ゴロリデン・デブリバー サラの日記

愛しのゴロリデン。
かなり太目のゴールデン・レトリーバーのサラ。
2006年1月10日、虹の橋へ旅立ちました。

ゴールデンは犬じゃない

と、私はずーっと思っています。

当の本人(?)もそう思っていたと思います。


災害多発国、日本。
地球温暖化の影響でしょうか
近年の日本は亜熱帯化しています。

被災に会われた方々、ご身内の方々
心よりお見舞い申し上げます。

先日の広島での災害で災害救助犬としてゴールデンがいたとのこと。
うちのサラは鼻が利くとは思えなかったのですが
あの大きな鼻は無駄に大きくはないはず。
きっと泥まみれになって頑張ってくれたことでしょう。


このブログが日々どなたかの目に留まり
拙い文章を読んでいただけていることは
感謝しかありません。


残念なことですが
サラは病気には勝てませんでした。

でもそれは、人間も同じです。

どんなに注意をしても、病気に罹ってしまうようなこと。
事故に遭ってしまうようなこと。
誰の責任でもありません。


今闘病まっただ中で、心が落ち着かない方
愛する者に先立たれ
失ったも者のあまりの大きさに空虚な思いをされている方
そして病気になったのは、失ったのは自分の責任だと
我が身を責めている方。

「虹の橋」にどんなに涙したことでしょう。

全て私が通ってきた道です。


最近はネットやテレビで動画を目にする機会が増えました。

「天使だよね」とゴールデンの愛くるしい仔犬の無邪気さに
涙が流れるばかりに笑い、
「なんでこうなの?」と人間臭い動作にニヤリとし、
「あ〜!そうそう。サラはこうだった!」と家族で笑いながら話し、
道端でお散歩中のゴルを見かければ抱きしめたくなる。
そのたびにやっぱりゴールデンは特別!だと感じる毎日です。

今でも愛しくてたまらない子。

再び犬を迎える気持ちにはなれませんが
そして何年もかかりましたが、今の私は元気です。
急いで笑顔になろうとしないで
いつかきっと訪れる穏やかな日を迎えてください。

訪れて下さる皆様へ

サラが虹の橋に旅立ってからも
ここを訪れて下さる皆さんにお礼を申し上げます。


ゴールデンという「犬」?に出会ってしまい
その人柄(犬柄)に触れて
大きな存在感を感じ…

不治の病に罹り
病気と闘いながら奇跡を信じ


受けた愛情と
失った大きさをひしひしと日々感じる毎日



そんな過程と
日々の中


少しでも皆さんの役に立てているでしょうか?


私は最近、ようやくペットショップの子犬を抱けるようになりました。

何年経ったことでしょう。

でも、やはり家に迎えることは怖くてできません。

勇気がない
ちっちゃな飼い主であったこと
恥ずかしいですが

誰よりもあなたを愛していたこと

だからあなた以外ではダメなんですよ



それでいいじゃない


私は、多分
このまま変わることが無いように思います。


ずっと愛しています

石垣島へ

umi1

季節外れの南国・石垣島へ行ってきました。

まだプールやビーチは営業中。
南国は夏です。

yado

宿泊したホテルです。
結婚式もできますよ


sakana

岩場には熱帯魚がふつーに泳いでいます。


umi2

有名な「川平湾」


mangurobu

SN3P0200

西表島のマングローブ。


umi3

透明度が違います。
なぜしょっぱいのかふしぎになります。


SN3P0143

海の美しさに癒されました。
帰りたくなかった…
Recent Comments
Archives
Profile
さらちん
千葉県に住む
おデブのゴールデン サラの母です。
サラとB’zをこよなく愛しています。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
  • ライブドアブログ