2005年10月24日

NPCはオークランドが優勝!

こんなにニュースが盛りだくさんな週末だというのに、まったく更新されないブログというのも、自分で言うのもなんですが、その〜、なんですよねぇ。(「ナニがナンなんだ!」と独りツっこみ!)

今日はニュージーランド版「勤労感謝の日」にあたり、この週末は三連休でした。つまり、いつどこへ行くにも漏れなく子どもが着いてくるというウレシイ状態TT

Stacy@league金曜日のリーグはなかなか楽しかったです。ステイシー(→)もしっかり見て来ました。「リトル・プリンス」と言われる通り、小柄ですね〜。「170センチあるんだろうか?」という背丈に見えました。

感想としては、どちらかと言うと試合そのものよりも雰囲気を楽しんできたような(妙なヤツ)。その勢いでメルマガまで1本書いてしまったので、よかったらこちらからどーぞ。雨を押しても行ってよかったです。でも、寒かった〜(プルプル)

チアガール@NPC決勝土曜日はNPCの決勝戦へ。チアガールたちがいつもより大サービスで踊っているすぐ脇で黙々と練習を続ける「オタゴ」。
(←コレですよ、コレ。)

「お〜、これぞサウスの男たち!」と、ぜ〜んぜん関係ないところでちょい感動。いいなぁ、ジョシュ・ブラッキー、トム・ドネリー♪

試合はジョシュの先制トライで始まったものの、後はご存知の通り完全にオークランド・ペースで、最終的に39:11とオークランドが圧勝しました。もう、タセサ・ラベア冴えまくり!

カルロス・スペンサーがスーパー12の途中で、フイっといなくなった後にヒョコっと出てきた半年前とは別人のよう。新人ではないけれど、今年のNPCで最も成長したプレイヤーの1人になるんじゃないでしょうか?

決勝戦の模様はこちらでちょこっと観られます。ケビン・メアラムのトライとなったオークランドのすばらしいサインプレー、堂に入ったタセサのインタビュー風景など、のぞいて見て下さい。あっ、オタゴのたった一つのトライとなったジョシュのトライも。

昨日の日曜日はとうとう、来月のグランドスラム・ツアーに行くオールブラックスのメンバーが発表されましたね。夫のイチ押しだったイサイア・トエアバ(オークランド)が、ジョナ・ロムー以来の10代オールブラックスになって、今日は新聞の一面でしたよ。

アンガス@2世AB他にも下馬評通りアンガス・マクドナルド(オークランド)、ニーミア・ティアラタ(ウェリントン)、意外なところではタラナキからクリス・マソエジェイソン・イートンが選ばれ、新人は計5人。
(真ん中が2世オールブラックスのアンガス。おめでと〜↑)

今日からさっそく練習で、テレビで盛んにやってました。すぐにイギリスに向けて出発するそうですが、
「新人たち、みんなパスポート持ってんのかな〜?」
と妙なことが気になる素人ウォッチャー(笑)

nzrugby999 at 21:55│ NPC