前回も書いたわけですが、
米国の弁護士は州ごとに異なるわけですけど、
大体の州で2年〜3年毎に継続研修を受ける義務がある。

New York州の場合
登録後の最初の2年間はNewly admitted attorneyというカテゴリになり、
毎年16単位(約16時間分)の継続義務研修(CLE)をLive(座学)かFully interactive video conferences(多分TV会議みたいなリアルタイムの講義)で受けないといけなかった。
http://www.nycourts.gov/attorneys/cle/index.shtml

ちなみにこう言うLiveとかの研修は基本New Yorkでしかやってないから、
結局は最初の2年間は毎年New Yorkに行かなければいけない。
(Fully interactive video conferencesの講座なんて色々調べたけど見つからなかった)
(ちなみに2年たった後はLiveじゃなくてOnlineの講義とかでもよくなる)

なお、日本にいる弁護士でNY弁護士登録している方も結構いるわけですが、
大体は「日本でNY州の法律の仕事をしない」という理由で継続義務研修を免除してもらっている。(自己申告制なのでそのように自己申告しているんだと思う。。)

こちらの方のBlogに書いてあったけど、
そういったNY州の法律業務していないという自己申告をしているであろう方々も
名刺には「ニューヨーク州弁護士」とか書いてあるのでどうなんでしょうね?
というのはまぁ他人のことなのでどうでも良い話。


さて本題に戻って、
最初の2年間は毎年New Yorkに行かないと継続研修受けられない
っていうのは大変な負担じゃないか・・・っとNY courtが同情してくれたのかどうかはわからないけれども、
実は2016年1月1日からこのNewly admitted attorneyに対する要件が緩和された。

RECENTLY ADOPTED CHANGES TO FORMATS ALLOWED FOR COMPLETION OF
THE NEWLY ADMITTED ATTORNEY CLE REQUIREMENT, EFFECTIVE
JANUARY 1, 2016

The New York State CLE Board adopted the following changes, effective January 1, 2016, to the requirement that newly admitted attorneys complete all of their CLE credits in the traditional live classroom setting or by fully interactive videoconference (there is no change to the number or categories of credit required, nor to the requirement that they be fulfilled by attending accredited transitional courses):
  • Law Practice Management and Areas of Professional Practice credit may be completed in any approved format, including nonparticipatory formats such as on-demand audio or video, or live broadcast.
  • Ethics and Professionalism credit may be completed in the traditional live classroom
    setting; by fully interactive videoconference; or by simultaneous transmission with synchronous interactivity, such as webconference, or teleconference, where questions are allowed during the program.
  • There is no change in the requirement for Skills credit, which still must be completed in the traditional live classroom setting or by fully interactive videoconference.
Newly admitted attorneys based in law offices outside of the United States may fulfill up to 16 credit hours in any approved format. The remaining credit hours must be completed in a format permissible for the category of credit.

Newly admitted attorneys eligible for a prorated CLE requirement must complete the credit in a format permissible for the category of credit, except that no more than 14 credits may be earned through nonparticipatory formats, such as on-demand audio or video, or live broadcast.

The revised format restrictions apply only to attorneys admitted to the New York Bar on or after
January 1, 2014, and only to programs taken on or after January 1, 2016.



ということでざっくり関係してるところだけ要約すると
  • 年16単位のうちのLaw Practice Management and Areas of Professional Practiceのカテゴリの7単位は座学じゃなくてもよいよ。
  • 米国外のオフィスに勤務している弁護士は16単位までAny approved formatでもよいよ。


解釈はみなさんにお任せしますが、
各年16単位取らないといけないところ、米国外勤務の人は1年分はOnline講座で受講しても許してあげますよ!という改正だということかな。

ということで、
自分は2015年にNew Yorkに行って座学で16単位取ってきたから、
今年はOnlineでも良いと信じて全単位Onlineでとることにした。

直近2年&今後登録する方は調べて見てくださいませ〜〜