2007年09月28日

DOWNTOWN TRAIN

Tom Waitsニューヨークのサブウェイ。

木曜日の夕方、6時半。
雑多な肌の色とファッションに身をくるんだ人々の顔に染み付いた疲れ。
ダウンタウン・トレインは地上に上がり、チャイナ・タウンの猥雑をかきわけ、いつまでも終わらない改修工事の続くマンハッタン・ブリッジをスローに渡っている。

窓の外にブルックリン・ブリッジのくすんだ橋げたの色。
12年暮らして、一度も歩いて渡ったことがない。

ロウアー・マンハッタンの高層ビルに灯りはまだ燈っておらず、一瞬この街の鼓動が止まったような錯覚を覚える。でも次の瞬間橋を渡る列車の轟音に現実に引き戻された。

橋を渡りきれば列車はまた地下にもぐり、ブルックリンの下を這っていく。



Tom Waitsは好きですか?
僕は好きです。
『DOWNTOWN TRAIN』、聞いたことありますか? なかったら聞いてみてください。

色んな人が唄ってます。
Holly Coleのカヴァーもいいです、と書きかけてこれは『Train Song』という別のTomの曲だったと思い出す。でもこれも同じ「匂い」がします。そしてグッときます。
Rod Stewartも唄ってましたね。他にもいっぱいあります。


僕は12年のNY暮らしでたった3ヶ月しかブルックリンに住むことがなかった。
でも、好きです。
ドジャースの記憶は忘れ去られ、何年かの内にはNBAのNETSが移ってくる。
ブルックリンの街も変わっていく。
変わらないのは、ダウンタウン・トレインとそれに乗っている家路を辿る人々の顔。


Will I see you tonight
On a downtown train
Every night its just the same
You leave me lonely, now



ダウンタウン・トレインに乗って恋人に逢いにゆく、なんてのも随分昔の話になっちゃったな。

だめだ、Tom Waitsが流れるとバーボン飲まずにいられないや・・・




nywine at 23:13│Comments(3)TrackBack(0) Far East Cafe 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by semi   2007年10月02日 21:44
 橋を地下鉄が走るんですね。東京でも地下鉄が地上に出る時、
そういう時が大好きです。川を渡るなら余計に景色が良さそうです。眺めるマンハッタンのビル群を想像してみても、やはりNYは大都会ですね。スケールが何もかも大きいです。
2. Posted by yoko   2007年10月06日 12:22
…なんて素敵な文章でしょう。鳥肌立ってしまいました。

YUJIさんが描くNYは、文章も写真もかっこいいです。本当にいい。

「Train Song」を家のRodの中から探してみます。

ブルックリンに、娘は4日ほどお世話になったようです。
その後は、クイーンズでのホームステイ。
毎日Pennから、1時間に1本しかない!電車で通ってました。
乗り遅れて、次の電車までの時間が、復習したり、
計画したりできてよかったそうです。
夜中に駅のカフェで女の子が一人でいても安全なんて、信じられない。

でも何より、羨ましいのは、最終電車がないことですよね。
電車を気にせず飲みたいでーす。


3. Posted by YUJI   2007年10月07日 21:50
マンハッタンのイースト・サイドを走るフリーウェイを流していると、橋をわたっているサブウェイがタイミングよく見えることがあります。

僕がブルックリンに暮らしたわずかの間、端の上から朝夕に今は無きツインタワーを眺めてました。

鉄橋を渡るサブウェイの轟音も街のノイズに融けて不快には感じなかった。
懐かしいなぁ。


Pennステーションに朝到着するってのもなんだかニューヨーカーっぽいですね!

その電車に乗って東にずっと行けばロングアイランド、週末の小旅行にもってこいです。

それから夜中の駅のカフェってホントに色んな人種(国籍とかそうゆう意味でなくて)がいて、座ってそんな人々を眺めながら「どうやってこの人はここに辿りついたんだろ?」なんて考えてると、また電車一本乗り遅れたりなんかしたりして・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔