April 11, 2006

数学の勉強法 -第5回-

こんにちは。今日は久々となりましたが、勉強法の続きを書いていきたいと思います。

第5回目の今日は、関数の勉強法についてです。

関数がでてくると、これぞ数学と思いますし、みなさんもそう思うかもしれません。

実際、関数が苦手だという人は非常に多いと思います。


それでは、どのように関数を学習していったらいいのか・・・

まず、関数の基本といえば「グラフ」です。

図形の勉強法でもお話しましたが、図を丁寧に書くということは、非常に大切なことです。


色々な生徒を今まで見てきましたが、大体の生徒が一次関数までは(直線でグラフが書ける)きれいに作図ができるようです。

しかしながら、現在中学3年生で学習する二次関数以降に関しては、あまり上手にかけないことがおおいようです。


脳の処理の方法からも、視覚として関数をとらえたほうが、分かりやすくなりますので、その際には必ず正確な図を書くように心がけて下さい。


次に、実際に問題を解くわけですが、こと、関数に関しては、問題のパターンがありきたりになります。

何問も何問も問題演習を繰り返せば、おおよそ、20のパターンに収束できることがわかるはずです。

このパターンに収束できることは非常に大切なことで、初めて解く問題でも、当然パターンに当てはめれば解くことは易しいはずです。


パターンが見えてくるまで問題演習を繰り返すことが、成績上昇に直結します。

次回からは英語の学習方法についてお話をしたいと思います。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 中学入試ドットネット[栃木県版]  [ 中学入試ドットネット[栃木県版] ]   April 18, 2006 20:17
中学入試ドットネット[栃木県版]は、栃木県内の入試のある中学校を受験する児童・保護者の皆様のためのサイトです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔