乳酸菌革命super(便秘解消)口コミ

乳酸菌革命superは、通販で評判の乳酸菌サプリメント!生きた乳酸菌が腸まで届くから便秘解消や整腸に効果アリ!乳酸菌革命superの体験談や感想などの口コミ評価からその効果をチェック!乳酸菌革命superの効果的な摂取方法なども紹介!

レンコンのサプリ『蓮のちから』知ってる?

レンコンの免疫力に加えて乳酸菌を配合したサプリメントが蓮のちから!実は、レンコンは健康維持や健康増進に欠かせない食物の1つ!かなり栄養豊富だったりします。それに乳酸菌が配合!しかも生きた乳酸菌が腸まで届けられるらしい!カイテキオリゴとならんで便秘解消に効果がありそうな口コミで話題のサプリです!さらに花粉症対策のサプリとしても効果があるなんて話!

便秘解消なら乳酸菌サプリメントか?

便秘の悩みを抱えていると、乳酸菌革命superのような乳酸菌サプリとかに頼りたくなりますね。個人的にも乳酸菌革命superは使っていたのですが、便秘解消目的として使う場合、気をつけたいこともあります。まず乳酸菌サプリだけに頼らないということ!そもそも便秘解消には、毎日の適度な運動や水分補給が重要!水分補給は、1日2リットルとか言われていますが、こぐらいは飲みたいという『あくまでも』目安です。そもそも便秘の悩みを抱えている方に共通しているのが、水分補給が少ないことと、運動をしていない点!1日2リットルの水を飲んだら便秘が解消されたなんて話もあったりします。まず運動と水分補給は意識したいですね。その上で乳酸菌サプリを活用すると良いと思います!

腸内の善玉菌を増やそう!善玉菌と悪玉菌の効果、理想の腸内細菌バランスのこと!

肉類中心の食事になると嫌でも腸内の悪玉菌が増えるようですね。例えば風邪を引きやすいとか、病気になりがちという方は、腸内細菌のバランス(悪玉菌が多くなっている)が悪くなっているかもしれません。

健康維持には、腸内の善玉菌を優勢(悪玉菌より多く)にさせておくことが大事ですが、実は悪玉菌が全く無くなってしまうのは、それで問題があるそうです。特に善玉菌がその効果を発揮できている理由は、悪玉菌が存在しているためと言われています。そこで仮に悪玉菌が無くなってしまうと、善玉菌がその効果を発揮しなくなるそうです。要は善玉菌と悪玉菌には理想のバランスというのがあるそうです。

一般的に人間の腸内には、約400種類(100兆個ぐらい)の腸内細菌があるとされています。この腸内細菌は、次に3種類に分類できます。

●善玉菌 体に良い影響を与える菌(乳酸菌など)
●悪玉菌 体に悪い影響を与える菌(ウェルシュ菌・ブドウ球菌など)
●日和見菌 どちらにも分類されない菌。ただし善玉菌・悪玉菌のどちらかが優勢になると、その性質を持つようになる(例えば悪玉菌が多くなれば悪玉菌になるようです。)(バクテロイデス・大腸菌など)

ここで健康を阻害する要因となる悪玉菌ですが、人間の腸内には3~15%は悪玉菌が存在しているそうです。ただし食生活でも変わってくるので、人それぞれかもしれませんが!

健康維持に欠かせない善玉菌ですが、その代表が乳酸菌にあります。その乳酸菌は、さらにビフィズス菌・ブルガリア菌・アシドフィルス菌・ヤクルト菌といった種類に分けることもできます。なんかヨーグルトの名前みたいですね。そして、この善玉菌には次のような効果があります。

●悪玉菌をやっつける(悪玉菌の働きを弱くする)
●免疫力アップ(病気になりにくい)
●食事の消化・吸収の手助け
●コレステロール値を下げる働き
●老化防止、肌トラブル解消、口臭抑制など

上記のことから健康維持には、善玉菌の摂取が必要になります。本来、毎日の食事から上手に乳酸菌を摂取したいですが、最近では乳酸菌サプリメントも人気があります。特に外食が多い方に好評ですね。この乳酸菌は、一度に多くを摂取するよりも、毎日少量を継続して摂取するのが上手な摂方法だそうです。この方が健康維持にもいいみたいですね。

では今度は悪玉菌が腸内で優勢になった場合の影響を考えてみます。体にこんな悪影響を及ぼすそうです。

●有害物質(インドールや硫化水素など)や発がん性物質を作るため、生活習慣病・ガンを誘発する恐れがある。
●免疫力低下(病気になりやすい)
●下痢・便秘が続く(繰り返すそうです)

最後に理想の腸内バランスについて紹介します。腸内細菌は、悪玉菌を持ちつつ、その上で善玉菌を優勢にしておくことがポイントです。気になる方は、健康維持のためにも食事の見直しなどをしてみてもいいかもしれませんね。

そしてストレス・睡眠不足・運動不足といったことは、腸にいい影響を与えないようです。適度な運動、またストレス発散は腸の健康を維持するためにもいいらしいですね!

植物性乳酸菌のススメ!乳酸菌には動物性乳酸菌もあるけど何が違うの?

最近、乳酸菌の中で注目されているのが植物性乳酸菌!乳酸菌といえば動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けることができますが、活きた乳酸菌を腸まで届けるなら植物性乳酸菌といわれていますね!

では植物性乳酸菌を含む食品が何かについて紹介したいと思います。また動物性乳酸菌との違いなども一緒に比較してみます!

まずヨーグルトやチーズなどの牛乳の発酵食品にに含まれるのが動物性乳酸菌です。動物性乳酸菌は、乳糖だけを分解して乳酸を作ります。動物性乳酸菌の特徴として、他の微生物との共存ができないことです。そのため、どちらかというと生命力が弱いタイプの乳酸菌といえるかもしれませんね。特にヨーグルトで乳酸菌を摂取する場合、腸に届く前に胃酸などで死滅してしまうといわれています。赤ちゃんなら別かもしれませんが、ストレスの多い大人の場合はあまり効果があるとは思えませんね。

なお漬物・キムチや味噌などの野菜や米・大豆などの発酵食品に含まれるのが植物性乳酸菌です。植物性乳酸菌は、ブドウ糖や果糖・麦芽糖など色んな糖類を分解して乳酸を作ります。さらに他の微生物との共存もでき、動物性乳酸菌に比べて生命力が強いタイプの乳酸菌といえそうですね。特に塩分濃度が高い、もしくは酸性度が強いといった過酷環境でも生息できるため、植物性乳酸菌を含む食品なら活きた乳酸菌が腸まで届くといわれています。

ちなみに管理人は便秘気味になるとキムチを食べるのですが、お腹がゴロゴロしてくるので、乳酸菌が届いた感じになりますね。特に漬物やキムチを食べると同時に食物繊維も摂取することができるのがポイント!やはり便秘解消にも効果があるのかなという気がします。しかも便秘には乳酸菌ともいわれていますからね!

このことから乳酸菌を摂取するな漬物などを毎日の食卓に並べたいですね!特に「ぬか漬け」は、良質な乳酸菌を含むといわれていますから!乳酸菌を効率よく摂取することに悩んでいる方はご参考に!

京野菜の漬物「すぐき漬け」が評判!植物性乳酸菌のラブレ菌に注目!

乳酸菌の摂取で一番のポイントになるのが、生きた乳酸菌が腸まで届くことにあります。一般的にヨーグルトでは、胃酸などで生きたまま乳酸菌が腸まで届かないといわれています。そこで注目されている乳酸菌サプリメントですが、実は乳酸菌を含む食品でも生きたまま腸まで届くものがあるそうです。

その1つが世界でも注目されている日本発の乳酸菌ラブレ菌を含む京野菜の「すぐき漬け」です。この「すぐき漬け」は、カブと同じ種類の野菜なんですが、京都三大漬物(しば漬・千枚漬・すぐき漬け)の1つに数えられるほど、京都では親しまれている発酵食品になります。

実は、アメリカでもマジックピクルスという名前で売られていたりするほど注目されているみたいですね。今ではラブレ菌のサプリメントもあるので、チョット気になるところです。

ただ乳酸菌のサプリメントなら乳酸菌革命superなどでもよさそうな感じもしますが・・・乳酸菌サプリメントに頼らないで乳酸菌を摂取するなら漬物などの発酵食品を食べてみるのもいいですね。例えば、ぬか漬けなども植物性乳酸菌を含み健康食品として人気がありますよね!