トップ >> 個別記事

2008年01月23日

ゴールドカード保有のきっかけは?

1月21日に楽天リサーチが、「クレジットカードのゴールドカードに関する調査」の結果を発表しています。

楽天リサーチ:ゴールドカードに求めるのは、ショッピング特典、ポイント、セキュリティー(2008/1/21)

同調査は、楽天リサーチの登録会員1,000人を対象に、2007年12月中旬に行われたもので、主な調査結果は以下の通りです。

メインで利用しているクレジットカードのタイプ
・一般カード:89.9%
・ゴールドカード:9.1%
・プラチナカード、ブラックカードなどの最上級カード:0.3%
・その他:0.7%

メインカードの発行会社(ゴールドカード以上利用者)
・JCBカード:22.3%
・ANAカード:20.2%
・三井住友カード:10.6%
・JALカード:10.6%
・アメリカンエキスプレスカード:5.3%
(上位5つ)

ゴールドカード保有のきっかけ(ゴールドカード以上利用者)
・海外旅行の保険:47.9%
・国内外での空港ラウンジ利用:46.8%
・マイレージ特典:33.0%
・ポイントが貯めやすい:29.8%
・購入商品の破損や盗難補償:22.3%
(上位5つ)

ゴールドカード保有意向のきっかけ(ゴールドカード以上未利用者)
・ポイントが貯めやすい:50.3%
・ショッピングに関する特典:49.4%
・国内外での空港ラウンジ利用:34.8%
・ステイタス:33.7%
・不正利用された際の損害補償:33.1%
(上位5つ)

調査結果を見ていると、ゴールドカードの保有のきっかけは、やはり“航空機を利用する旅行”に関連したものが多いようです。

ただ一方で、ゴールドカード保有意向者(現在は一般カード利用者)の、“「ゴールドカードを保有したい」と考えるようになったきっかけ”では、ポイント特典やショッピング特典が上位にあがっています。楽天カードも既に、ゴールドカードに位置付けられる「楽天プレミアムカード」を発行していますが、ポイント特典やショッピング特典の拡充、あるいはそうした特典に的を絞った新たなプレミアムカードの発行なども考えられるかもしれません。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51234925
この記事へのコメントを作成