今、法律事務所の中の一室で仕事をしているんだけど、
基本的に個室なので一日中誰とも話さない。

リアルに一日中、誰とも話さない日が結構ある・・・

そんな中で唯一会話をしてくれるのは
毎日決まって夕方6時半くらいに現れる
掃除機がけのメキシコ系のおじちゃんホルヘ

Georgeとかいて、英語だとジョージ、スペイン語だとホルヘ
と発音するらしい。

自分はいつも集中し始めるのが遅いので、
定時の5時が近づいてきてやっと仕事が波に乗り始めた頃に
ぶぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーんっと掃除機をかけにくるので
非常にイライラするのだが。。

でも、彼は非常にフレンドリーに話しかけてくれるので
(しかもオフィスで唯一の話友達なので・・・)
5分ほどだけど、毎日仲良く話をする。

彼はロトくじを買うのが日課。

毎日ちょこちょこ数ドル分のロトくじを買っては、
「あー今日は惜しかったんだよ!!」
とか
「今日買わなかった日に限って、その数字だった!!」
みたいな話をして、
「お前にも買い方教えてやるよ!!」
っと丁寧に買い方を教えてくれたりした。。

アメリカのくじは、日本と違って当選金額が半端ない。。

Mega Millionsというくじはこないだの3月20日に$656Mが当選金。
1ドル100円換算で656億円である。

半端ない!!


他にも色々な種類があって、
ホルヘはちょこちょこ賭けては楽しんでいる感じだった。

アメリカのロトは当選金額が大きすぎて、
当たった後にもめたり、人生が狂う人がいっぱいいる。

そんな大きなの当たらなくていいから
数百万円くらいが当たって、家族とバケーションでもできたらいいよな!
そんな他愛無い会話を楽しんでいた。


彼は15人ほどの家族がいて、
中米の小さな国からアメリカに移住してきて20年ほどになるそうだ。

二人の娘と家族がいて一緒にアメリカで暮らしている。
昼間は別の仕事をしていて、
夕方6時から毎日時給13ドルの掃除機がけのアルバイトをして
家計をまかなっているそうだ。

うちの事務所の掃除機がけは3フロア全部終わるのに5時間ほどかかると言っていた。
そこそこのバイトにはなる。

でも毎日夜11時まで働き詰めである。。
大変だ。


ワシントンDCに越してきて9ヶ月経つが、
ひとりぼっちのオフィスで一番の話友達だったホルヘ



最近、掃除がけが別の人に代わった。。




ロトくじでも当たったんだろうか?

家族と幸せになってると良いな。。