ぐっち◎の晴れときどきラーメン

ラーメン好きです。 ちょくちょく食べてます。

2008年09月

ほん田@東十条

2008年09月30日
5fc09bec.jpg茨城方面から直帰。
やっぱり今回も東十条で下車し、目指すは久しぶりのこちら。
開店3分後くらいに着いて、ちょうど店内満席。

食券買い、外で待つこと20分くらいで入店できました。
やっぱり人気出てるんやねえ。


濃厚豚骨魚介特製つけ麺(930円)を魚介味で。

カウンター一番奥でしばらく待ってると到着。

まずは目につくのは、麺に載せられたチャーシュー。
ピンク色が2枚に白い角煮みたいなんが1つ。
それだけでテンションあがります(笑)


麺は、中太でプリっとしたタイプ。

つけダレは、今の流行りとはちょっとベクトル違う感じが独自性かな。
濃厚やけど、さらりとしてて、重たくなくてさらさらと入る。


チャーシューはやっぱり最高。
真空調理のピンク色はハムみたいなローストビーフみたいな、なんか高級な味わい。
白いのは、ブロックみたいなタイプで食感は角煮。
味はじんわりと染み込んでてたまらんわい。


味玉も、ブランデー風味が以前より弱まり、バランスよくなった感じ。
大人の味玉やね。


あっという間に麺食べ終わり、スープ割りを。
新たに水菜の葉っぱ部分が足され、美味しい。
残してたチャーシューと味玉をつまみにスープまで完飲しました。

やっぱりこのお店、たまんないわ。


o-1715861 at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・北区 

小江戸@新宿

2008年09月27日
ae7b8096.jpgちょっと買い物しに奥さんと新宿へ。
伊勢丹やら高島屋やらまわり、ラーメン食べて帰ることに。
行ってみたかったこちらへ初訪。

カウンターが奥に長い鰻の寝床風の店内。
若い店主が一人でてきぱきと仕事しててなかなか感じよい。

特製らーめん(900円)を注文。
奥さんはつけ麺を少なめで。

しばし待って到着。

チャーシューでかっ!


茶濁のスープは、最近流行りの魚介豚骨かな。
悪くはないけどインパクトはあんまりないね。

そこに合わせる麺は、店内掲示では、小林製麺のもっちり、って書いてあったけど、むしろプリプリな感じで、北かま@神保町みたいなタイプ。
ちょっと予想と違ったかな。

しかしチャーシューでかい。
肉っぽくて美味しい。

味玉はトロトロ系で、メンマも細めで味が染みて美味しく、全体的に悪くない。
たまたま最近多い系統だからやけど、美味しいと思うなあ。

200gの麺に満腹。


つけ麺は、短冊のチャーシューがいっぱいで、こちらもよかった。
麺はラーメンと一緒かな?
もう少し太いタイプならなお好きかも。

出るとき、一人残ってた客のところに、たぶん風来居の店主さんかな、が来て、バイト面接みたいなのをしてた。
そこそこおじさんやったけど、無事に採用されたんかな?
がんばってほしい。


o-1715861 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・新宿区 

大勝軒まるいち@赤羽

2008年09月25日
96dc8db8.jpg仕事で昼一に蓮田。
久しぶりに燦燦斗行こうと11時半に東十条で途中下車。
店に向かうと外待ち3名。
オープンすぐでこれやと時間的に厳しいと思い、他を探す。

駅の反対側のヒマワリに行くと、本日12時からだとな。
これまたあきらめ、当然ほん田は行列やろうから、再び電車乗り、赤羽へ。

たぶん大丈夫やとふんで、こちらのお店に初訪。

なかなか混んでるけど、空席あり助かった。

もり野菜(850円)を少なめで。煮玉子(100円)も。
時間早めでそんなにお腹すいてないから350gは無理。
しかし野菜は食べたい(笑)

隣の人に運ばれた辛いつけ麺の真っ赤なつけダレにびびりながら待つ。

意外と早く到着。
助かった。

つけダレには野菜たっぷりでうれしいねえ。
甘みが少なめで食べやすく美味い。

自家製麺という麺も、他の大勝軒より黄色強めかな。
もちぷりって感じでいい。

とりあえず時間ないから、ただひたすら黙々と食べ進める。

つけダレに入ってる短冊チャーシューも美味しいねえ。
やや脂身多めながら、分厚く食べごたえあって。


無事に野菜も含め完食。

時間ないからスープ割りは断念し、急いで駅に戻ってなんとか目的の電車に間に合いました。

駅近のお店で美味しいとこに行けてよかったよかった。


o-1715861 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・北区 

信濃路@阿波座

2008年09月24日
b4bc81c1.jpg朝一で会議の後に阿波座の客先へ。
昼を一緒にって誘われ、なぜかラーメン。
食べさせたかったという信濃路へ。

活気ある店内。
おばちゃんの接客がてきぱきしてていいねえ。
カウンター奥に座り、宝天麺(840円)、ライス(小)(140円)を。
仕事あるからニンニク抜きね。


この1つのメニューに絞る潔さがいいねえ。
手際よく仕上げられ、到着。
野菜たっぷり。
トマトの赤とセロリの黄緑がいいね。

スープ飲むと、そこまでトマトトマトしてなくて、ピリッとした辛味もあり、これは美味しいなあ。


そこに合わせる細ストレート麺がまたいい。

簡単に見えて、実はかなり計算された味な気がするわ。


あとは、セロリの存在感。
ラーメンに入るなんて不思議やけど、このラーメンには必須やね。
すごい合ってて美味しい。

青菜みたいなんと豚肉も少々入ってて、トータルバランスで食べさせる。
トマトは癖が抜けてて、自分でも平気。

どんどん食べて、あっという間にスープのみに。


最後はゴハンにスープをかけ、リゾット風にサラサラと。
ここにチーズが欲しかったなあ。


RYOMA@高田馬場に比べれば、トマト感は薄く、イタリアンではなくよりラーメン寄りな一杯。
とても気に入りました。

ごちそうさま。


o-1715861 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大阪 

麺屋7.5Hz+ @難波

2008年09月23日
35f9b51b.jpg
3d1ac2aa.jpg
翌日朝一で本社のため、休日やのに実家に向かう。
東京でか大阪でか迷ったけど、結局は大阪でラーメンって計画で。

難波で未食のこちらへ向かう。
地下にあるんやね。
先客2名。
なんか暗い感じがさみしいなあ。


中華そば(600円)、味付け煮卵(100円)、セットヘタ丼(300円)の食券買って座って待つ。
つけ麺とも迷ったけど今日はラーメン。
高井田系って初めて。


しばらく待って到着です。

大きくて浅めの丼に並々と茶色いスープ。
麺はうどんバリに極太ストレート。
大きく切られたネギに薄切りのチャーシューが数枚。
確かに独特なビジュアルやね。


スープは、醤油風味満開。
油感は少なく、うどんにも通じる味わい。
なかなかやね。


でもやっぱり特徴的なんは極太麺っしょ。
もちっとした噛みごたえ、スープをよく吸う加水低めなタイプ。
食べごたえあるなあ。


ネギはさすがにこんなに大きいのは無理やから、とことん避けて、チャーシューはモモとバラの2種類かな。
薄いけど枚数多くてうれしい。

メンマは普通で、味玉は味は薄めなトロトロ半熟。


性格がはっきり伝わるラーメンは美味しいね。


ヘタ丼は、チャーシューはそれほど多くないけど、味玉が半分載っててうれしい。
海苔と紅生姜は自分的には不要かな。
タレの味が一般的でインパクトは薄い。

とりあえずはつけ麺も食べるべしなんやろね。

また来ますかね。


o-1715861 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大阪 

ぶちうま@四ッ谷

2008年09月17日
68a562ec.jpg那須塩原まで仕事で行き、早めの直帰。
せっかくやから初訪のお店で閉店早めのお店へ。
結局選んだのはこちら。

地図見ながら行ったけど通り過ぎて
うた。
てっきり道沿いと思ってたら、少し奥に入るんやね。

細長い店内に、先客5名ほど。

辛いの苦手だけに、辛さに悩んだけど、とりあえずはデフォのつけ麺10辛(900円)、しめごはん(100円)をば。

タイミング悪く、少し後からの人たちの注文を待って同時に調理開始。

てきぱきした店主の動きはいいねえ。
大きなザルでの湯切りは迫力大。

結局注文から10分くらい待って到着。


麺は細く、キャベツやキュウリが載せられてる。
チャーシューに味玉もあって具沢山。
この麺、ポクポクした感じで面白い。


つけダレは、そのままやとゴマの上にラー油。
これを底からかき混ぜると、トマトベースの真っ赤なつけダレやと判明。
香りが辛そう(汗)


麺をドボン。
すすると、、、やっぱり辛いがなー。
ヒリヒリします。
でも、トマトの酸味と相まって美味しい。
5辛くらいが自分にはちょうどいいかなあ。

後半は、麺を半分ほどつけるようにして、和らげながら食べました。

レモンを搾ると、ホンマに甘みが増したよ。
なんで??


麺を完食したので、しめゴハンを頼む。

残ったつけダレに暖かいゴハンを投入され、手元に。
これ、面白い。
何か手を加えてあるのか、ただ投入しただけなのか、麺の時より圧倒的に酸味が出てきて、やたらと美味い!
むしろゴハンのが好きかもー。

結局辛いながらも完食。
満腹なうえに、汗だくだくで店を後にしました。

こりゃ、再訪必至ですな。


o-1715861 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・新宿区 

栄屋ミルクホール@神田

2008年09月12日
87d26d2e.jpg
9681888a.jpg
6fb9ede9.jpg
小川町あたりの客先行ったついでに歩く。
この日はやたら暑くて厳しい。
店に迷った末に選んだのはこちら。
一度行ってみたかったのだ。

なんともそそる外観。
古めかしい雰囲気がなんともいえないねえ☆

店に入ると、町の食堂みたいな内装。
サラリーマンのおじさま方で6割くらい埋まってて、それがまたいい雰囲気。

店のおばちゃんに導かれるままに席に座り、壁のメニューを見て、ラーメン&カレーセット(950円)にする。


まずはカレーが運ばれてきた。
意外とボリュームあるね。
少し粉っぽくて、懐かしい感じ。


次にラーメン到着。

うん。
いかにも懐かしい醤油ラーメンのビジュアルですねえ。
鶏ガラに醤油が香り、まさにノスタルジックな味わいがいい。
軽く胡椒をふると、もちろん合わないわけがないよねー。


細めに縮れた麺は少し柔らかめに茹でられ、ツルツル入ってくる。


チャーシューは昔食べた味で、青菜も美味しい。
メンマはちょっとイマイチも、全体的にいい感じでした。


なんか、店の周辺だけ、時間の流れが違うような、そんな雰囲気はたまに味わいに行きたくなる、そんなお店。
また行かなきゃね。


o-1715861 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・千代田区 

二代目けいすけ@高田馬場

2008年09月11日
dcc6a814.jpg会社帰りに後輩と。

新しく限定が始まったってことでこちらへ。

先客数名。

伊勢えび香味かけらーめん(900円)を注文して待つ。
後輩のラーメンの後に到着。

いつもの球体丼ぶりに、締めのゴハンと口直し用のガリがついてくる。

かけラーメンってだけあって、具材はシンプルに。
しかし、ネギって前からこんなに大きかったっけ?
ちょっと苦手な切り方ですな。

まずスープをば。
伊勢エビ、、、なんやろね。
いつものとはちょっと風味違うけど、いわゆるエビ満開、ってほどではないかな。

柚子なのか、ミカンなのか、皮が少し入ってる。
清涼感、なんかな?
自分にはよくわからんです。


麺は平打ちピロピロ麺。
これは美味しいなあ。


しかし、具材がないのはさみしい。
やっぱり鶏チャーシューはほしいかなあ。


なんかあっというまに食べてしまい、ゴハンにスープかけてさらさらと。

これは美味しいし、悪くはないんやけど、900円って値段はちょっと高く感じてしまいました。
もっと伊勢エビ風味満開で、大量に使ってまっせ、って感じなら満足するんやろうけど。
ああ恐るべし消費者の欲望(笑)


o-1715861 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・新宿区 

アイバンラーメン@芦花公園

2008年09月08日
b4d78dde.jpg
316d8c83.jpg
橋本の客先行って直帰。
悩んだ末にこちらに初訪。
先客5名。
入ってまず目についたのは、アイバンさん(笑)
やっぱり西洋人がラーメン屋の厨房にいることはあまり見ないので。

カウンターの端に座り、メニューを眺め、結局注文したのは、塩半熟卵ラーメン(800円)、豚飯(250円)。


手際よく作られたラーメンはすぐに到着。

白く鋭角な丼なため、洋食の趣もあり。

やや黄色みがかったクリアなスープが美味しそう。


スープを味わうと、鶏が深く、魚粉の風味は控えめに
表面の油がちょっと強く主張しすぎかも。

食べても、どことなく洋食の趣あるスープですな。


そこに合わせるのは、自家製の細いストレート麺。
いい案配に茹でられ、スープともマッチしてて美味しい。


チャーシューは、小さいけど厚みがあり、さっくりした噛み心地。
穂先メンマも美味しい。

味玉は、塩味がきっちりついてるけど、好み的にはやや柔らかすぎか。


豚飯は、ツナみたいにフレーク状にした豚が載る。
胡椒が効いてて美味しい。
味は濃いめ。


スープの最後は魚粉が沈んでて、ちょっと味が濃かったから、豚飯にスープかけて、さらさらといただきました。


総じてよく考えられてて美味しいかと。
醤油も食べてみたいなあ。


o-1715861 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・世田谷区 

純連@高田馬場

2008年09月05日
0edb9c5c.jpgいつもの後輩から、ラーメン食べたいとのリクエストあったため、馬場へ。
とりあえず食べてもらいたいと、純連へ入店。

店内満席。
相変わらず流行ってる。

後輩には味噌を買ってもらい、自分は正油(850円)にする。
値段上がった??


ここで醤油は久しぶりかな。
相変わらずの濃い色。
表面には油の層があり、熱を閉じ込めてる。

スープすすると、やっぱり美味い!
ちょっと焦がし感がある醤油味で、コクが深い。
油も相まって満足感高し。

そこに合わせる黄色い縮れ麺はパツパツしてて、いかにも北海道やね。

チャーシューは柔らかめでいい感じやし、炒めた野菜が軽く載ってるのがスープに風味移り、味わい深い。
久しぶりに食べて、改めて満足ですがな。


後輩も、味噌に満足しておりました。
正油のがどちらかと言えば好みみたいやけど、満足してくれてよかったよかった。

ごちそうさまでした。


o-1715861 at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京・新宿区