トップ >> 個別記事

2008年02月21日

クレディセゾン、プロセシング業務をキュービタスに移管

クレディセゾンが2月20日に、自社のクレジットカードに関するプロセシング業務、UCカードとともにプロセシング専門会社として昨年10月に設立したキュービタスに、2008年4月1日付けで移管すると発表しています。

クレディセゾン:クレジットカードに係るプロセシング業務に関する会社分割契約締結について(PDF、2008/2/20)

なお、UCカードとクレディセゾンのプロセシング業務の新会社への集約は、2007年5月に発表されていたもので(2007年5月18日2007年8月29日の記事参照)、今回の発表内容もあくまで当初の計画に沿ったものです。

プロセシング業務を担う会社を一つにするだけでなく、システム統合等を含めた本質的な業務の集約化に至るまでには、まだしばらく時間がかかると思いますが、プロセシング業務を専門に担う新会社を設立するという他のカード会社とは少し異なった取り組みとして、今後の行方を見守りたいところです。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51261512
この記事へのコメントを作成