トップ >> 個別記事

2008年02月07日

NTTドコモ、「iD」インフラを利用した加盟店向け新サービスを開始

NTTドコモが2月6日に、「iD」の加盟店向けに、「iD」の仕組みを活用したポイントサービスや会員証サービスの提供を2月7日より開始すると発表しています。

NTTドコモ:後払い電子マネー「iD」の仕組みを活用した新たなサービスを提供(2008/2/7)

NTTドコモのニュースリリースによると、具体的には以下2種類のサービスが用意されているようです。

ICチップ内の既存「iD」エリアに、加盟店独自の会員情報を搭載
・対象は既存「iD」会員
・「iD」決済のためにおサイフケータイなどをリーダ/ライタにかざした際に、加盟店の独自サービス(ポイントプログラムなど)を提供可能に

ICチップ内に「iD」のフォーマットを活用したエリアを新たに追加し、加盟店独自の会員情報を搭載
・「iD」未契約者もサービスを利用可能
・おサイフケータイなどを「iD」のリーダ/ライタにかざすだけで、自店舗の会員かどうかを認証可能に

小売店等が今回発表されたサービスを利用するためには、あくまで「iD」を導入している、あるいは導入することが前提となりますが、NTTドコモのサポートなどを受けられることを考えると、新たにポイントプログラムなどの導入を検討する場合には有力な選択肢の一つになるのではないでしょうか。また、広くサービスを利用してもらうという意味では、「iD」会員以外にも対応できるプランが用意されているのは、評価できる点かもしれません。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51248452
この記事へのコメントを作成