トップ >> 個別記事

2008年01月29日

金融機関のポイント、「nanaco」へ交換可能に!?

【ニュース】
金融機関発行のポイント 電子マネー交換可能に セブン&アイ
セブン&アイ・ホールディングスは、銀行や証券会社などの金融機関と、電子マネー事業で連携する。金融機関が利用者向けに発行するポイントをセブン&アイの電子マネー「nanaco」のポイントに交換、通貨としてコンビニエンスストアやスーパーで買い物ができるようにする。電子マネーの発行企業が金融機関と広範に直接提携するのは初めて。
(日本経済新聞 2008/1/26)

先週土曜日に報じられていたものですが、電子マネー「nanaco」を展開するセブン&アイ・ホールディングスが、金融機関のポイントを「nanaco」のポイントに交換できるサービスの導入を計画しているようです。

セブン&アイ・ホールディングスから正式な発表は行われていませんが、日経の記事によると、メガバンクや地銀、信用金庫、証券会社などの金融機関約50社に打診しており、“複数の地方銀行が提携を決めた。今後、ポイントと電子マネーの交換比率などの詰めの交渉を経て、今秋をメドに利用を開始する計画”とのことです。

金融機関のポイントは、振込手数料の割引や金利優遇などに利用範囲が限られていることが多く、ポイントを貯めたり使ったりするメリットがなかなか実感しづらいと言われがちなだけに、コンビニで使える電子マネーとの交換サービスは、金融機関にとっても一定のメリットがあるのではないでしょうか。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51240218
この記事へのコメントを作成