トップ >> 個別記事

2008年01月31日

ゆうちょ銀行のクレジットカードは、「JP BANKカード」

【ニュース】
ゆうちょ銀のクレジットカード 2年目以降は年会費1312円 年30万円使えば無料
ゆうちょ銀行が独自開発を検討しているクレジットカードの概要が明らかになった。取引内容や利用金額に応じて年会費を割り引くのが特徴だ。ただほとんどカードを利用しない顧客の場合、2年目以降に年会費1,312円をとられることになるため、注意が必要だ。
(日経金融新聞 2008/1/31)

昨年11月末に出された新規業務の認可申請の際に示されていた、2008年1月からのカード会員募集という予定からは少し遅れているようですが(2007年11月28日の記事参照)、今日はゆうちょ銀行の独自クレジットカードの概要について報じられていました。

まだ正式な発表があったわけではありませんが、日経金融新聞の記事によると、主な概要は以下の通りです。

名称
「JP BANKカード」

年会費
初年度無料、次年度以降は1,312円。ただし、以下いずれかの条件を満たした場合は次年度以降も無料
・電気、ガス、電話料金、新聞などの公共料金を一つでもカードで支払っている場合
・1年間のカード利用金額が30万円以上あった場合

リボルビング払いの手数料率
15%。ただし、公共料金のカード払い一契約につき、0.5%ずつ優遇

ポイントサービスについて触れられていないのが、少し気になるところですが、最初のプロパーカードとしては、こんなものでしょうか。他のカード会社や銀行との競争という意味では、民業圧迫という声をかわしつつ、徐々にどんなサービスを拡充していけるかが、ゆうちょ銀行の腕の見せ所(課題!?)となりそうです。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51241954
この記事へのコメントを作成