トップ >> 個別記事

2007年09月25日

「PASMO」「Suica」、バスでの誤反応にご注意を

非接触IC乗車券「PASMO」と「Suica」について、読売新聞のウェブサイトにこんなニュースが掲載されていました。

YOMIURI ONLINE:パスモ・スイカ、バス運賃箱への近づけで誤引き落とし(2007/9/25)

バス車内で本人が意図しないうちに、「PASMO」や「Suica」が運賃箱の横に設置されたICカード読取り機に反応してしまい、運賃が誤って引き落とされるトラブルが相次いでいるというものです。

電車の場合、ICカード読取り機は改札に設置されているため、特に問題はありませんが、バスでは車内に設置されているため、混雑時などに読取り機の付いた運賃箱の近くに立っていて、財布や鞄に入っている「PASMO」や「Suica」が反応してしまうことがあるようです。私自身はあまりバスを利用しないのですが、混雑したバスをよく利用する方はご注意ください。


なお今日は、「PASMO」の累計発売枚数が9月23日に500万枚を突破したという発表が行われています。9月10日の販売再開後は(2007年8月8日の記事参照)、1日2〜3万枚の穏やかな販売ペースが続いているということで、ひとまず在庫切れの心配はなさそうです。

パスモ:PASMOの発売枚数が500万枚を突破(2007/9/25)




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51089566
この記事へのコメントを作成