乳がんと川村カオリさん

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんで亡くなった川村カオリさんの追悼番組が、ニッポン放送で流されるそうです。

まだ38歳という若さで亡くなった川村カオリさんから得られる教訓は少なくありません。

健康な方でも、定期健診や自己診断など、早期発見のための取り組みを普段の生活に取り入れていきましょう。

ニッポン放送、川村さん緊急追悼特番を決定
7月29日7時52分配信 サンケイスポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000049-sanspo-ent
がんに侵され、38歳の若さで亡くなった川村カオリさん。最後までロック魂を持ち続けた(写真:サンケイスポーツ)
 ヒット曲「神様が降りてくる夜」「翼をください」などで知られる歌手、川村カオリさんが28日午前11時1分、入院先の都内の病院で亡くなった。38歳だった。乳がんの再発、転移に立ち向かい、必死にマイクを握ってきた川村さんだったが、入院先で力尽きた。

【写真で見る】 亡くなった歌手の川村カオリさん

 川村さんは1980年代後半から90年代にかけ、若者の代表としてヒット曲を連発。89年4月から91年6月まではニッポン放送「オールナイトニッポン」の土曜2部パーソナリティーを務め、日露ハーフというキャラクターを生かして旧ソ連からの生放送を実現させるなど、カリスマ的な人気を誇った。

 ニッポン放送は7月29日深夜に、川村さんの緊急追悼特番の放送を決定。交流のあった放送作家、鈴木おさむ氏(37)をパーソナリティーに迎え、「追悼 川村カオリのためのオールナイトニッポン」(深夜1・0)として放送される。今年4月4日には「川村カオリのオールナイトニッポン」が一夜限りの復活。当初は川村さんが生出演予定だったが、体調不良によって出演できなくなり、鈴木氏が代役を務めた。今回はかつての貴重な音源を披露する。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんの検診費用

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん検診費用を安く抑える場合に活用したいのは、市区町村の制度です。一定年齢(40歳が多い)以上になると、普通に病院に行くよりも格安の検診費用で受診することができます。自治体によって異なりますが、安い場合には数百円で受けられることもあり、所得等によってはさらに特例で救援策が設けられることもあります。病院では3割負担でも乳がんの検診費用が5000円程度のことが多いので、大きな差になります。

制度を知っているかどうかで、乳がんの検診費用として支払う金額が大きく変わってきますので、まずはお住まいの地域について調べてみましょう。ホームページに説明が載っていることもありますので、まずはご覧になってみてはいかがでしょうか。敷居が高いイメージを持っていたという方にとっては、思いのほか手軽に受診できることが驚きかもしれません。せっかくの行政の制度ですので、知らないのは損です。

いざ発症していれば、早期発見が大きな意味を持ちます。検診費用のために乳がんの発見が送れてしまったのでは、命に関わることにもなりかねません。大きな金額になるものではありませんので、定期的に検査を受ける習慣を身につけておきましょう。決まった時期に調べてもらうことに慣れれば、それが習慣になりますので、わざわざ考えるまでもなく検査を受けるようになります。女性として健康を保つために、大切な習慣です。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんの初期症状

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

進行して末期になってしまった場合よりも、乳がん初期症状にとどまっているうちが治療のチャンスであることは当然のことです。しかしながら、初期症状のうちは兆候がなく、発見が難しいのも現実です。触診によってしこりが発見できるようになるのは5个ら1cmほどになってからとされていますので、それ以前の段階では発見ができないことになります。しこりは比較的早い段階で現われますが、それでも乳がんの初期症状として見つけるとなると、ある程度の進行があってからということになります。

しこりができる前の期間に見つけるためには、触診によるセルフチェックでは足りません。病院で検診を受ける必要があります。たとえば、マンモグラフィであれば、まだ初期症状で本人もまったく自覚のない段階で乳がんを発見できることがあります。このような成果を求めるためには、定期的な検診を受けておくことが不可欠です。体に異変を感じたから病院へ行くのではなく、前回の検査から時間が経ったので、年のため乳がん検診に行くという姿勢が、初期症状の発見につながります。

初期症状の段階であれば、治療によって助かる見込みが大きく残ります。手術によって癌細胞を取り除く場合にしても、他の部分にまで散らばっている可能性が少ないため、再発や転移の危険が小さく、良好な予後が期待できます。乳がんを初期症状のうちに発見できることは、それだけ闘病生活において有利な立場を手にできるということなのです。それを実現するためにも、少なくとも2年に1回は検査を受けるようにしておきたいものです。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん手術

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん手術は大別すると、乳房切除術と乳房温存手術があります。術後の喪失感や美容のことを考えると、後者を希望する女性が多いと思いますが、切除範囲が限られる分だけ、癌細胞を取りきれない可能性は高まりますので、名医としっかり相談して決めましょう。また、乳房再建術を行うことで、形を整えることもできます。術式はいくつかありますので、どの方法で乳がんの手術を行うかは重要な選択肢となります。

また、内視鏡手術を行える場合もあります。傷口が小さいために術後の回復が早く、痛みも限定的になります。ただし、全ての病院で行っている場合ではありませんので、希望する場合には病院選びの段階で考慮しておかなくてはなりません。また、乳がんの内視鏡手術は、通常の方法よりも時間がかかる傾向があります。

必要以上に広い範囲を切除する必要はありませんが、あまり狭くしてしまうと、それだけ再発の危険が増加します。乳がん手術を行う前に、自分の希望をしっかり主治医に伝えた上で、専門医としての見解に耳を貸しましょう。症状によっては希望がすべて受け入れられるわけではないことは覚悟しておいてください。

また、乳がんの手術を単独で用いるだけではなく、温存療法であれば放射線治療を併用することが通常ですが、それ以外でも術前や術後にホルモン療法や抗がん剤を用いることで治療の効果を高める場合があります。うまく治療法を組み合わせることで、一層の効果の向上と完治を目指しましょう。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

炎症性乳がん

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

炎症性乳がんは、まれにしか見られませんが、通常よりも進行の速度が早く、悪性度が高いとされています。炎症性の場合の特徴は、乳房の皮膚がオレンジの皮のように赤くはれて毛穴がブツブツと目立つようになることで、熱く感じたり、痛みを伴うことがあります。そのうえ、炎症性乳がんの症状を呈する時には、すでに初期症状ではなく、ステージB期以降に進行してしまっています。したがって、この状態になってから発見したのなら、一刻も早く名医を見つけ、適切な治療を受けることが望まれます。

炎症性乳がんのメカニズムとしては、癌細胞がリンパ管を塞いでしまっていることによって起こされています。このような状態であるため、全身へ転移しやすい状態といえ、処置が遅れれば他の部位にも転移が進んでしまう可能性があります。症状としては乳腺炎と似ていますが、炎症性乳がんは危険な癌であることを認識してください。この状態になると、もはや局所療法だけでは十分な治療効果がなく、手術や放射線治療を行う場合でも、全身療法と組み合わせることになります。処置は早いにこしたことはありませんので、名医探しや病院選びは迅速に行う必要があります。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんのしこり

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんしこりによって発見できると考えている女性は少なくないと思います。正しい方法で自己検診を行うことは、確かに発見につながる重要なことに違いはありません。しかし、乳がんでもしこりが生じないことがありますし、仮に見つけられたとしても、触診によって見つけられる段階に至った時には、すでに初期症状とは呼べないところまで進行していることもあります。一般に、触れてわかるしこりの大きさは2cm程度とされています。1cm弱でも分かる場合もありますが、専門医でもない患者さんの手によって判断するのですから、あまり早い段階で気付くことは望めないでしょう。

したがって、定期的に病院で検診を受けておくことは、早期発見のためには必須と言えます。また、しこりがあっても乳がんとは限らず、良性のものである場合もあります。割合としては、9割ほどが良性とされています。したがって、疑わしい場合には、まず病院で検査を受け、専門医から正確な診断を受けましょう。他には体に変調をきたしていないからといって、そのままにしてしまうことや危険です。治療を開始する時期が遅れるほど、生存率は下がっていきますし、完治は難しくなります。

乳がんによるしこりかどうかを判定するために、病院では超音波検査やMRI、CTなどの画像診断や、穿刺吸引細胞診、針生検などを用います。もし癌であると診断されたのなら、どのような治療法を用いるかを検討することになります。名医の治療を希望するのなら、早めに探しておいた方がよいでしょう。しこりの大きさは再発の予測や進行度の基準となるステージ(病期)の判定基準の1つに採用されています。できるだけ小さなうちに対処しておきましょう。

末期に近づくほど、治療を行っても得られる効果は小さくなっていきます。深刻さは増しているのに、改善の程度が小さいのですから、大変な状況に追い込まれてしまうわけです。まだしこりが大きくなる前に、専門医の診断を受けておきましょう。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんの石灰化

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん石灰化するという話を耳にしたことのある方もいると思いますが、この石灰化とは乳腺の中にカルシウムが沈着したものです。ただし、すべての石灰化が乳がんによるものというわけではなく、良性のものもあります。また、乳がんになれば石灰化が必ず生じるというものでもありません。

マンモグラフィーによって発見されたものの、それが良性か悪性か分からない場合がありますので、その場合にはマンモトーム生検という組織検査を行います。これは乳腺組織を採取して、石灰化が良性であるかどうかを確認する検査です。かつて行われていた組織検査よりも、マンモトーム生検を行えば切開の範囲が小さくてすみ、検査による乳房の変形もないというメリットがあります。

乳がんによる石灰化であるとなれば治療が必要になります。手術両方やホルモン療法、抗がん剤、放射線治療などを組み合わせ、専門医とともに回復を目指すことになります。しかし、良性の場合には定期的な検査を受けるぐらいで積極的な治療を行いません。ちなみに、石灰化は大部分が良性で、悪性はまれにしかありませんので、過度に悲観する必要はありません。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん検診の実態

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんの検診への関心は高まっていますが、それでも実際に検診に赴く女性はなかなか増えないというのが現状ではないでしょうか。実際に病院に出向くというのは面倒ですし、自己診断キットに関しても、始めの一回はなかなか勇気が要るものです。結局のところ、検診の重要性については薄々感じながらも、行動には踏み切れないというところではないでしょうか。

しかし、実際に乳がん検診を受けに行くという行動に踏み切らない限り、思っているだけでは何も始まりません。人間は意識と行動の間に躊躇があるものですが、それが以下の調査結果としてはっきり表れました。

9割関心、自己検診は4割=6割は「異常ないから受けず」−乳がんの意識調査
11月3日0時21分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081103-00000002-jij-soci

 女性がん患者の死因トップの乳がんについて、9割近くの女性が関心を持つ一方、実際に自己検診をした人は約4割にとどまっていることが2日、ポータルサイト運営会社「NTTレゾナント」(東京)などの調査で分かった。
 調査は9月上−中旬、30代と40代の女性を中心に実施。約2万7400人から有効回答を得た。
 87.1%が「関心がある」と回答したが、「日本人女性の20人に1人がかかる」「30−64歳の女性がん患者の死因トップ」という現状を知っていたのは、それぞれ24.3%と18.1%だった。
 乳がん検診を受けたことがない人は42.9%で、2005年の調査より12.4ポイント減少した。自己検診を行った割合は同年の25.6%から38.9%に、乳房エックス線撮影検査(マンモグラフィー)を受けた割合は同様に15.6%から27.4%に上昇した。
 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんの名医選び

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

より良い治療のために乳がん名医がいる病院を探している女性は少なくないものの、実際に何をすればよいかが分からないために挫折してしまったり、遠回りをしてしまったりしていることは少なくないでしょう。適切な方法が分からないと、名医を探すにも何から手を付ければよいかが分からないという問題に直面することになります。

全国には数多くの病院がありますが、その中で乳がんの名医がいる病院はごく一部です。そのため、自分で取捨選択をしないと、外れを引くことになりかねません。病院選びのために情報を収集するためには、インターネットがもっとも幅広い範囲から情報を集めるために便利でしょう。

たとえば、知人から乳がんの名医について話を聞こうとしても、参考になる専門医についての話を持っている人は限られています。たとえ話を聞くことができたとしても、それが十分に役立つことは多くないでしょう。知人に相談するとなると、相手も無尽蔵にいるわけではないでしょう。

その点、インターネット上には膨大な量の情報が蓄積されています。それは長所であると同時に短所にもなるところで、乳がんの名医を探すのは迅速に行って、早い段階で質の高い治療を受けておきたいところですが、あまりにも情報量が多いと1人で処理するのは大変な作業になってしまいます。医療に関して詳しくない方が多くのサイトを見ても、どれを信頼すべきかが分からなくなってしまうこともあるでしょう。結果的に身動きが取れなくなりかねないのです。

したがって、本当に必要な情報だけを手元に残し、不要なものは切り捨てることが必要になります。乳がんの名医について、検索エンジンで探してみるのもよいでしょう。病院によってはホームページで情報を提供していることもありますので、そうしたものを参考にするという方法もあります。

参考になりそうなサイトを挙げておきますと、「癌と闘うために」というサイトがあります。こちらでは、名医がいる病院の探し方を紹介しているだけではなく、サポートもしていますので、1人で路頭に迷いそうになったときの助けにもなります。詳しい情報を持っている人からの助けを得られれば、大きな力になるでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんのブログを書いてみましょう

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がんブログを書くことによって、日記代わりになるため、気持ちの整理に役立てることができます。これまでにブログを書いてきた経験のない方であっても、簡単に始められるため、気楽に始めてみればよいでしょう。感情や事実を文字にすることで、客観的にまとめることができます。

頭の中で色々と考えていると悩みが募ってしまいますので、乳がんのブログを自分で書いてみることによって、必要のないところで不安になってしまっていたことに気付くこともあります。そうすると、本当に必要なところに気持ちを集中できるようになります。

また、乳がんについてブログで書いていくと、コメントやトラックバックという反応をもらえます。特に、応援のコメントがもらえるようになると、ブログを更新することも楽しみになってきます。孤独な気分に陥りやすい闘病生活にブログを取り入れることで、他の方から反応をもらうことができ、人とつながっていることを実感することができます。

また、症状について記していると、アドバイスをもらえることもあります。似た体験をしたことのある方からもらえる助言は、とても心強いものです。もちろん、専門医のように医療に精通した人からの言葉ではないため、医療的な知識には心許ないところがありますが、上手に付き合えば役立つものでしょう。義務感から無理にブログを更新するのではなく、気が向いた時だけ更新するのであれば、大きな負担にもならないはずです。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん名医がいる病院を見つける最短の方法

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

乳がん名医について情報を集めるには、色々な方法があります。ネットで情報を調べる、闘病記を読む、口コミを頼るなどです。その中でも、一押しなのは癌の名医の探し方です。ネット上で様々な情報が乱立する中、もっとも患者さんに役に立つ情報なのではないかと思います。

時間をかけて闘病記を読みこみ、乳がんの名医を探す方法もありますが、これでは時間がかかりすぎます。有力な情報に行きつく前に症状が悪化してしまったのでは、目も当てられません。その間に転移が進むことだってありえるのです。

目的が乳がん名医を見つけることなら、いくら時間がかかっても構いませんが、ゴールは完治であって、優秀な専門医を見つけることではないはずです。そこを取り違えてしまうと、思わぬ落とし穴にはまることになりかねません。

闘病記の中に乳がん名医についての記載があることは珍しくありませんが、病院や医師の名前が書かれていなかったり、根拠や裏づけが薄弱だったりします。そのため、手がかりをつかんでも、それが本当に有用であるかどうかというところで、ふるいにかけられることになるのです。

こうして考えると、闘病記によって乳がん名医がいる病院を探すことには、困難が付きまといます。もちろん、この方法もまったく使えないわけではありませんが、最短距離からは程遠いのではないでしょうか。時間が経つと症状が進行してしまうことを考えると、賢い選択とは思えません。

その点、癌の名医の探し方であれば、最初から名医を見つけることを目的にした情報なので、無駄に寄り道をすることなく、目的まで進む手助けをしてくれます。健康を取り戻すメリットや、今後の医療費を考えれば、多少の出費は十分に元がとれるはずです。

自力で探し出そうとして時間がかかり、乳がんの症状が悪化すると、治療も長引く可能性が高くなります。治療が長期に渡れば、当然ながら治療費もかさみます。早い段階で完治させられる可能性が高まるということは、その分だけ医療費を抑えられることになるのです。

つまり、乳がんの名医を一刻も早く見つけることは、経済的な側面においても利益を生み出す可能性を秘めています。腫瘍がなくなって健康を取り戻すことができれば、治療費はかからないのです。


◇乳がん名医の条件とは?

卓越した技術や豊富な知識・経験を持っていることは、優秀な専門医であるために不可欠です。しかし、それだけでは乳がんの名医と呼ばれるには足りないのではないでしょうか?扱っている病気が女性特有のデリケートなものであり、手術の際にも乳房を温存するか切除するかといった選択によって、患者さんの人生を大きく変えることを意識していることが必要なはずです。

その結果として、分かりやすく十分な説明を行うことや、患者さんの声に真剣に耳を傾けることも欠かせません。相手の人生を尊重するためには、価値観を理解するために対話が必要です。それを怠るようでは、本当の乳がん名医とは言えないのではないでしょうか。

手術にあたり、乳房を温存するか、切除するかは病院側の判断だけで決定できるものではありません。どちらも選択肢としては残るものの、温存した場合には腫瘍が残ってしまうリスクがあるといった説明を行い、十分に話し合ってから手術の方針を決定するべきです。

また、自分が優先する条件を考えておくことも大切です。どのような専門医になら、治療を心置きなく任せられるかを想定しておけば、実際に乳がん名医についての情報収集をする中で、適切な医師を見つけやすくなるはずです。

100人いれば100通りの解釈が成り立ちます。唯一の正解があるわけではありません。そのため、他の人にとっては理想の専門医であっても、それがあなたにとっての理想であるかどうかは、また別の話です。

治療を受ける患者さんが納得できるかどうかが、最も重要なポイントです。世間では乳がん名医として認識されていなくても、自分がそうだと信じることができるのなら、それでよいのではないでしょうか。もちろん、治療が上手くいかないのでは困りますが、完治させることができるのなら、それでよいはずです。

医療が日進月歩で進化していることを考えれば、最新治療をどれだけ把握しているかも基準になりえます。積極的に最新治療の動向をつかみ、現場で取り入れようとする姿勢は、乳がん名医として大切なことでしょう。それによって、より多くの患者さんを救えるようになるのです。

癌の名医の探し方

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!