和歌山市の土地購入・借り上げ契約をめぐり、収賄と背任の罪に問われた元市長で現市議の旅田卓宗被告(64)について、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は22日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役4年、追徴金300万円とした一、二審の実刑判決が確定する。
 旅田被告は拘置中に和歌山市議選へ出馬しトップ当選。2006年の市長選で敗れ、07年に市議に再当選したが、実刑確定により失職する。 

【関連ニュース】
普天間移設、現計画前提とせず=作業グループで米大統領に異論

岡田外相「ぶら下がり取材」廃止 記者クラブが押し切られる(J-CASTニュース)
ホッキョクグマ 引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)
長崎知事選受け自民、「政治とカネ」で攻勢へ 22日から審議拒否(産経新聞)
交番で「財布落とした」と偽る=570円詐欺未遂容疑で男逮捕-警視庁(時事通信)
平野官房長官「長崎県知事選に政治とカネ影響あった」(産経新聞)