特許庁の面接ガイドラインが改正されて
色々めんどくさいことになってる。

いちいち事前に委任状もらって
それをFAXしなくちゃいけなかったり、
発明者ですら発言をさせてもらえなそうな風潮だったり、
ちょっとおかしいでしょ!!

今回は発明者は出願人として面接して
発言させてもらえましたが、

同じ事業部の発明者ではない開発者は
説明させてもらえないのか!?

(出願人として発言できるのかな・・・?)


いずれにしても、
審査官面談ってのはなかなかやりがいありますね。

事前準備は胃がキューキューいいそうになるくらい
いゃーな感じですが、
実際面談してみると、おもしろいね。。

いつも願うのは
できることならば特許でお願いしますm(_ _)m