トップ >> 個別記事

2013年05月24日

三井住友カード、スマートフォンをカード読み取り機に使うSquareを日本で展開

三井住友カード:米国Square,Inc.と三井住友カードが戦略的業務提携(2013/5/23)

スマートフォンをクレジットカードの読み取り端末として利用する決済サービスでは、「楽天スマートペイ」(楽天)、「PayPal Here」(PayPal・ソフトバンク)、「Coiney」(コイニー・クレディセゾン)などが国内で既にサービスを開始していますが、三井住友カードと同サービスで米最大手のSquareが、満を持して参入を発表しています。強気な手数料設定(3.25%、他サービスは4〜5%)にその意気込みが感じられますが、既存カード会社を巻込んだ加盟店獲得競争に拍車がかかりそうです。




     

図解カードビジネスの実務
本田元/中央経済社/2016年2月

クレジットカード事業の歴史から検証するコア業務とリスクマネジメント
塘信昌/カード・ウェーブ/2015年9月

世界のペイメントカード
岩本敏男/カード・ウェーブ/2014年9月



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nz6jp/51993706
この記事へのコメントを作成