2007年02月20日

やっと見れました、ボトリング!

bottling1当ブログに何度か登場している「Palmer Vineyards」、先週ここで施設内のボトリング・マシンが稼動しているのを初めて目にしました。

Palmerでは表の入り口から入ると、熟成用のステンレス樽、オーク樽、そして自動瓶詰めの機械が順を追って見学できるようになっているのですが、今まで何度も足をはこんだのにもかかわらず、この瓶詰め作業に出くわすことがありませんでした。
bottling2
ですがこの日、運良く来月リリースされる白のボトリングをやっており、初めてその流れ作業を目の前で見ることができたのでした。

「Virgin Wine?」の項で紹介したワインメーカー/ミゲールおじさんも働いており、僕にきずくやすぐに表に出てきて「Hi! You came in good timing」などとあいかわらず愛想がいい。

でも「いやぁ、昨日からチョー忙しくてさ。 今2人ランチにでかけてるから話できないよ」、とその瞬間、中で「バルィ〜ン!」
ボトルを箱詰めしていたアミーゴが一本落として割ってしまった!
うう、もったいない、、、
bottling3
ま、ミゲールは怒りもせず「あ、いかんいかん」などといいながら仕事に戻っていったのでした。


以前にも書きましたが、冬のワイナリーはとにかく忙しい。
テイスティング・カウンターのお姉さんはヒマそーにしてたけど、葡萄畑では剪定作業もまだ続いているらしく、冬の寒空の下、ここには熱いワイン作りの情熱(ちとオオゲサ)があふれているのでした。

bottling4

nywine at 04:18│Comments(0)TrackBack(0) ワインな暮らし 2 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔