2006年09月

2006年09月24日

やった〜ぃ! 「今年はMETSなのだっ」 再び

数日遅れの地区優勝祝賀ブログであります。

シーズン始め、「今年のMETSは違うのだ」と書いたけれど、そのコトバどおりぶっちぎりでの地区優勝。 じつに18年ぶりの快挙! 宿敵アトランタをはるかかなたに置き去りにしての快進撃でありました。

マジックが1になってからピッツバーグに3連敗したりと、その辺はMETSらしいといえばそう、、、。 でもそのおかげで地元、SHEA  STADIUMでのシャンパン・パーティーとあいなって、ファン共々この上ない喜びを分かち合えたわけです。

写真に載っているのはホセ・レイエスとデイヴィッド・ライト、この二人が若い力の原動力! 今後10年METSを引っ張っていくプレイヤーなのだ。

優勝決定の瞬間はあいにく急な仕事で球場にいられなかったけれど、今年はまだまだポストシーズンまで道は続いている!

YANKEESとのサブウェイ・シリーズの可能性もあるわけで、October Madnessのなかで「仕事どころじゃねーぜ」というのが本音、、、。


それではみなさんご一緒に

「LET’S GO METS!, LET’S GO METS!, LET’S GO METS!」

ありがとうございました。
MET 優勝!

nywine at 02:42|PermalinkComments(12)TrackBack(0) ニューヨークな暮らし 4 

2006年09月14日

Back in Pin-Stripe! 松井

mastui
スポーツ・ニュースがこれでやっとまたにぎやかになります。

METSファンとしては地区優勝へのマジック1ということでやや気分に余裕をもちつつ、仕事の合間をぬって松井クンの復帰戦を観にいってきました。(そうでもなきゃわざわざYankees戦なんて自分でチケット買いません、、、)

それは置いといて。

TV中継を観ていた人もかなりいるとおもいますが、スターティング・ラインアップ紹介の時の歓声はすごく暖かいものでした。
4年目にしてファンも彼が優れたプレイヤーであることを認識しており、不安視されていた外野陣の一角が戻ってきたことをこころから喜んでいた様子。

さて試合ですが、Torreはいきなり無理はさせず、まずは8番DHでの起用。 このあたり代役のCabreraが安定した活躍をしてきたので、近く復帰のShefield、そしてベテランBernieとの使い分けが難しいところ。(贅沢な悩みではあるが、、、)
続きを読む

nywine at 14:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ニューヨークな暮らし 4 

2006年09月10日

一葉の写真 9/11

本当に久しぶりの更新です。
また読んでもらえるとうれしいです。

政治的な文章は退屈させるかもしれないけれど、あえて書いてみます。


あれから5年経って世界がどう変わったのか、視点によって様々な捉え方はあると思うけど、決して紛争が減ったり、また紛争の当事者同士の理解が深まったとは言いがたい。


僕がニューヨークに移ってきたのは1995年9月。 はっきりとした日にちは日記をつける習慣がないので思い出せないのだけれど、多分今時分だったはずです。
ニューヨークに辿り着いて、まず最初に向かったのはやはり自由の女神。
スタッテン・アイランド行きのフェリーからよく見える、というので当時片道50¢(今は無料です)の通勤用フェリーの上から撮ったのがこの写真です。

オリジナルのプリントは色褪せて、11年の年月を感じさせてくれます。
そして、そこには勿論ツインタワーも秋の空にそびえているわけで、、、。


実際住んでしまうと観光名所には足を運ばないもので、結局WTCビルには登らずじまいでした。

事件当時、僕はヴィザの更新のため日本にいて、こっちに帰ってきたのは2週間後でした。
あの夜、友人と電話しながらニュース・ステーションを見ており、そこに流れた映像に困惑。 友人に「ちょっと切っていいか? なんかニューヨークでおかしなことがあったみたい」と電話をおき、NYの知人にかたっぱしからコールしてもまったく通じず、朝までTVの前に座っていても入ってくる情報はわずか。 
翌日、テロがあったことがわかってからも、田舎であわてふためいているのは僕ひとり。
日本に暮らしていれば「対岸の火事」であるのは仕方ないのか、ともどかしく感じたことを覚えています。
一葉の写真続きを読む

nywine at 12:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ニューヨークな暮らし 4