2008年07月07日

3年目の真実

気づけば7月ですね。

ニート生活も早一ヶ月。

ま、特に何をするわけでもなく、

好きな時に寝て、好きな時に起き、

本を読み、テレビを見ながらゲームをし、飲みに行き、

チャリンコで近所をぶらぶらし、

スーパーで適当なものを買い、

ネットサーフィンをし、

共〇ファイルで好きな音楽を落とし、

お菓子を食べ、

夜中にアイスを買いに行き、

冷蔵庫を開ける度に、七月初旬に買って既に賞味期限の切れている、未開封6個入りの卵とにらめっこをし、

冷凍庫を開ける度に、残り少なくなっていくアイスの数を慎重に数え、

一日に一回あるかないかのメールを電波のない部屋で携帯を振りながら確認し、

気が向いた時にシャワーを浴び、

部屋の中の物干し竿にかかっている、いつ洗濯したかも忘れた適当な服に袖を通し、

腹が減ったらどこかへ出かけ、小腹を満たす。

 

この一ヵ月ちょっとの間は、上に書いた事以外は何もやっていないような気さえしてくる。いや、事実やっていないんだが、、、。

まさしく生産性ゼロ。

プライスレス?

 

間違いない。

 

 

人と会う約束だけが唯一、自分を人間らしい生活に近づけてくれる。

 

ふと窓の外を見る。

すると3メートル先を電車が通る。

気づく。

 

思わずつぶやく。

「、、、くね?」

 

??

、、、聞こえない。

 

電車が通り過ぎてからもう一度つぶやく。

すると今度は聞こえる。

やや苛立った自分の声。

 

 

 

 

「五月蠅くね?」

 

そう。

気づいてしまった、3年目の真実。

うちに来た誰もが言ったセリフ。

でも誰に言われても大して気にならなかったし、

別に大げさに言うほどでもなかった。

そう思っていたのだけど、

家で生活するようになり、初めて我が家がどういう状況に置かれているのかを実感した。

 

駅から徒歩4分。

駅から新宿まで特急で5分。

家の玄関を出て新宿駅のホームにたどり着くまで、

スムーズにいけば10分を切る好立地。

便利過ぎる環境をいつもどこか自慢に思っていたけど、

いざ引きこもり生活をしてみると、この上なく不便だと気づく。

 

また就職して忙殺されるなり、

忙しくどこかへ出かけるなり、

はたまた引っ越すなりすれば、

この問題は解消されるわけだが、

この五月蠅い環境も含めて自分のニート生活なんだな、とふと思う、

そんな今日この頃です。

 

  
Posted by nyokks82 at 12:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年06月12日

冷やし中華はじめました

世間ではそろそろ冷やし中華が顔を出しはじめている頃でしょうか?

この2年間、完全に一般世間とは離れた世界で生活していたため、

世の中の動きに全くついていってません。

 

ということで、冷やし中華ははじめませんが、

ニート生活をはじめてみる流れになりました。

 

5月末で退職し、この10日間は徹底的にぐだぐだ生活しましたが、

最高に幸せですね。

ニートがこんなに幸せだとは思わなんだ。

 

ま、正確に言えばニートとは若干違いますが、

今はまだ仕事をする意思がないので、一応ニートです。

 

時間があるって最高。俺って本当幸せ。

1日が24時間あるって、2年ぶりに感じたように思います(笑)

 

 

ということで、誰も見ていないだろうブログを久々に再開したいと思います。

なんせ暇ですから。

  
Posted by nyokks82 at 04:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月30日

一年

2004年、6月30日、11:30。
 
成田を発ちました。
 
 
あれからちょうど一年。
 
 
 
時が経つのは早いねぇ。
 
ホントにいろんなことを思い出します。
 
旅行中に書いた日記はずっと大切に取っておきたいな。
 
 
でも、思い出すのは旅行中のことばかりではないです。
 
旅立つ前に、日本であった出来事もかなり記憶に残ってます。
 
 
 
あれは、6月28日の夜。
 
 
 
俺がまだ
 

ボーズ2ボーズ眼鏡

 

 

 

 

 

 

こんな生まれたてだったころ(笑)

 

 

 

飲み会をしました。

我が家でした。

 

 

有り得ないくらい

 

 

濃ぉ〜い

 

飲み会でした。

 

 

たしか、25人くらいの人が入れ替わりで俺んちに来てくれました。

遠方から先輩も来てくれました。

あちぃープレゼントも貰いました。

 

6畳の俺の部屋には当然人が入りきらないので、

玄関外にも人が溢れました。

 

朝方3時くらいからの記憶は全くありませんでした。

 

本気でぶっつぶれました。

 

朝方起きたら、

俺の上着がはだけていて、

 

胸には

油性の赤ペンで、

 

タイ全土の地図

 

 

が書いてありました。

 

 

それ以外にも全身のいたるところに

赤や黒の油性ペンで

絵やらメッセージが書いてありました。

 

 

俺の乳首も油性ペンで

 

真っ赤でした

 

真っ赤でした

 

真っ赤でした

(エコー風)

 

 

とにかく熱い飲み会でした。

 

旅立つ前とは言え、

すごく嬉しい飲み会だったなぁ。

 

 

たぶんこれから先、

この時期になると、

旅行の事と一緒にこの飲み会を思い出すんだと思います。

 

 

こういう、何年か経っても、

その時期になると、

ふと思い出すような出来事を経験できたのって、

ホント幸せだよね。

 

改めて、

学祭やっててよかった

と思う、今日一日でした。

  
Posted by nyokks82 at 23:50Comments(4)TrackBack(0)