深夜、サラの親友のエマが旅立ちました。

調子が悪いと聞かされてから、たったの一週間です。
あと2日で誕生日を迎えられたのに。。。

サラとは幼馴染で、誕生日も2週間しか違わない、
ちょっとだけお姉さんのエマでした。
そして、毎日会わないと気が済まない2匹でした。
散歩も一緒。
水を飲むのも一緒。
おやつも遊ぶのも一緒。
まるで姉妹か双子みたいだった。

エマへ。
もう苦しくないでしょう?
最期まで偉かったよ。
でも、お母さんは、もうちょっとだけ手を掛けたかったって。
サラが一足先に逝ってしまってからはどことなく寂しそうで、
「サラは?」と聞くとキョロキョロして、サラを探していたね。
最近まで、毎朝散歩の時間には寄ってくれたのに、
おやつをおねだりしてくれたのに、
もう来てくれないんだね。
エマをぎゅっとするだけで安心できたのに、
これからどうしようか。。。
寂しくてたまらないよ。

サラにまた会いたかったんだよね。
きっと迎えにきているだろうから、寄り道しないで行くんだよ。
いつものように遊んでたら迷っちゃうからね。

最期まで尻尾を振って迎えてくれてほんとにありがとう。