May 16, 2006

英語の勉強法 -第2回-

こんにちは。前回の英語の勉強法を書いてから1ヶ月が過ぎてしまいました。お待ちくださった皆さんには申し訳なく思います。

さて、本日は前回の続きということで、予告通り、英作文の学習方法についてです。


--- 例題 ---

1) 次の日本語を英語にしなさい。

昨日僕はお父さんと図書館に行きました。


--------------

さてさて、例題は解けたでしょうか?

まずは正解から・・・


--- 正解 ---

I went to the library with my father yesterday.

--------------


さて、どうでしたか?


ここからがポイントになります。

まず、若干の間違いがあった人。(単語など)

>>単語を覚えれば問題はないでしょう。


何かを書いたけれども間違っていた人。

>>有望です。将来英作文ができるようになります。


何も答えを書かなかった人。

>>英作文はいつまでたってもできるようになりません。


皆さんももうお気づきでしょう。

英作文ができない人は、まったくもって書くことをしない人なのです。

先ほどの問題なら、Iやfatherなどでも書いてください。例えば次のような解答でもかまわないのです。

I go father library.

上の文は正解か不正解かというと、もちろん不正解です。しかしながら、これから英作文ができるようになるかならないかといったら、なります。


英作文ができない、苦手だという人は、「まったく解答を書かない」人がおおいのです。


自転車を初めて乗れるようになるまでを思い出してください。

まず、誰かにおさえていてもらったとしても、ペダルを踏みましたよね?
サドルにのりましたよね?

ただ単に、じーっと自転車を眺めていて乗れるようになった人はいないと思います。


これは、英作文だけでなく、学習すべてにおいていえることと思いますが、まずはやってみてください。そして、それを手直ししてください。

なんどもなんども転んでも、果敢に自転車に乗れるように練習したあのときと同じ方法で英作文もできるようになります。

眺めているだけではどうにもなりません。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔