるころ、急に容態の変化したユウキに呼び出される明日菜。

    そこで彼女が立ち会ったのは、最期の彼女との別れの時だった・・・

    そんなユウキを大勢の仲間達が見守りながら彼女は旅立ちを始める、

    オリジナルソードスキル・『マザーズ・ロザリオ』をかけがえのない友人に託すために・・・

    アスナとの思い出を形にするために・・・

    今回は長かった第二期もこれで見納め、最終回。

    そんな物語はユウキちゃんの命の尽きる最期の時を見送るエピソード。

    冒頭は元気でその魅力的な健康美を魅せつけるユウキちゃんですが、その裏では実は相当に辛く悲しい

    人生を送っていたことが明かされる今回でもあります。

    それ故にその落差に思わず中盤からは涙なしにはみれない展開となる本編は最終回にふさわしい内容と

    なりました。

    明るかった彼女、それは必死に病状を見せまいとした努力の結果でもあったのですね。

    そしてそれは、少しでも長い間、仲間との絆を感じていたかったから・・・そんなユウキちゃんの想いが切な

    過ぎます。

    そして、それを見送り、明日へと再び歩み出すアスナちゃんの姿にも・・・そんな彼女の気持ちがEDでは

    今回更に強調され涙腺決壊です。

    それにくわえて物語では茅場晶彦の存在も匂わされ、更なる展開の一端も明かされ次期への期待も

    高まる最終回です。





    【ソードアート・オンラインII第24話「マザーズ・ロザリオ」(最終回)レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_001080422


    いってきます!


    仮想ゲーム世界、ALOにおいて『絶剣』と名乗り、圧倒的な強さを誇ったスリーピング・ナイツのリーダー、

    ユウキ。しかし、その真実の姿、現実の肉体は出生時に輸血用血液製剤からHIVに感染し、その発症と

    15年間もの間、戦い続けていた一人の少女、紺野 木綿季だった。

    彼女は世界初の医療用フルダイブ機・メディキュボイドの被験者として、病院からバーチャル世界

    へ3年前からずっとダイブし続けていたのだった。

    現実世界と隔絶された生活を送るユウキ。彼女の病魔はすでに末期状態にあり、病院の無菌室からは

    出られなくなってしまっていた。

    そんなユウキの願いはもう一度学校へ行ってみたいということ。それを聞いた明日奈は彼女の希望を

    叶えるために和人に相談することに。すると彼はユイとのコミュニケーションツールを改造しそれに協力、

    夢をかなえるのだった。

    そして、そんな死に直面しながらも前向きに生きようとするユウキの姿に明日奈もまた、大切なものを

    守るために現実と向き合うことを決意する、それは・・・


    今回はユウキちゃんと明日奈ちゃんとのより深いところでの精神的な絆を描く物語。

    学校へ行きたいという願いをあっさりと実現したり、仮想世界から現実を覗くユウキちゃんと歓迎したりと

    さすがはSAOサバイバーといった感じですね♪ この順応力というか適応性の高さと優しさいうのはやはり

    過酷な環境をくぐり抜けてきた経験故なのかもしれません。先生の粋な計らいもほんとにもう、それだけで

    涙が誘われます。

    そして、そんな仮想世界では味わえない交流を経験したユウキちゃんは明日菜ちゃんを自分のかつて住ん

    でいた自宅へと案内することに。そこで自分の過去、そして今の前向きな想いを一生懸命自分の言葉で

    大切な友達、明日菜ちゃんへ伝えようとする彼女の姿が実に印象的でありました。

    言葉じゃなく、気持ちを伝えたい、本当にそのとおりですね♪

    そんなユウキちゃんの言葉に押されて、自分も母親とのすれ違いに正面から飛び込もうとする明日菜ちゃん。

    果たして彼女の想いは無事伝わるのでしょうか。





    【ソードアート・オンラインII第23話「夢の始まり」レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_001089058

    もう一度、もう一度だけあなたに会いたい!

    あなたと会って今度こそ、本当の話をしたい!!

    アスナとの連携によって見事フロアボスを1パーティのみで成し遂げたスリーピング・ナイツの面々。

    しかしその喜びもつかの間、改めてメンバーに加入したいと申し出るアスナを拒否し、それ以来

    彼女の前から姿を消してしまったユウキだった。

    そんな彼女がアルヴヘイムへのログインを絶って数日が経ちアスナはシウネーにその理由を訊ねることに。

    だが、それも歯切れの悪い、言葉を濁した返事しか返ってこない。

    そして、シウネーもまたユウキは再会を望まないだろうと、と・・・

    しかし、ユウキへの想いが断ち切れない現実世界での明日奈は和人にそのことを相談し、ある場所に

    いけば彼女に会えるかもしれない、という情報を渡されることに。

    その情報を頼りにその場に向かう明日奈だったが、そこで彼女はユウキの思いもよらない真実の姿を

    目の当たりにしてしまうのだった。

    果たして、それは・・・?

    今回は涙なしでは見られない、なかなかにヘビーな内容が語れるユウキちゃんの秘密が明かされる

    こととなるエピソード。

    アルヴヘイムから突然姿を消すユウキちゃんでしたがその理由というのが自身の抱える病気であり、

    それこそがアスナちゃんを助っ人として呼び、そしスリーピング・ナイツが解散しなければならない理由へと

    つながる件が涙なしでは見られない展開となっている今エピソードであります。

    病気によって死に直面するユウキちゃん、そのことをアスナちゃんに気遣い、言い出せずに姿を消してしまった

    彼女があまりにもかわいくて、そして切ない・・・

    そんな余命間もないユウキちゃんにアスナちゃんは一体どんな勇気を与えるのでしょうか。

    【ソードアート・オンラインII第22話「旅路の果て」レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_001285978


    扉が開いた時、Vサインをプレゼントしてあげられるように

    がんばろう・・・!


    黒鉄宮の戦士の碑に解散の思い出づくりのために第27層のボス攻略戦に挑むスリーピング・ナイツ

    のメンバーたち。だが、その動きはすでに以前失敗したフロアから見られていたのだった。

    そして、今回も初回の挑戦を斥候隊によって観察されていた彼らはそれを看破したアスナにより急いで

    戻るのだったが、すでに攻略専門ギルドによって行く手を阻まれることとなってしまっていたのだった。

    しかも、待機を理由にボス部屋への道を封鎖する連中たち。その卑怯な行為にアスナは憤りを隠すことが

    できなかった。

    だが、そこに颯爽と現れたのはキリトとクライン。彼らはスリーピング・ナイツのために剣を振るう。

    そして、アスナはそんな彼らに背中を預け、自らも戦地へと赴くのだった、仲間とともに・・・・


    今回はアスナちゃんとユウキちゃんの結びつきを決定づける本格的な共闘が描かれるエピソード。

    ヒーラーとして、そして剣士として大活躍のアスナちゃんの様子が実にかっこよく、そしてそれは現実

    での悩みに正面からぶつかろうとする彼女の気持ちの移り変わりを表現しているようで、こちらも胸が

    熱くなるような展開が描かれます。

    そして、戦いの末に打ち解けあったユウキちゃんがアスナちゃんのことを『お姉ちゃん』と漏らし、

    そして、そのことで泣いてしまうという気になる引きをみせる今回でもあります。

    果たしてユウキちゃんがその元気いっぱいな笑顔の裏には何が隠されているのか、そんな部分に

    興味と涙が禁じ得ないエピソードとなっています。

    こういうのには弱いんだよぉ・・・・
    【ソードアート・オンラインII第21話「剣士の碑」レビュー・感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mp4_001249899

    アスナ、ぶつからなきゃわらないことだってあるよ

    例えば、自分がどれくらい真剣なのか・・・



    絶剣との死闘の末、その正体が『ユウキ』という女の子であることを知ったアスナ。そして彼女は彼女

    にその腕を見込まれてスリーピング・ナイツに助っ人としてフロアボス戦に一緒に戦ってほしいと協力を

    要請されることに。

    そんな彼ら『スリーピング・ナイツ』はメンバーたちの個人的な事情でこの次の春には解散することが決ま

    っているという。そこで解散前の思い出づくりとして自分たちのパーティーだけでフロアボス攻略に挑戦して

    いたのだった。だが、通常の攻略では7人のパーティーが7組必要なのが攻略の定石。それはユウキの

    常識はずれな強さを持ってしても同じだった・・・

    そんな彼女たちの事情を知ったアスナは一度は躊躇するものの、過去の自分を振り返り快くそれを引き

    受けることに。

    果たしてスリーピング・ナイツの挑戦は・・・


    今回は女の子だった絶剣さんにお持ち帰りされたアスナちゃんが改めて彼女から一緒に戦ってほしい

    と協力を依頼されるエピソードが展開されます。そして、いよいよ彼女を代表とするギルド『スリーピング・ナイツ』

    のメンバーたちとの対面も描かれることに。その中で自分たちのパーティーだけでフロアボス戦に挑もうとする

    彼女たちにこれまでのアインクラッドでの死と直結した戦いとは違う、別の形でのゲームの在り方を再認識

    させられることとなるアスナちゃんでもあります。

    そして、そんな彼らの戦いぶりに現実での母親との確執解消への糸口もみつかったり、となかなかに内容の

    濃い第20話となっています。

    まさにラストに向かって物語が走りだす冒頭部分といった感じ、今後のアスナちゃん活躍にも期待十分ですね♪

    そして、キリトさんもラストであんなことに・・・

    結局あんたがおいしいとこ全部もっていくのかよ!

    さすがはブラッキー先生ですね

    【ソードアート・オンラインII第20話「スリーピング・ナイツ」レビュー・感想】の続きを読む

    このページのトップヘ